ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

似合うウィッグの髪型選びのポイントをご紹介!

2021年12月29日
149 views
約 1 分
似合うウィッグの髪型選びのポイントをご紹介!

ウィッグは髪型のバリエーションが非常に豊富であり、ショートやミディアムロングなどから選ぶことが可能です。また、商品によってはカラーや素材も選べることが多いです。

ファッション雑誌で好きな髪型を選び、美容室でカットしてもらうのと同様に、ウィッグを使う場合でも自分に似合う髪型を選ぶことが大切です。そこで、自分に似合う髪型を選ぶ際のポイントやウィッグの髪型の種類を紹介します。

ウィッグの主な種類と髪型

フルウィッグや部分ウィッグなど、いくつかの種類に分かれています。部分ウィッグはトップにボリュームを出したい場合や、トップの髪の毛が薄くカバーしたい場合に活用されます。髪型を変えたいのであれば、頭部を覆うタイプのフルウィッグを選ぶと良いでしょう。そこで、ウィッグの主な種類やウィッグの髪型について紹介します。

ウィッグの種類

ウィッグの主な種類は部分ウィッグとフルウィッグに分かれます。部分ウィッグは分け目やつむじの薄毛が気になる場所や、白髪を隠すために使用されることが多いです。なお、部分ウィッグやヘアピースと呼ばれることもあります。

フルウィッグは頭全体を覆うタイプであり、自毛の髪型を問わず簡単に髪型を変えられることから、イメージチェンジしたい場合に最適です。

フルウィッグの髪型

フルウィッグの髪型はミディアム・ロング・ショートの3種類に分けられます。ミディアムは軽く柔らかい印象になるボブスタイルのウィッグであり、首元が出るため爽やかなイメージに仕上がります。

ロングスタイルは、毛先をアイロンで巻くと女性らしく可愛らしい印象になる髪型です。女性らしいファッションにも最適な髪型だと言えるでしょう。

ショートスタイルは前髪を長めにして動きを出すと、落ち着きがある大人の印象に仕上がります。頭部のシルエットが小さく見えて小顔効果も期待できるでしょう。

自分に似合う髪型は輪郭別に選ぶことが大切

ウィッグを購入したものの「自分に似合わない」と感じる理由は、自分の顔の輪郭に髪型が合っていない可能性が高いです。似合うウィッグを使うためには、丸顔なのか面長なのかなど自分の輪郭に適したものを選ぶ必要があります。顔の輪郭別にどのようなウィッグが似合うのか見ていきましょう。

丸顔に似合うウィッグの髪型

丸顔の方は顔を縦と横の幅がほぼ変わらないため、幼さが残って見える事が特徴です。顔の輪郭が丸顔の方は、前髪を決めることがポイントです。顔の幅をカバーしながら幼さを緩和するために前髪は横に流す、もしくはシースルーバングで軽さを演出しましょう。また、縦のラインを強調するためにトップの部分にボリュームを出し、シルエットを縦長にすると、縦のラインが強調されて丸顔がカバーできるでしょう。

面長に似合うウィッグの髪型

面長の方が顔の縦のラインをカバーするためには、前髪を長く残すことがポイントです。また、トップにボリュームが出ないようにして左右にボリュームを出すことで、顔の横の長さを出します。前髪をセンター分けにすれば顔の縦のラインが強調されるため、前髪を分けたい場合には長めにして七三分けにしましょう。

オーダーメイドで似合うウィッグを作る

ヘアスタイルを工夫しても、ウィッグの毛量と顔の輪郭、頭の大きさのバランスが悪いと不自然に見えます。例えば、小顔の方が毛量の多いウィッグを着用していると、ヘアスタイルを問わず不自然に見えるなどです。オーダーメイドウィッグは、顔や頭の大きさに合わせて作るため、似合うウィッグを手に入れやすいでしょう。

さらに、毛の長さやカラーも選べるため、自分好みのウィッグを購入できることもメリットです。

また、オーダーメイドウィッグは既製品と比較して価格が高いため、アフターサービスが付いていることがあります。アフターサービスの内容はメーカーごとに異なりますが、毛のカットを無料で行うといったサービスを受けられることがあるのです。

使う頻度で選ぶ

普段使いをするのであれば、オーダーメイドウィッグが良いでしょう。外出時に必ず使用したい、帽子のような感覚で使いたいという場合は、自分の顔や頭、雰囲気にしっかりマッチしたウィッグを着用するのがおすすめです。

イベントや趣味で使う場合は、既製品のウィッグでも十分だといえます。リーズナブルな価格で購入できるため、使用頻度が低いのであれば既製品のウィッグがおすすめです。

自分に似合う自然な髪型のウィッグを選ぼう

ウィッグは既製品やオーダーメイド品、セミオーダー品など様々な商品が販売されています。基本的には、正面から見た際に自然に見えるかどうかが重要なため、輪郭のタイプに合わせて選ぶことが大切です。輪郭や頭、顔の大きさに合った既製品を選ぶか、オーダーメイドで自分に合うものを作るかを検討しましょう。

【関連記事】
男性ウケするウィッグって!?人気の髪型とは

【2021年】多様なウィッグの楽しみ方を徹底レポート

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)