ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

派手なヘアカラーやヘアセットが将来薄毛の原因に?!~ウィッグで楽しむ個性~

31 views
約 1 分
派手なヘアカラーやヘアセットが将来薄毛の原因に?!~ウィッグで楽しむ個性~

ヘアカラーやヘアアレンジは、全身のコーディネートにも関係する重要なポイントです。

また、白髪や薄毛をカバーするためにヘアカラーやヘアアレンジを工夫しているという人も多いのではないでしょうか。

しかし、ヘアカラーの薬剤は髪と頭皮に大きなダメージを与え、ヘアアレンジについても将来的に薄毛につながる可能性があるため注意が必要です。

この記事では、ヘアカラーとヘアアレンジをする際の注意点と、髪の色やアレンジで個性を出す方法を紹介します。

ヘアカラーは頭皮と髪に大きな負担がかかる

ヘアカラーをした後、入念に髪のトリートメントをする人は多いでしょう。

ただし、頭皮のケアも行わなければ抜け毛や薄毛、白髪の原因になるため、十分注意が必要です。

髪は人間の第一印象を左右する要素といわれています。

特にヘアカラーについては、ヘアカラーを工夫して立体感を演出する、髪の艶を出す、個性を出す、白髪をカバーするなどの役割があるため、全身の印象を変えるためにも重要視すべきポイントです。

おしゃれを楽しむためには不可欠なヘアカラーは、髪や頭皮への負担だといえます。

ヘアカラーに使用されている薬剤は徐々に優しい成分に進化しているものの、綺麗な髪を維持するためにはヘアカラー後にケアをすることが大切です。

ヘアカラーの維持や髪のダメージを修復するために、専用のトリートメントでアフターケアする人は多いですが、頭皮のケアを意識している人は少ないでしょう。

ヘアカラーが原因で頭皮にダメージを加えても、すぐに問題が起こるわけではありません。しかし、ケアをしなければ髪が細くなり、抜け毛、薄毛の原因になります。

髪は毎日伸びるためダメージを受けた部分はカットすることが可能ですが、綺麗な髪自体を維持するためには、ヘアカラーで頭皮にダメージを与えないようにすることが大切です。

ヘアアレンジは毛根に負担がかかる

髪をひっぱるようなヘアアレンジを続けていると、毛根に負担がかかることで髪が抜け、分け目や生え際が薄毛になる可能性が高いです。

ヘアアレンジが原因の薄毛は「けん引性脱毛症」と呼ばれ、分け目を変えたりヘアアレンジを止めたりすることで徐々に薄毛が改善されるでしょう。

しかし、仕事の都合でヘアアレンジをしなければならない、髪を束ねなければならないという人も多いです。

そのような場合には、着用するだけで個性を出せるウィッグの使用も検討しましょう。

ヘアカラーやヘアアレンジ以外の薄毛の原因

薄毛になる原因はヘアカラーやヘアアレンジだけではありません。

ヘアカラーやヘアアレンジ以外の薄毛の原因についても、簡単に確認しておきましょう。

ストレスや生活習慣の乱れ

仕事が忙しい、外食が多い、睡眠不足などの生活習慣の乱れや、心身へのストレスが原因で薄毛になる可能性があります。

外食やコンビニエンスストアのお弁当などは脂質や糖質が高く、長期間食べ続けると栄養バランスが乱れ、薄毛につながるリスクがあるため注意が必要です。

さらに、睡眠不足が原因で血行不良を引き起こすと髪を生成する栄養素が頭皮に届かず、健康な髪が育ちません。

年齢が若ければ、正しい生活習慣に戻すことで薄毛の改善効果が期待できるでしょう。

頭皮環境の悪化

頭皮環境が悪化すると、フケが発生して毛穴をふさぎ、またそこに雑菌が繁殖することで毛根に炎症が起こります。

毛根が炎症を起こすと、健康な髪が抜け、髪自体が育たなくなることで薄毛につながるため注意が必要です。

頭皮環境が原因の薄毛は「ひこう性脱毛症」と呼ばれており、頭皮の皮脂が過剰分泌されることで起こる「脂漏性脱毛症」とも似ています。

ホルモンバランスが乱れることで起こりやすいといわれる薄毛です。

簡単に個性を出したいならウィッグがおすすめ

地毛をカラーリングしたり、ヘアアレンジをしたりせずに個性を出したい場合には、ウィッグを使用する方法が有効です。

ウィッグには様々なカラーや髪型があり、シンプルなウィッグを購入して自分でアレンジできます。

髪や頭皮を傷めずに、個性的なヘアカラーを楽しむことができますし、仕事で毎日同じ髪型にしなければならない場合にも活用できるでしょう。

ウィッグをカラーリングして個性を出す方法

ウィッグをカラーリングする方法はいくつかありますが、最も手軽なのは市販のカラーリング剤を使用する方法です。

しかし、市販のカラーリング剤を使用できるのは人毛ウィッグのみであり、人工毛やミックスタイプのウィッグはカラーリングできないため注意しましょう。

市販のカラーリング剤は髪のキューティクルに浸透して色が定着する仕組みであるため、キューティクルがない人工毛では使用できません。

また、暗いカラーのウィッグを明るい色に染めるのは難しい点にも注意が必要です。

そのため、明るいカラーに染めたい場合には、ホワイト系のウィッグを購入しましょう。

まとめ:ウィッグで個性的な髪型を楽しもう

ヘアカラーやヘアアレンジで髪や頭皮に負担をかけ続けると、将来、薄毛になる可能性が高くなります。

また、傷んだ髪はすぐに元には戻らず、すぐに髪が伸びるわけでもありません。

頻繁にヘアカラーやヘアアレンジをしておしゃれを楽しみたいのであれば、地毛は触らず、ウィッグをアレンジして個性的な髪型にするのがおすすめです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)