ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

ヘアアレンジのお悩み解決!和装にぴったりなウィッグの選び方とは?

2021年10月29日
232 views
約 1 分
ヘアアレンジのお悩み解決!和装にぴったりなウィッグの選び方とは?

浴衣や着物といった和装でおしゃれをしたり、イベントに出かけたいという方もいるでしょう。和装をする際には、浴衣や着物選びだけではなく、ヘアスタイルについても悩むことが多いのではないでしょうか。

和装をする際に美容室でヘアセットを依頼すると費用がかかるうえに、ショートヘアの方はヘアアレンジしにくい場合もあります。

着物や浴衣といった和装には、ウィッグを使用するのがおすすめです。そこで、和装にも合わせやすいウィッグの選び方やヘアアレンジ方法について紹介します。

和装に合うウィッグの選び方:カラー別

和装に合うウィッグの選び方のポイントとしては、カラーとスタイルが挙げられます。まずは、カラー別のウィッグの特徴を見ていきましょう。

和装には暗めのカラーが合う

和装に合わせるウィッグは、ブラウンもしくはブラックカラーのものがおすすめです。特にブラウンはブラックと比較して柔らかなイメージになるため、お団子や三つ編みといったヘアアレンジも綺麗に見えます。

年齢に合わせて選ぶ

ダークブラウンは着物に合わせるのに最適なカラーであり、年齢が若い方であればグレーが入ったアッシュブラウンも良いでしょう。ライトブラウンは明るいイメージになるため、夏の時期に着る浴衣に最適だといえます。

黒髪がベスト

日本人の美しい黒髪に映える浴衣や着物が多いため、ウィッグを選ぶ際にもブラック系のものを使用するのがおすすめです。ブラックのウィッグは、どのような和装にもマッチします。

ライトブラウンやダークブラウンといったカラーを選ぶ方が多いなかで、ブラックのウィッグをヘアアレンジすると注目を集められる可能性も高いでしょう。

和装に合うウィッグの選び方:スタイル別

和装に合うウィッグには、どのような特徴があるのでしょうか。和装に適したウィッグの特徴と選び方をスタイル別で紹介します。

ボブスタイル

和装では髪をアップにするというイメージを持つ方も多いですが、髪をおろしたボブスタイルは少しうなじが見えるため、すっきりとした印象になります。また、シルエットが丸く可愛らしい印象を与えられるため、着物にマッチするスタイルだといえるでしょう。

お団子ヘアー

付けるだけで簡単にお団子ヘアが作れる、部分ウィッグを着用するのもおすすめです。お団子ウィッグは、2つ付けたりお団子をつける位置をずらしたりすることによって、簡単に遊び心があるスタイルを作れます。

ロングフルウィッグ

すでにスタイリングされたウィッグを購入すると、かぶるだけ、付けるだけで簡単にヘアスタイルが決まります。しかし、好みのウィッグがない場合には、ロングのフルウィッグを購入すれば自分好みにアレンジできます。

ロングフルウィッグはバリエーションが豊富なため、カラーや毛の長さ、素材などをチェックして、スタイリングしやすいもの、和装の柄に合うものを選びましょう。

和装に合うウィッグのアレンジ方法

和装に合う髪型にしたい場合、ストレートのウィッグを購入し、自分でアレンジする方法もおすすめです。そこで、自分で簡単にできるウィッグのアレンジ方法を紹介します。

編み込み

リボンとウィッグを編み込むだけで、品があり女性らしい雰囲気のヘアアレンジが完成します。地毛にリボンを編み込むのは難しいですが、ウィッグはウィッグスタンドにかけてアレンジすることが可能なため、地毛では難しいアレンジも可能なことがメリットです。ウィッグを使うからこそできるヘアアレンジで、和装を楽しみましょう。

シニヨン

シニヨンとは、毛を束ねてまとめたヘアスタイル全般を指します。全体をひとつに束ねたシニヨンでボリュームアップし、華やかさを演出します。シニヨンを低めの位置に作ると品のある印象になるでしょう。地毛でシニヨンを作るのは難しいですが、ウィッグであれば綺麗にまとまり、美しく仕上がります。

ゆるく束ねたミディアムヘア

ウィッグ全体をコテでゆるめに巻いて、センターで2つにブロッキングしたら、それぞれを「くるりんぱ」します。くるりんぱした2つの毛束をひとつに結び、浴衣や着物の柄に合うクリップやピンで留めて完成です。

ハーフアップ

ウィッグ全体をコテで巻いたら、髪を3つにブロッキングし、真ん中のブロックをひとつに束ねます。両サイドの毛をねじってひとつにまとめて、全体を適度にほぐして完成です。

和装に合うウィッグはカラーとスタイルから選ぼう

和装に合うウィッグの選び方のポイントは、ブラウンやブラックなど落ち着いたカラーのものにすることや、ヘアアレンジをしたい場合にはミディアムウィッグ、ロングウィッグを選ぶことです。

地毛ではアレンジしにくいスタイルでも、ウィッグであれば綺麗なヘアスタイルを作りやすいといえます。和装に合うウィッグの選び方のポイントを押さえて、ウィッグを活用し、後ろ姿も美しい和装を楽しみましょう。

【関連記事】
成人式ではウィッグ利用が当たり前?成人式にウィッグを活用するメリットをご紹介します!
卒業式に袴を着用するなら!好きなヘアスタイルを楽しめるウィッグがオススメ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)