ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

ウィッグネットがダメになった…お家にあるもので代用するならコレ!

2019年4月22日
2278 views
約 1 分
ウィッグネットがダメになった…お家にあるもので代用するならコレ!

今まで一度もウィッグを着用したことが無い人であれば、実際のウィッグの着用手順などがあまりわかっていない人が多いですね。実は、頭にすっぽりと被るタイプのフルウィッグと呼ばれるタイプのウィッグは、地毛の上からそのまま被るのではなく、『ウィッグネット』と呼ばれるアイテムで地毛をまとめて、その上から被るものです。当然、ウィッグを着用する人の中で、ファッション用に利用するのであれば、地毛が長い状態の人も多いですし、きちんと違和感なく地毛をまとめるためには『ウィッグネット』が必須となるのです。
しかし、網目状で単純な作りとなっているウィッグネットは、そこまで強度がある物ではないですし、油断して引っかけてしまいダメになってしまうことも少なくありません。もちろん、そこまで高いものではありませんので、新しいネットを用意すればいいのですが、それが届くまでの間、代用品に困ってしまうことも考えられます。そこで今回は、ウイッグネットかダメになった時、新しいネットが届くまでお家にある物で代用できるアイテムについてご紹介したいと思います!

ウイッグネットについて

それではまず、ウィッグネットがどのような物なのかについて簡単にご紹介します。
ウイッグネットは、冒頭でご紹介したように、ウィッグを着用するため、地毛をまとめることができるネットのことです。ウィッグは、地毛があっても着用することができますが、地毛がそのままの状態で着用してしまうと、頭の形に合わず、不自然になったり地毛が飛び出したりすることがあり、思うように整わないということが発生します。
ウィッグをきれいに被るためには、地毛をきちんとまとめて、頭の形を整えておくことが大切になってくるわけですが、地毛をくくったり、スタイリングしてまとめた上に直接ウィッグをかぶるだけでは、ウィッグを被っている最中にズレてしまう危険性が高くなるのです。
つまり、これらのウィッグ着用時に考えられる不具合を防ぐ目的なのがウィッグネットです。ウイッグネットをきちんと付けることで、しっかり地毛がまとまり、頭の形を整えることができるので、綺麗にウイッグを被ることが可能になります。

アクアドールのウィッグネットはコチラ

ウィッグネットの代用品について

それでは、突然ウィッグネットがダメになってしまった時、お家にある物で代用できるアイテムをご紹介しましょう。

水泳帽がウィッグネットの代用品として使える

まず第一のアイテムとしては『水泳帽』です!水泳帽は、完全に地毛を収めることができるアイテムですので、ウィッグ着用時に地毛をまとめるアイテムとして普段から愛用するという人はとても多いのです。もちろん、普段はあまり水泳などをしないという人もいますが、ウィッグ愛用者からすればとても便利なので持っておいて損はないと思いますよ。この情報を見て、今から水泳帽を購入しようと思った人は、できるだけウィッグのカラーに合わせて水泳帽を選択するようにしましょう。市販で販売されている水泳帽は、カラフルなものから、ウィッグに合うような地味なものまでさまざまなカラーバリエーションがあるので、色浮きがしないような落ち着いたカラーのものを購入してください。
ウィッグネットの代用として水泳帽を利用する時に注意したいのは、水泳帽のサイズです。あまりぴったりすぎるものを選んでしまうと、頭が締め付けられて痛くなってしまう恐れがあるので、あまりキツイサイズを選ぶのはやめましょう。水泳帽は、被るだけなので本当に手軽に代用品として活用することが可能です。

最も手軽なのがストッキング

水泳帽よりもご家庭にありそうなもので、ウィッグネットの代用が可能なのが『ストッキング』です。ストッキングを利用する場合は、ちょっとした下準備が必要ですので、以下の手順を覚えておきましょう。

  • STEP① 両脚の付け根の部分をハサミでカットする。
  • STEP② カットした部分を好みの長さに切り分ける。
  • STEP③ ちょうど良い大きさにカットしたら被る。

ストッキングをウィッグネットの代用品として利用する場合は、上の手順でちょうど良い大きさにカットする必要があります。ちなみに、ウィッグネットの代用として使いやすい箇所は太ももあたりです。
頭に付けるときは、ネックウォーマーのように一度頭に通してから前髪を持ち上げて被ります。たった2ステップでできるので簡単ですね。ストッキングは、コンビニでも買うことができるので水泳帽より手に入りやすいというメリットがあります。水泳帽と比較すると、加工の手間は少々かかりますがオススメの方法です。
なお、被る時になどには、ストッキングに伝線が入らないように気をつけてくださいね。

まとめ

今回は、ウィッグネットがダメになった…お家にあるもので代用するならコレ!についてご紹介してまいりました。いかがでしたか?ウィッグネットは、そこまで高いものではありませんので、最も良い対処法は新しいものを購入することです。しかし、手元に届くまでにはしばらく時間がかかることもありますので、その間にウィッグを利用したいのであれば、本稿でご紹介した方法を試してみてください。
水泳帽がお家にあるのであれば、被るだけですのでとても簡単に地毛をまとめることが可能です。ストッキングは、加工が必要ですので、少し面倒に思えますが、ハサミでカットするだけでウィッグネットの代用品になるのであれば、楽なものなのではないでしょうか!
今回は水泳帽とストッキングという2つでの代用方法でしたが、似たようなものでしたら他の品でも代用が可能かもしれません。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)