ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

自然さを重視するなら!人毛ウィッグのメリットとデメリットをご紹介!

2019年3月6日
483 views
約 1 分
自然さを重視するなら!人毛ウィッグのメリットとデメリットをご紹介!

ウィッグを購入する場合、皆さんは何を重視してウィッグ選びを進めますか?ウィッグは、医療用、ファッション用に関わらずその人の見た目に大きく左右するものですので、ヘアカラーや好みの長さなどを重視して購入している人が多いかもしれませんね。しかし、ウィッグを選ぶときに、絶対に抑えておかなければいけないのが『ウィッグごとの素材の違い』です。ウィッグは、その見た目上、どれも同じ素材によってつくられているように見えますが、実は、本物の人毛を利用した人毛ウィッグと、化学繊維などを利用した人工毛ウィッグがあるのです。
当たり前のことですが、使用されている素材が異なる場合、使用感や注意点が違ってきます。したがって、ウィッグを購入するときには、それぞれの素材による特徴をよく考えてウィッグ選びを進めなければいけません。そこで今回は、人毛ウィッグの特徴や、使用する時のメリット・デメリットについてご紹介します。

人毛ウィッグとは?

それではまず、ウィッグの中でも『人毛ウィッグ』がどのような物なのかについてご紹介します。人毛ウィッグとは、その名前からも分かるように、「本物の人の髪の毛を素材としたウィッグ」の事を指しています。
この人毛ウィッグに利用されている毛は、ヘアドネーション(寄付)や、海外から買い取ったものが利用されています。人毛ウィッグは、本物の髪の毛を利用しているため、非常に自然なウィッグを作る事ができるのが特徴ですが、人工毛と比較すると高額な価格設定になっています。ウィッグの価格は、素材以外にも、製造方法などが考慮されますので、人毛と人工毛の違いだけで価格差が出るわけではありませんが、人毛の場合は『激安』などといった商品は少ないでしょう。
以下で、人毛ウィッグのメリット・デメリットをもう少し詳しくみていきましょう。

人毛ウィッグのメリット

それではまず、人毛ウィッグが持つメリット面をご紹介していきます。メリットなどは、人工毛ウィッグと対比したほうがわかりやすくなると思いますので、適宜対照も致します。

自然な見た目になる

人毛ウィッグの最大のメリットと言えば、『自然であること』だと思います。当然ですが、本物の人毛を利用しているため、化学繊維である人工毛と比較すると、ツヤ、ハリなどの弾力性、触り心地、指通り、全てにおいて自然だろ言えます。人工毛も、年々進化してきており、人毛に近い質感に近づいていますが、やはり本物の毛と比較すると自然さは勝てません。

ヘアアレンジが自由自在

人毛ウィッグは、本物の髪の毛を利用しているため、地毛に施すようにパーマをあててウェーブを作ったり、後からヘアカラーをしてカラーリングを変えたりすることも出来ます。人工毛は、基本的にカラーリングができない、耐熱性でなければヘアアイロンなども利用できないなど、セット面で不自由することがあり、『自由度』という面は人毛ウィッグのメリットと言えます。ただし、人工毛ウィッグは、購入時からしっかりセットされ、形状記憶機能で長くセットが持つという点が便利です。

長持ちする

一般的にですが、きちんとお手入れをしていれば人毛ウィッグの方が耐久性が高いと言われています。人工毛は、乾燥している時期の静電気に弱く、またドライヤーなどの熱にも弱いという特徴があります。したがって、使っているうちにいつの間にか毛がチリチリになっているピーリングの現象が出てダメになってしまうことがあるのです。人毛ウィッグは、人工毛と比較すると熱や静電気に強いため、長持ちする傾向があります。

人毛ウィッグのデメリット

それでは逆に、人毛ウィッグのデメリットはどのような物があるのでしょうか?こちらも人工毛と比較しながらご紹介します。

お手入れの手間がかかる

人毛ウィッグは、人工毛と比較すると日々のお手入れに手間がかかるのがデメリットと言われます。人毛ウィッグの場合、シャンプーなどをすると髪型が崩れやすいので、くしで髪型をきちんと整えながら乾燥させるなど注意が必要です。一方、人工毛の場合は、上述したように形状記憶機能があるため、シャンプーなどでスタイルが崩れることも少ないのです。

紫外線の影響を受ける

人毛ウィッグは、太陽光の紫外線の影響を受けて徐々に退色してしまうデメリットを持っています。そのため、使用頻度にもよりますが、半年~1年程度に1度の割合でカラーリングの必要があると考えておきましょう。人工毛は、カラーリングができない代わりに、色あせしにくいという特長を持っています。

素材が高い

人毛ウィッグは、素材の仕入れ値が高額になるため、人工毛ウィッグよりも高額になるケースが多いと思っていきましょう。当然ですが、人間の髪の毛が伸びるには時間もかかりますし、集めた毛はきちんと処理が必要です。その為、ウィッグに利用できるようになった人毛の仕入れ値は決して安くないのです。その点、人工毛は大量生産できる化学繊維ですので、人毛と比較するるとかなり安く手に入ります。

まとめ

今回は、ウィッグの中でも人毛ウィッグの特徴についてご紹介してきました。人毛ウィッグは、本物の髪の毛を利用しているため、他の素材のものと比較すると、最も自然な見た目を実現できるというメリットを持っています。しかし、運用面で考えると、人毛ウィッグの方がより繊細な作りになっているため、日々のお手入れを丁寧に行ったり、カラーの色あせに注意したりと、手間がかかるのがデメリットと言えます。したがって、ウィッグ選びの際には、「自然さか?」「手軽さか?」など、自分の活用方法をよく考えてウィッグ選びを進める必要があると言えるでしょう。
因みに、人毛と人工毛を混ぜ合わせて作られた『人毛MIXウィッグ』もあり、こちらは、両方の良い面を持っていると言われます。ただし、逆に考えると「自然さは人毛に劣る」「お手軽さは人口毛に劣る」という中途半端なメリットになってしまうので、その辺りは注意しておいた方が良いですよ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)