ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

【くせ毛対策】梅雨や雨の日のまとまらない髪にはウィッグがおすすめ!活用方法をご紹介

35 views
約 1 分
【くせ毛対策】梅雨や雨の日のまとまらない髪にはウィッグがおすすめ!活用方法をご紹介

髪質がくせ毛であるために、梅雨や雨の日に髪の毛がまとまらずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。特にくせが強い場合は、少し湿気を吸っただけで髪の毛が広がったり、うねったりしてしまい、スタイリングに時間がかかってしまいがちです。

そこで今回の記事では、くせ毛に悩んでいる方におすすめしたい、くせ毛の対処法についてご紹介します。また、特におすすめな方法であるウィッグについては、具体的な使用シーンも含めて詳しく説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

梅雨や雨の日のくせ毛の対処法

くせ毛の方にとって、梅雨や雨の日は大敵です。トリートメントをしたり、ヘアアイロンをかけたりして朝出かけるときに髪の毛をセットしたとしても、外に出ればすぐに髪の毛が広がったりうねったりしてしまいます。ここでは、髪の毛のくせを抑えたりストレートにしたりするためにおすすめの対処法についてご紹介します。

頭皮マッサージをする

くせ毛の原因のひとつとして、毛穴が歪んでいることが挙げられます。年齢を重ねて顔や頭皮の筋肉が衰え、髪の毛の組織の毛包が緩むことによって、円形だった毛穴が歪むことがあります。毛穴が歪むと、その中の毛母細胞で生成された髪の毛も、成長する際にくせがついてしまいます。

そのような毛穴の歪みを元に戻すためには、頭皮マッサージが効果的です。頭皮をマッサージすることで血行が良くなり、歪んでしまった毛穴を引き締める効果が得られます。また、各部に栄養が行き届くようになるため、髪質そのものの改善にもつながります。

頭皮マッサージをする際には頭皮を清潔にして、頭皮環境を整えるための成分が含まれている、低刺激性の育毛剤やマッサージローションを使用しましょう。マッサージの手順としては、まず耳の周辺からトップに向かって、引き上げるようにしてマッサージしていきます。1回5秒程度で、合計4回ほど行うと効果的です。次に、つむじに両手の指を置き、頭皮全体を前後左右に動かすようにマッサージします。この工程は7往復ほど行うと効果的です。

頭皮マッサージを毎日繰り返すことで、頭皮の栄養環境が良くなることに加え、筋肉を引き締めて歪んだ毛穴が正常に近づくため、くせ毛が矯正されることにもつながります。ただし、頭皮マッサージが有効なのは、後天的にくせが出てきた場合です。もともとの髪質がくせ毛の場合には、以下でご紹介する他の方法を試してみましょう。

縮毛矯正をかける

くせ毛が気になる場合は、縮毛矯正をかけることで髪の広がりやうねりを抑えることができます。髪をまっすぐにするための方法としてはストレートパーマも有効ですが、縮毛矯正の方が矯正力が強いので、長い期間ストレートヘアを保つことが可能です。

しかし、縮毛矯正をかけた部分の髪の毛はストレートを維持できますが、新しく伸びてきた新髪の毛はくせ毛のままでなので、頑固なくせ毛の場合は、縮毛矯正部分と地毛の部分の境目が目立ってしまい、かえって不自然になってしまうことも考えられます。また、縮毛矯正はアイロンと薬剤を使うため、髪へのダメージがある点も踏まえたうえで検討しましょう。

ウィッグでカバーする

頑固なくせ毛の場合や、梅雨や雨の日だけ髪の毛がうねったり広がったりするといった場合には、ウィッグを使って一時的にカバーする方法もおすすめです。

ウィッグは髪の毛の広い部分を覆うことができるため、くせ毛の部分をカバーし、好みの髪質でのヘアスタイルを手軽に楽しむことができるようになります。

もともとくせが強くて頭皮マッサージをしても効果が出ない、縮毛矯正は髪の毛や頭皮に負担がかかるから抵抗がある、そのような場合はファッション感覚で手軽にくせ毛をカバーできるウィッグを使ってみましょう。

くせ毛をカバーするのにおすすめのウィッグ

くせ毛の場合、雨の日はどうしても広がってしまうため、ひとつに束ねるヘアスタイルでカバーしている方も多いのではないでしょうか。しかし、ウィッグを活用すれば、もっと幅広いヘアスタイルにチャレンジすることができます。ここからは、くせ毛をカバーするのにおすすめのウィッグについてご紹介します。

前髪のくせ毛は前髪ウィッグでカバーする

くせ毛の方は、特に前髪のうねりやパサつきに悩むケースが多いです。前髪が割れたり、カールをつけてもすぐにボリュームダウンしたり、部分的に跳ねてしまったりなど、くせ毛の前髪というのは、なかなか思うように決まらないものです。その点、前髪ウィッグを使えば、思うようにならない前髪の印象を大きく変えることができます。

前髪ウィッグは、クリップで留めるだけで簡単にスタイリングすることができます。そのため、ウィッグを使うのが初めての人にもおすすめのウィッグです。ウィッグにはいろいろな髪色が展開されているので、地毛と前髪ウィッグの境目を分かりにくくするためにも、地毛の色に合った前髪ウィッグを選びましょう。

地毛を活かすハーフウィッグ

くせ毛の人の髪の毛が、ある日全部ストレートになっていたら、周囲に違和感を与えてしまうこともあります。その点、ハーフウィッグであれば、地毛に馴染ませながら着用することができるため、不自然なストレートさは出ず、自然に地毛と馴染ませることができます。

慣れないうちはウィッグをつけるのに少し時間がかかるかもしれませんが、慣れてしまえば馴染ませ方を工夫して、いろいろなスタイリングを手軽に実現できるようになります。

初めてのウィッグで不安だという人も、ハーフウィッグなら比較的取り入れやすいです。そのため、先ほどの前髪ウィッグと同様、初心者にもおすすめしたいタイプのウィッグです。

ポニーテールやお団子ウィッグ

くせ毛をひとつに束ねて、ポニーテールやお団子ウィッグをつけるというのもおすすめです。くせ毛はまとめることでボリュームを抑えることができ、結った部分にこれらの部分的なウィッグをつければ、アクセサリー感覚でイメージを変えることが可能になります。地毛の見える面積が広いため、フルウィッグとは異なり、いかにもウィッグをつけているという不自然さが出ない点もポイントです。

くせ毛対策にはバリエーション豊富なウィッグを活用しよう

今回の記事では、くせ毛対策の方法全般について、そして特におすすめの方法であるウィッグの活用法についてご紹介しました。

ウィッグと言うと髪全体を覆うフルウィッグのイメージが強いかもしれませんが、前髪ウィッグ・ハーフウィッグ・ポニーテールウィッグ・お団子ウィッグなど、さまざまなサイズや用途のものがあります。髪質もストレートからカールまで豊富なバリエーションが存在するので、さまざまな髪型へのイメージチェンジが可能です。くせ毛に悩んでいる方は、ぜひ一度ウィッグを取り入れてみてください。

関連記事

湿気が多い日の髪のうねり対策ならウィッグが断然おすすめ!!
梅雨の快適な過ごし方としてウィッグが注目されている理由を解説

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)