ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

ウィッグにワックスを使っても良い?付け方とおすすめのスタイリング剤をご紹介

2022年1月31日
96 views
約 1 分
ウィッグにワックスを使っても良い?付け方とおすすめのスタイリング剤をご紹介

ウィッグは、自分の髪の毛と同じように髪型を変えたり、市販のワックスを使用してスタイリングをしたりといったことは可能なのか疑問を抱く方も多いでしょう。しかし、市販されているワックスをウィッグに使った場合、正しくケアをしなければ素材が傷むため注意が必要です。

そこで、ウィッグに使っても良いワックスの選び方や、おすすめのスタイリング剤を紹介します。

市販のワックスをウィッグに使用できるのか?

人間の髪の毛用のワックスを使っても、大幅にウィッグが傷むわけではありません。しかし、人間の髪の毛に使うワックスには、ウィッグの素材に適していない成分が配合されていることがあります。ウィッグの劣化を進める原因になるため、専用のワックスを使用したほうが良いでしょう。

市販されているワックスを使用する際には、どのようなヘアスタイルにしたいのかを決めてから選ぶことがポイントです。しっかりと固めたい、髪の毛にボリュームを出したい、毛先に動きをつけたいなど、自分の好みに合わせて選びます。例えば、しっかりと固めたい場合にはハード系、毛先の動きを重視したい時にはマット系など使い分けましょう。

なお、ウィッグのスタイリングをする際に女性用のヘアワックスを選ぶ方が多いですが、女性用のワックスはセット力やキープ力の高さよりもツヤ出しを重視したタイプのものが多いです。そのため、スタイリングをキープしたい、スムーズにセットしたいという場合には、女性用のワックスではなく男性用のワックスを使用した方が良いといえます。

ワックスを使った後は丁寧にお手入れをする

ウィッグにワックスを使った後、上手にスタイリングできたという理由で洗わずに保管したい方もいるでしょう。しかし、ワックスが付いた状態ではウィッグが傷むため、ウィッグの劣化を防ぐためにもお手入れをすることが大切です。

ワックスを使ったら早めにシャンプーで落とす

ウィッグはスタイリングをしたまま保管することが可能であり、洗わなくても使えます。しかし、長い間ワックスをつけた状態で保管していると、ワックスが変質してウィッグの劣化につながるため注意しなければなりません。ワックスには油分が多く配合されており、空気に長時間触れると酸化します。

ワックスが酸化すると臭いを発したり硬くなったりするため、洗い流せなくなります。そのため、連日使用するわけではない場合は、可能な限り早くワックスを洗い流しましょう。

ウィッグ専用シャンプーでお手入れをする

ウィッグにはウィッグ専用のシャンプーを使用すると仕上がりが綺麗になり、ウィッグの劣化も防げます。

なお、人毛ウィッグにワックスを使った場合には、人間の髪の毛に使用するシャンプーやトリートメントを使っても問題ありません。

ウィッグのアレンジに使いたいおすすめのスタイリング剤

ウィックのスタイリングをする場合には、専用の商品を使うのがおすすめです。特に医療用ウィッグ・ファッションウィッグどちらに使用しても良く、人気が高いのはフラウスタイリングミストです。フラウスタイリングミストはどのような商品なのか、特徴や使い方を紹介します。

フラウスタイリングミストとは

フラウスタイリングミストは、主に医療用ウィッグのスタイリングをする際に使用する目的で開発された商品です。セット力が非常に高いスプレータイプであり、長い時間ヘアスタイルを維持できます。

医療用ウィッグが傷まないよう、保湿性が高いコラーゲンが含まれており、素材が傷みにくいことがポイントです。また、ウィッグにツヤが出るため、スタイリングしやすいだけではなく見た目もキレイに仕上がることが魅力です。

フラウスタイリングミストの使い方

フラウスタイリングミストは、ウィッグを洗って乾燥させた後に使用します。ただし、多少濡れた状態でも使用することが可能です。シャンプーやリンスをした後、ウィッグが湿った状態で使う場合は、ボリュームを出したい根元部分やスタイルを維持したい部分に吹き付けます。フラウスタイリングミストを吹きかけた後に、自然乾燥させましょう。

ウィッグが乾燥している状態で使う場合は、スプレーボトルに水を入れ、ウィッグを適度に湿らせます。ウィッグのアレンジをしたら、最後にフラウスタイリングミストを吹きかけましょう。

ウィッグには専用のスタイリング剤を使うのがおすすめ

ワックスは様々な種類が販売されており、ドラッグストアや通販サイト、ディスカウントストアなどで市販されているものでもウィッグに使用できます。市販されているものを使う場合は天然由来成分が配合されているものやベタつきにくいもの、素材が傷みにくいものを選ぶことが大切です。

しかし、ウィッグには専用のスタイリング剤を使用したほうが良いといえます。フラウスタイリングミストの他にも、ウィッグ専用のスタイリング剤はたくさん発売されています。使いやすさやスタイリングセット力、キープ力などをチェックして、気になるものを試してみましょう。

【関連記事】

ウィッグにワックスをつけっぱなしにした後の手入れ方法とは?
ウィッグをアレンジしたあと、スプレーは使用できる?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)