ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

ウィッグを美容室で手入れしてみよう!

2019年11月1日
80 views
約 1 分
ウィッグを美容室で手入れしてみよう!

髪の長さをアレンジしたり、自分の顔の形に合わせてカットしたりと、ウィッグをお手入れしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。自由に着脱可能なウィッグは、自分で手入れやアレンジをすることも可能ですが、美容院でプロに依頼をした方が良いと言えるでしょう。

なぜウィッグの手入れを美容院で依頼した方が良いのか、その理由と美容院で依頼できる手入れ方法の種類、メニューについて紹介します。

ウィッグのセルフカットはリスクが高い

地毛の場合、後頭部や頭頂部といった部分は自分でカットすることが困難であってもウィッグであれば自分でカットできると考え、髪型をアレンジするケースもあります。しかし、失敗するリスクがあるため自分で行わない方がよいでしょう。

ウィッグは人間の頭皮と髪とは異なり、バランス良く全体に毛根があり毛が生えているわけではなく、専用のネットに毛を植えて作られていることが特徴です。そのため、数mmカットを失敗すると、毛の間からネットが見えたり不自然になったりする可能性が非常に高いため注意しなければなりません。

また、万が一失敗した場合でも、時間が経過すれば自然に髪が伸びるといったことはないのです。ウィッグのカットに失敗すると、ウィッグを買い直すほかなくなるため美容室でカットしてもらう必要があるといえます。

さらに、ヘアスタイルやサイズも調整できるウィッグをつけた際に、より自然に見せたいのであればウィッグを自分の輪郭に適した形にカットしてサイズを微調整することが大切です。細かな微調整をするのは美容師のスキルや知識が必要不可欠であり、セルフメンテナンスは難しいでしょう。

美容院でウィッグお手入れする場合の基本メニュー

美容院でのお手入れは、カットやトリートメントだけではありません。店舗によって異なりますが、美容院で手入れする際に依頼できる基本的なメニューについて紹介します。

ウィッグコーティング加工

美容院での手入れメニューのなかでも、特に毛にツヤを出すためのコーティング加工が人気です。毛を保護して摩擦や空気の乾燥によるダメージを軽減し、自然なツヤのあるウィッグに仕上げます。着用時、全体的に自然な印象を与えるためのメニューです。

ボリュームダウン

ウィッグは毛が広がることがあり、毛量を少なくしてもヘアスタイルを作りにくいケースがあります。毛の広がりが気になる場合には、ボリュームを抑えるためのパーマをかける方法が有効です。ウィッグ全体が軽い印象になり、ヘアスタイルを作りやすくなり、毎日のブローやヘアセットにかかる時間の短縮にもつながります。ボリュームダウンの手入れをすると、着用時に頭を小さく見せる効果を期待できることもメリットだといえるでしょう。

カラーリング

人毛を使用したウィッグであれば、様々なカラーを楽しめます。カラーリングは市販の薬剤を使用して自分で行うことも可能ですが、美容院で扱う薬剤を使用してプロの手で施術をした方が、毛もネットも傷みにくく、綺麗に仕上がるでしょう。トリートメントやスタイリング、加工も同時に行ってもらうなど、いくつかのメニューを依頼すると効率的であるうえに満足できる仕上がりになる可能性が高いです。

美容院でウィッグを手入れする際の流れ

美容院によってサービス内容は異なりますが、来店する方法だけではなく郵送で依頼できるケースもあります。来店する場合、ウィッグの手入れは可能かどうかをあらかじめ問い合わせておきましょう。

ウィッグに対応している美容院の予約をして、来店してウィッグを預けます。お手入れの所要時間は、コーティング加工が約1時間、カラーリングやカットが約2時間、パーマは約1時間半です。最後に、シャンプーとブローをして引き取ります。

前髪や輪郭をカットする場合には、着用した状態で手入れを行う必要があるでしょう。いつも着用している状態で来店しても良いですが、着用方法のコツを聞きたいのであればウィッグは持参して、美容院に着いてから着用する方法も有効です。

郵送で依頼する場合、郵送を受け付けているかを確認してからウィッグを送りましょう。美容院に到着後、数日以内に手入れを終えて返送されるという流れです。美容院への郵送は、基本的に郵便局もしくは銀行振込で支払いをします。

ウィッグの手入れは美容院で相談しよう

ウィッグの手入れは自分でトリートメントをする、少しだけ前髪をカットするなどセルフメンテナンスをするケースは多いですが、特にヘアスタイルに関することは購入店や美容院で相談する方法が有効です。ウィッグに関する知識が豊富な美容院であれば、ウィッグを使用するうえでのトラブルや悩みもスムーズに理解してくれます。

また、輪郭に合わせたカットをすれば、自分に合う自然なウィッグを作ることが可能です。美容院でカットや手入れをしてもらい、自分に最適なウィッグを作りましょう。

愛用のウィッグをイメチェン!ウィッグを上手にカットする方法は?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)