ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

もう地毛を染めるのは古い!ウィッグでも高品質なグラデーションが楽しめる!

2021年4月23日
65 views
約 1 分
もう地毛を染めるのは古い!ウィッグでも高品質なグラデーションが楽しめる!

髪色をグラデーションカラーにするのは難しい場合、ウィッグを染める方法がおすすめです。また、ウィッグを染めるのは面倒、自信がないという方には、グラデーションカラーに染められたウィッグの購入がおすすめです。

今回は、ウィッグをグラデーションカラーに染める方法と、すでにグラデーションカラーに染められたウィッグを購入するメリットを紹介します。

自分でグラデーションカラーにする方法

様々なカラーのウィッグが販売されていますが、オリジナルのグラデーションカラーのウィッグを作りたい場合には、自分で染めることも可能です。ウィッグをグラデーションカラーに染めるための道具や染める際のポイントについて紹介します。

市販のカラーリング剤を使った方法

人毛のみで作られた人毛ウィッグであれば、市販のカラーリング剤で染めることが可能です。ウィッグを染める際には、地毛を染める時と同様の手順で行いましょう。

また、人毛ウィッグを染める際にキャップやつむじ部分に薬剤がつかないように注意が必要です。さらに、人毛ウィッグは高級なものも多いため、グラデーションカラーに染める場合には、しっかりと検討してから行いましょう

ヘアカラースプレーで染める方法

ヘアカラースプレーは気軽にウィッグを染められることがメリットです。ヘアスプレーそのものも低価格な商品が多く、簡単にグラデーションカラーに染められる上に、シャンプーをするだけで落とせることもメリットです。ヘアカラースプレーには泡タイプとスプレータイプの2種類があります。

泡タイプは染める際にムラになりにくいことや、美しいグラデーションカラーに染めやすいことが魅力です。繊細なグラデーションカラーに染めるためには、泡タイプの商品がお勧めです。泡タイプはウィッグに噴射し、専用のコームで色を塗るため、ウィッグの繊維を1本ずつコーディングできます。ただし、染めるのに時間がかかるため注意しましょう。

スプレータイプは、1日だけ染めたい場合におすすめです。また、持ち運びできるため、長時間屋外で過ごす時にも便利でしょう。

自分でグラデーションカラーに染めるならホワイト系ウィッグを選ぼう

直接地毛を染める場合でも、最初に脱色した後にカラーリングをするということが一般的です。つまり、ホワイト系のカラーのウィッグであればグラデーションカラーに着色しやすいといえるのです。ホワイトであれば、基本的にどの色でも綺麗に着色することが可能です。

ウィッグのカラーリングをしてもらえる美容室に依頼する

高品質なグラデーションカラーのウィッグの中から自分好みのものを見つけられない場合や自分で染めるのは難しいと感じる場合には、ウィッグのカラーリングをしてくれる美容室に依頼する方法もあります。

美容室に問い合わせをして、ウィッグのカラーリングに対応しているようであれば、プロに相談をしながらウィッグのグラデーションカラーを作ってもらうことが可能です。

グラデーションカラーに染められたウィッグを購入するメリット

ウィックはアッシュ系・マット系のカラーもカラーバリエーションも豊富であり、トレンドのくすみカラーや日本人の肌の色似合うカラーなど、様々な種類から選ぶことが可能です。おしゃれなカラー・可愛いカラーのほか、グラデーションカラーの中でも個性があるタイプなど自分に適したウィッグを選べます。

ウィッグをセルフでグラデーションカラーに染める方法はいくつかありますが、どの方法でも元が暗いカラーのウィッグを明るいグラデーションカラーに染めるのは難しいものです。

特に、黒いウィッグを他の色に染めるのは非常に難しいといえるでしょう。また、市販のカラーリング剤は簡単にウィッグを染めることが可能ですが、元のカラーに戻すのは難しいことがデメリットです。

セルフカラーをするよりも、すでに美しいグラデーションが作られたウィッグを購入した方が手間も失敗するリスクもなく、メリットが大きいでしょう。

 アクアドールのグラデーションウィッグが人気の理由

日本人の髪の毛は、アッシュ系・マット系のカラーに染めにくいことが特徴です。地毛では染めにくく維持するのが難しいグラデーションカラーですが、アクアドールでは繊維を染めて表現しています。

ファイバーを重ねているわけではないため、非常に自然に見えることが特徴です。1本1本が美しい色に見えるように染料の配合も調整しており、地毛を染めたのと同様の自然なグラデーションカラーになっています。

アクアドールのグラデーションウィッグで美しい髪色を楽しもう

市販のカラーリング剤を使用したり、美容室で染めたりする方法もありますが、確実に自分好みに仕上がるとは限りません。人毛ウィッグは地毛と同じように痛むため、ウィッグを染めた後はトリートメントやブラッシングをしてお手入れをする必要があります。

また、自分で染める場合は、綺麗にグラデーションにならずウィッグを無駄にする可能性も高いです。そのため、すでにグラデーションカラーに染められたウィッグを使用する方法が有効だといえます。

アクアドールで販売しているグラデーションウィッグは非常にバリエーションが豊富なため、商品をチェックして自分好みのカラーを見つけましょう。

関連記事
ウィッグも染めることができる!自宅でできる4つの方法をご紹介
学校や仕事でヘアカラーできない方必見!週末楽しむウィッグヘア

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)