ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

ウィッグがチリチリになってしまった…復活方法とは?

2021年7月30日
292 views
約 1 分
ウィッグがチリチリになってしまった…復活方法とは?

ウィッグのなかでも、特に人工毛ウィッグは、長期間使っているとチリチリになることが多いです。寒い時期には、毎日使用していると1ヶ月も経たずにウィッグがチリチリになることもあり、買い換える際に金銭的な負担がかかっている方もいるでしょう。

そこで、チリチリになったウィッグを復活させる方法や、チリチリになるのを予防する方法を紹介します。

ウィッグがチリチリになったときの簡単な復活方法

ストレートのヘアアイロンを使えば、チリチリになったウィッグを復活させられる可能性があります。

必要な道具は、ブラシ、ブロッキングするためのピン、ストレートのヘアアイロン、ウィッグスタンドです。

ウィッグをブロッキングする

ヘアアイロンをムラなく当てられるように、ウィッグをブロッキングしましょう。特に、フェイスラインや襟足の毛の部分は、静電気や摩擦によってチリチリになりやすいため、しっかりとヘアアイロンを当てられるようにブロッキングすることが重要です。

ヘアアイロンでストレートにする

チリチリになっている部分をメインに、少しずつヘアアイロンをかけます。ヘアアイロンかけてもウィッグの毛が元に戻らない場合には、ウィッグ専用のスプレーを吹きかけたうえでヘアアイロンを使用しましょう。

なお、人工毛ウィッグは毛が冷えると同時に形状記憶するため、ウィッグの熱がなくなるまでウィッグスタンドにかけ、ストレートの状態を維持しましょう。

ウィッグが傷んでいる場合にはシャンプーとトリートメントを使う

ブラッシングやヘアアイロンのみではチリチリになったウィッグを元に戻せない場合や、不快な臭いがする、傷んでいるという場合には、ウィッグを買い換えるという方も多いです。

しかし、シャンプーとトリートメントでケアをすれば元に戻せる可能性があります。使用する道具は、ウィッグ専用のブラシとシャンプー、トリートメントです。

ブラッシングをする

ウィッグのシャンプーとトリートメントをする前に、しっかりとブラッシングをして毛の流れを整えましょう。ブラッシングをすることによって、きれいに洗いあがります。

また、ウィッグを洗っている際や乾かす際に毛が絡みにくくなることがメリットです。さらに、目に見えない小さな塵や埃も、ブラッシングをすることで綺麗に落とせるため、シャンプーやトリートメントする前にブラッシングする必要があります。

シャンプーとリンスを水に溶かす

ウィッグは、自分の髪の毛のように直接シャンプーやトリートメントを付けて洗わないことがポイントです。容器に水を入れて、シャンプーとリンスを500円玉程度の量入れ、しっかり溶かします。

なお、人間の髪の毛に使用するシャンプーやトリートメントは、ウィッグを洗浄する際には必要のない成分が配合されています。人毛用のシャンプーやトリートメントは、ウィッグに膜を作ったり傷めたりする可能性があるため、専用のシャンプーやトリートメントを使用しましょう。

ウィッグを押し洗いする

ウィッグはこすり洗いするのではなく、押すようにして洗いましょう。ウィッグの毛をこすり洗いすると、ウィッグが絡んだり傷んだりしてチリチリした部分が悪化する可能性が高いです。丁寧に押し洗いをして、少しずつ汚れを浮かして落とします。

タオルドライする

ウィッグを洗ったら水ですすぎ、タオルに包んで軽く押すようにして水気を切ります。乾いたタオルの上にウィッグを寝かせるようにして、自然乾燥させましょう。ウィッグを押すようにして、水気を拭かないように注意が必要です。

また、耐熱ファイバー製の人工毛ウィッグであれば、ドライヤーを使用できます。ただし、ウィッグに耐熱温度が設定されているため、同じ場所にドライヤーを当て続けたりドライヤーをウィッグに近づけたりしないように注意しましょう。ウィッグがチリチリになったり、ウィッグが溶けたりすることがあります。

ウィッグのお手入れは専用アイテムを使う

ウィッグチリチリ直し方

ウィッグ専用ブラシ、ウィッグスタンドなど、ウィッグ専用のアイテムを用意しましょう。例えば、ウィッグ専用のブラシは金属で作られており、一般的なブラシと比較して静電気が発生しにくく、化学繊維で作られた人工毛ウィッグのお手入れに適しています。

また、チリチリなったウィッグをお手入れする際はウィッグスタンドを使用しましょう。さらに、ウィッグ専用のブラッシングやスタイリング剤も便利です。

チリチリのウィッグを復活させてウィッグが傷むのを予防しよう

ウィッグがチリチリになる原因は、静電気や空気の乾燥によってウィッグが傷むためです。そのため、ウィッグがチリチリならないよう、普段からお手入れをする必要があります。

チリチリしたウィッグを復活させたら、専用のアイテムを使って、ウィッグが傷まないようにお手入れをしましょう。

【関連記事】
【ウィッグの素材別】お手入れ方法とポイントをご紹介
不自然なウィッグはパサパサしている?!自然な艶出し方法とは

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)