ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

ウィッグでも美容室に行く必要はある?美容室に行くメリットをご紹介!

2021年8月31日
33 views
約 1 分
ウィッグでも美容室に行く必要はある?美容室に行くメリットをご紹介!

ウィッグをセルフカットする方は多く、「美容室でカットをする必要はない」と考える方もいるでしょう。ウィッグを美容室でカットすると費用は掛かりますが、一方でメリットも多くあります。

そこで今回は、ウィッグを美容室でカットするメリットや、ウィッグのカットを美容室に依頼する際のポイントを紹介します。

ウィッグのカットを美容室で行うメリット

ウィッグは、専門店でしかカットできないと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、ウィッグのカットに対応している美容室は増えています。ウィッグ対応の美容室でカットをしてもらうことのメリットについて見ていきましょう。

輪郭に適した微調整が可能

美容室のなかにはウィッグのスタイリングに注力しているお店も多く、ウィッグと地毛がなじむようにカットしてもらえることもあります。

ウィッグを着けた際に自然に見せるためには、ウィッグのスタイルと顔の輪郭のバランスをとることが重要です。微調整は、髪をカットした経験が少ない素人には難しいため、プロの美容師に依頼した方が良いでしょう。

カットする際に毛量を調整したり、ウィッグを着用する人の輪郭や頭の大きさに適した調整を行ったりすることで、自然なスタイルヘアスタイルを作ることが可能です。

顔の輪郭に適したスタイルにカットするために、ウィッグを着用した状態でカットできる美容室に依頼しましょう。ウィッグ単体でカットするよりも、輪郭に適した仕上がりになります。

ウィッグのセルフカットは失敗しやすい

ウィッグは、地毛とは異なり、毛がバランス良く生えているわけではありません。ウィッグネットに人工毛、もしくは人毛を植えて作られています。

そのため、上手に切らなければウィッグネットが見えたり、不自然な髪型になったりするため、美容室でプロにカットを依頼したほうが良いといえるでしょう。

ウィッグのカットを美容室に依頼する際のポイント

美容室であれば、どこのお店でもウィッグのカットをしてくれるわけではありません。特に人工毛ウィッグは合成繊維で作られており、美容室で使用される一般的なハサミを使うと刃が傷むため、専用のハサミを持っていない場合にはウィッグのカットをしてもらえないケースもあります。

ウィッグのカットに対応している美容室かどうかをあらかじめリサーチしたうえで、問い合わせをするのがする方法が有効です。

いつも利用している美容室でウィッグのカットを依頼したいという場合にも、ウィッグのカットに対応しているのかどうか質問しましょう。

また、ウィッグのカットは、カット料金や当日に持っていかなければならないものが異なることもあるため、料金や持ち物に関しても確認しておく必要があります。

美容室ではなくセルフカットにチャレンジする場合のポイント

ウィッグのカットを美容室に依頼するのは費用が掛かるため、セルフカットをしたいという方も多いでしょう。そこで、セルフカットをする際の基本的なポイントについても紹介します。

前髪はウィッグを着用してカットする

ウィッグをセルフカットをする場合、サイドや後ろは着用したままカットできませんが、前髪はウィッグを着用した状態でカットすることが可能です。

ウィッグを着用して頭と顔になじませたら、前髪を確認します。毛の流れに沿うように、縦方向にハサミを入れて数mmずつ前髪をカットしましょう。希望の長さまで1度にカットするのではなく、数mmずつカットして長さを調整することが重要です。

なお、前髪の長さを揃えたい場合でも、横にハサミを入れるのではなく縦にハサミを入れましょう。前髪の長さを揃える場合でも、全ての前髪の長さを均一にするわけではありません。どのような前髪を作る場合にも、必ず縦にハサミを入れるようにしましょう。

輪郭部分は着脱しながらカットする

ウィッグの輪郭部分は、ウィッグネットをかぶったうえでウィッグを着用し、どの程度の長さにするのかを決めます。

長さを決めたらウィッグを1度外してウィッグスタンドに置き、左右のどちらかをカットします。カットしたウィッグを着用し、長さをチェックしたら、もう片側を同じ長さにカットしましょう。

最後にウィッグを着用して、左右が同じ長さになっているかどうかを確認し、問題がなければ完了です。

セルフカットの失敗を防ぐためにも美容室でカットをしよう

ウィッグをセルフカットしたことがある方でも、ウィッグを切りすぎてしまうといったミスをするケースはあります。地毛であればセルフカットに失敗しても時間が経てば髪が伸びますが、当然ウィッグは元に戻りません。

ウィッグを美容室でカットすることによって、ウィッグのカットに失敗してウィッグを破棄するといったトラブルを予防できるほか、ウィッグを着用した状態で全体をカットできることや、プロの技で微調整し自分に似合うスタイルを作ってもらえることがメリットです。

自分に似合う髪型を作り、自然なスタイルに見せるためにも、ウィッグを美容室でカットしてもらいましょう。

【関連記事】
ウィッグのカットは自分でできる?切り方のコツをご紹介!
ウィッグをセルフカットするときに用意しておきたいアイテムとは?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)