ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

愛用のウィッグをイメチェン!ウィッグを上手にカットする方法は?

2022年9月21日
1549 views
約 1 分
愛用のウィッグをイメチェン!ウィッグを上手にカットする方法は?

おしゃれ用としてファッションウィッグを愛用している方の中には、毎日ウィッグを着用していて、愛用のウィッグをちょっとイメチェンでカットしてみたいと思った事はありませんか?

近年では様々な種類のウィッグが販売されており、素材やタイプも選ぶのが難しいほどの数が存在しています。その中でもフルウィッグは、比較的高価な物ですが、頭全体を覆う為、ウィッグを被るだけで自分のイメージも変える事が出来るので、おしゃれアイテムとして愛用している方も増えています。しかし、ウィッグはカラーやスタイリング、毛の長さなど、基本的に購入した時の状態を保つものです。

その為、毎日同じウィッグを愛用しているとせっかくイメージを変える為に着用しているのに、そのスタイルに飽きてしまうなんてことも少なくありません。そんな時に「どうせ地毛じゃないし自分でカットしてみよう」と思う方は結構います。しかし、美容師としてカットの勉強もしたことがない方が最初から上手にカットできるわけもなく、カットを失敗して後悔したなんてことも多いみたいですね。

そこで今回は、ウィッグのカットを自分で行う場合の失敗しないポイントや、注意点をご紹介したいと思います。

ウィッグのカットはウィッグ専門店や美容院がオススメ?

ウィッグのカットは基本的に自分でも出来る事ではあります。しかし、散髪屋や美容院などがあるようにヘアスタイルを考えて上手にカットするには専門の技術が必要なのも事実です。

その為、ウィッグを上手にカットしようと思えばウィッグ専門店や美容室でカットしてもらう事が一番安心でしょう。「美容室でウィッグのカットなんてできるの?」と疑問に思う方も多いかもしれませんが、実は、ウィッグのカットをしてくれる美容院は意外と少なくありません。自分でウィッグをカットするのが心配であれば、行きつけの美容院に確認してみるのもいいかもですね。

また、ウィッグ専門店の中にはアフターフォローとしてウィッグのカットをしてくれるお店もありますので、ウィッグの購入時は専門店を構えるアフターフォローがしっかりしたお店で購入するのがオススメです。

美容院や専門店でのカット時には、ウィッグを被った状態であなたの要望を聞いてもらいながらカットしてもらうと良いでしょう。ウィッグは伸びるものではないで切りすぎには注意ですよ。

ウィッグを自分でカットするときに失敗しないポイント

それでは次に自分でウィッグをカットするときに失敗しない為に抑えておくべきポイントをご紹介します。
まず第一に、ウィッグをカットする場合には失敗が少ないよう目立たない位置から始めるのが肝心です。例えば、後ろ髪の下部内側部分等からカットし、ウィッグを軽くしたいときなどには、少しずつ髪を分けながら、段階的に段を付けたりレイヤーを入れると良いでしょう。
ウィッグのカットを行う時には、一気にカットしてしまおう等とは考えずに、大まかに髪をブロック分けし、カットしない部分に関してはピンで留めておくとかすれば大きな失敗を防ぐことができます。また、カットするときはコームなどで髪を梳かしながら、コームにそってカットするとまっすぐ着る事が出来ます。

湿らせてカットする場合は仕上がりに注意

ウィッグのカットを行う時には、予め霧吹きなどで湿らせてからカットする方は多いですが、この場合、乾いた後の事をしっかりとイメージしましょう。ウィッグを湿らせておくとカットしやすくなりますが、乾いた状態のウィッグは浮いてくるものなので、切りすぎると不自然にボリュームがなくなってしまいます。

ハサミを縦に使うのも重要

美容師さんなどがカットを行う時にはハサミを縦に入れているのは見たことがあるでしょう。ウィッグも同様で、ただ真っ直ぐに切るだけでは逆に不自然な見た目になってしまいます。その為、ハサミを縦に入れて少しずつ梳くとより自然な仕上がりになります。梳きバサミが用意できない場合は、縦やななめに少しずつハサミを入れる事で自然になりますが、梳きバサミはそれほど高いものではないので用意することをオススメします。

前髪はウィッグを被った状態がオススメ

ウィッグの前髪をカットしたい場合、ウィッグスタンドやマネキンに載せた状態では、実際の顔の大きさとは違う為、違和感が出る場合があります。その為、ウィッグを被った状態でカットすることをオススメします。被った状態では難しいと言う方は、ある程度ウィッグスタンドなどにのせてカットし、最後に被った状態で微調整すると良いかもですね。

まとめ

今回はウィッグをカットするときに失敗しないポイントなどについてご紹介してまいりました。ウィッグは購入して着用してみると、気になる部分が出てきたり、長い間使用し続けたからアレンジしたくなる等といった事は結構出てくると思います。そんな時にはちょっと勇気はいりますが、自分でカットして少しアレンジしてみるという事も一つの手としてオススメの方法です。

また、元々ウィッグはボリュームがあるように作られているものなので、着用してみたら「少し重すぎるな」といった場合もあります。そんな時には、梳きばさみ等で軽く梳くと自然なイメージになる事も多いです。ウィッグを自分でカットするなどは、少し勇気がいるものですが、少し飽きてきたからイメージを変えたいや、コスプレ用に特定のキャラに近づけたい場合などには非常に有用な方法です。そこで今回ご紹介した方法を参考にウィッグのカットを試してみてはいかがでしょうか?

尚、自分は不器用でカットは心配…といった方は、ウィッグ専門店や美容院に持っていけば綺麗にカットしてくれるといったお店もありますので、是非問い合わせてみてください!