ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

ウィッグをつけたままジェットコースターに乗れる?外れないためのコツもご紹介

2022年4月28日
20 views
約 1 分
ウィッグをつけたままジェットコースターに乗れる?外れないためのコツもご紹介

普段ウィッグを使用している方が遊園地に行った際に、ウィッグをつけた状態でジェットコースターに乗車できるのかどうか不安を覚える方もいるでしょう。

そこで、ウィッグを着用した状態でジェットコースターといったアトラクションに乗車しても良いのかどうかを紹介します。また、ウィッグをつけた状態でジェットコースターに乗っても外れないためのコツを合わせてチェックしましょう。

ウィッグをつけたままジェットコースターに乗車できる

ウィッグをかぶってテーマパークに行く場合は、ジェットコースターに乗車する際、ウィッグを外さなければならないのではと不安を覚える方もいるでしょう。そこで、ウィッグをつけてジェットコースターに乗れるのかどうか、遊園地のウィッグに関するルールを紹介します。

医療用ウィッグはつけたままでもOKなことが多い

遊園地ごとにウィッグに対する対応には違いがありますが、ジェットコースターといったアトラクションでは、ファッションウィッグは乗車前に外さなければならないことが一般的です。しかし、医療用ウィッグは固定することを条件に着用したままでも良い遊園地が多いです。アトラクションによってもウィッグのルールが異なり、大手テーマパークでは「医療用ウィッグはジェットコースターを含めアトラクションに乗る際に外さなくても良い」と明示しています。しかし、ルールが変わる可能性もあるため、行く予定の遊園地に問い合わせをしておくと安心でしょう。

ウィッグを着用した方に配慮しているテーマパークもある

大手テーマパークのなかには、アトラクション別でウィッグの着用基準を決めており、激しい動きや回転をするアトラクションの場合はウィッグをつけたままでは乗車できません。しかし、宗教上の理由や医療用ウィッグを着用をしている方は、専用のカードを提示することでアトラクションに乗れることがあります。ウィッグの着用に配慮しているテーマパークであれば、ウィッグを外さずにジェットコースターといったアトラクションを楽しめるでしょう。

ウィッグをつけたままジェットコースターに乗っても外れないためのコツ

ウィッグをかぶった状態でジェットコースターに乗っても外れないようにするためには、ウィッグの固定方法を見直すことが大切です。ウィッグを固定する方法は、病気や薬の副作用で脱毛している場合と、髪の毛が生えている場合でコツが異なります。

両面テープを使う

医療用の両面テープを使い、ウィッグと地肌を固定する方法です。両面テープを使う方法は、病気や薬の副作用で髪の毛が全て脱毛している方や、ジェットコースターといった激しいアトラクションに乗っても外れないようにしっかりと固定したい方におすすめです。両面テープをハサミで切ったら、もみあげや生え際、サイドなどにつけて固定しましょう。

ピンで固定する

髪の毛が生えている方は、ウィッグのサイドやフロントにウィッグ専用のピンをつけて地毛に固定しましょう。脱毛している方も、ウィッグネットにウィッグ専用のピンを固定すれば、外れにくくすることは可能です。

頭のサイズに適したウィッグを使う

ウィッグのサイズが自分の頭のサイズに合っていないと、ジェットコースターに乗った際にウィッグが外れる可能性があります。自分の頭に合わないサイズのウィッグを使っていると、外れる可能性があるだけではなくウィッグが浮いて動くため、不自然に見えることもあるでしょう。アジャスターが付いているウィッグを使ったり、自分の頭のサイズに適したウィッグを使ったりすることも大切です。

遊園地に行くときはウィッグの暑さ対策をする

長時間屋外で過ごす場合は、ウィッグの暑さ対策をすることで快適に過ごせます。暑さ対策をする場合は、ウィッグネットの下地作りが重要です。暑さ対策のために綿生地を乗せ、上からウィッグネット、ウィッグ本体を着用することによって、汗が吸収されるため暑さ対策につながります。

また、ウィッグネットの上からスポーツをする際に使うクールスプレーを吹き付けてからウィッグを被れば、清涼感を得られるでしょう。汗をかきやすい方は、お手洗いに入った際にウィッグの裏面にクールスプレーを吹きつけるのがおすすめです。なお、地肌にクールスプレーを吹きつけると肌トラブルの原因になるため、肌に直接スプレーしないことがポイントです。また、清涼感がある香りがついたクールスプレーがあるので、香りを確認してから使用しましょう。

ジェットコースターに乗れる場合もウィッグが外れないようにしよう

多くの遊園地では、医療用ウィッグを被ったままジェットコースターに乗ることが可能です。しかし、乗り物や遊園地によっては乗れない場合もあるため、先に確認しておくと安心です。

また、ウィッグを被ったままジェットコースターに乗る際には、外れないようにピンや両面テープで固定すること、頭のサイズに合わせてウィッグを調整することが重要です。ジェットコースターに乗れるかどうか確認したうえで、ウィッグが外れないように固定して、遊園地のアトラクションを楽しみましょう。

【関連記事】
アウトドアシーズン到来! ウィッグの風対策を伝授!
ウィッグをつけたままお風呂や温泉に入っても大丈夫なの?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)