ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

梅雨の快適な過ごし方としてウィッグが注目されている理由を解説

2021年4月23日
68 views
約 1 分
梅雨の快適な過ごし方としてウィッグが注目されている理由を解説

梅雨の時期は、ウィッグを着用すると頭皮が蒸れて不快に感じるという方が多いようです。

そこで、梅雨の時期にウィッグを快適に使用する方法を紹介します。また、ウィッグが注目されている理由についても合わせてチェックしておきましょう。

梅雨時期にウィッグを着用し快適に過ごすためのコツ

暑い日はウィッグを着用すると頭皮が蒸れて不快だったり、汗をかいてウィッグがずれたりすることに悩む方も多いのではないでしょうか。また、汗をかいた状態でエアコンが効いている室内に入ると、汗が冷えて頭痛を起こす場合もあるため注意が必要です。

ここでは、梅雨の時期に快適に過ごすためのコツや、ウィッグの選び方を紹介します。

通気性が良いウィッグを着用する

ウィッグは、機械で作られた商品と、毛を1本ずつ職人が植える手植えタイプの2種類に分かれます。手植えタイプのウィッグは機械で作られたウィッグと比較して、植えられている毛の量が少なく自然に見えることが特徴です。

手植えタイプのウィッグは重量が軽い商品が多く、通気性が良いため梅雨の時期にウィッグが蒸れて気になる場合や、夏に汗をかくことに悩んでいるという人におすすめです。

さらに、手植えタイプのウィッグのなかでも内側にキャップが付いている種類があります。伸縮性が高いものや通気性が良いものなどキャップにも種類がありますが、通気性が良いサイドメッシュと呼ばれるキャップを採用しているウィッグを選ぶと良いでしょう。

ショートタイプのウィッグを選ぶ

ウィッグには様々なヘアスタイルの商品がありますが、ロングウィッグは首元が髪で覆われるため、暑さや蒸れを感じやすいことが特徴です。

寒い時期であればロングウィッグでも良いですが、梅雨の時期や暑い季節はショートスタイルのウィッグを使用し、少しでも暑さや蒸れを軽減しましょう。

ショートスタイルが似合わないと感じる場合や、好みではないという場合は、ボブやミディアムスタイルのウィッグを使用するのがおすすめです。

着用する前に対策をしよう

梅雨の時期にウィッグを着用する場合は、あらかじめアンダーキャップの替えをポーチに入れておくことや、帽子を使用するといった方法が有効です。

アンダーキャップを使っている場合には、アンダーキャップが汗を吸収しますが、梅雨の時期は汗を吸収できなかったり漏れたりする場合があり、不快な臭いが気になる場合もあるでしょう。そのため、アンダーキャップを交換できるよう、替えのキャップを持参することをおすすめします。

お手洗いでウィッグを脱いで、汗を拭いたうえでアンダーキャップを交換します。また、ウィッグを脱いだ際にウィッグの匂いもチェックできるため、臭いが気になる場合には消臭スプレーも持参し、臭いを消しましょう。

柔らかいタイプの保冷剤を使う

頭の形に沿うような、柔らかいタイプの保冷剤をウィッグの中に入れる方法です。頭に保冷剤が直接当たると低温やけどや皮膚炎を起こす可能性があるため、ハンカチで保冷剤を包んだうえで、ウィッグの中に仕込みましょう。

ウィッグの内側に保冷剤を入れた後は、後頭部が不自然に膨らんでいないかを確認することが大切です。後頭部の膨らみが気になる場合には、スカーフや帽子で隠しましょう。

また、帽子の中に保冷剤を入れ、ウィッグの上から冷やすといった方法もあります。

冷感スプレーをふりかける

タオルやシャツを冷やす冷感スプレーでウィッグの内側を冷やしたうえで着用すれば、梅雨の時期の頭皮の蒸れを軽減できるでしょう。ただし、冷感スプレーは持続性がないため、蒸れた時にウィッグを脱いで冷やさなければなりません。また、敏感肌や乾燥肌の方は頭皮専用の冷感スプレーを使用するようにしましょう。

ウィッグが注目されている理由

ウィッグが注目されている理由と、人気のウィッグの種類を紹介します。

ウィッグは簡単にヘアスタイルを変えられる

ウィッグには、頭部全体を覆うフルウィッグや、前髪やトップに着用するポイントウィッグがあります。例えば、前髪があるヘアスタイルにしたいという場合に前髪ウィッグを使ったり、髪色を変えたい時にフルウィッグを使ったりすることで、簡単に髪型を変えられることがメリットです。

また、学校や職場で黒髪にしなければならない場合も、週末や出かけるときだけ明るい髪色を楽しめます。

普段使いできるボブやミディアムウィッグが人気

グラデーションカラーやカールがついているウィッグは、普段使いとして人気を集めています。くせ毛で悩んでいる方は、ストレートのサラサラな髪型を楽しむことも可能です。

<h2>湿気対策をして梅雨の時期にもウィッグを活用しよう</h2>

ウィッグは、学校の校則や職場の規定でカラーリングできない方から注目を集めています。週末だけカラーリングされたウィッグを使えば、気軽に髪型や髪色を変えておしゃれを楽しめるでしょう。

また、梅雨の時期に少しでも快適に過ごしたい場合には、通気性が良いタイプのウィッグを着用することが大切です。ウィッグキャップの選び方や外出先でのケアの方法などをチェックして、梅雨の時期も快適に過ごしましょう。

関連記事
湿気が多い梅雨時期はウィッグの特別なケアが必要?!
湿気が多いと広がる髪の毛。ウィッグだとどうなる?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)