ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

ウィッグをアレンジしたあと、スプレーは使用できる?

2022年9月21日
842 views
約 1 分
ウィッグをアレンジしたあと、スプレーは使用できる?

ウィッグは、一般的に綺麗にスタイリングを施した状態で販売されているケースが多いです。しかし、通常とは異なるヘアアレンジを楽しみたいと考える人も多いでしょう。そこで、市販のヘアスタイリング剤を使用する場合の注意点や、スタイリングのコツについて紹介します。

市販のスプレーはウィッグに使用できる

ウィッグ用のワックスやスプレーなどが、ウィッグ専門店で販売されているのを目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。ウィッグをアレンジする際には専用の商品を使わなければならないのではと感じる人もいるでしょう。

実際には、市販のワックスやスプレーなどを使用してウィッグをアレンジすることが可能です。ウィッグ用に製造された専用のヘアケア用品、ヘアアレンジ用品や整髪料、スタイリング剤の方が使い勝手は良く、簡単にスタイリングできますが、市販されているワックスなどを使用してもウィッグが使用できないほどに傷むといったことはありません。

ウィッグの簡単なアレンジを紹介!!

スタイリングの際の注意点

地毛とウィッグには大きな違いがあり、ウィッグは適度に水分を吸収できないことが特徴です。そのため、しっかりと髪型を固めるためのハードワックスを使用した場合には、ワックスの重さをウィッグの繊維で支えられないため、繊維(ウィッグの毛)を立ち上げることは難しいでしょう。

ヘアスタイルをしっかりと固定させるためには、ヘアスプレーを使用しなければなりません。ただし、使用量を誤るとベタつき、重く不自然な仕上がりになってしまいます。

また、ウィッグに市販のヘアケアアイテムを使うのであればムースタイプの整髪料を使用すると良いでしょう。ウィッグの毛先を中心に使用すると繊維を支えられなくなるため、根元部分に使用することがポイントです。

市販のアイテムを使ってスタイリングする方法

部分ウィッグは地毛と馴染ませてカバーできるものの、フルウィッグは髪の毛全体がテカるので不自然な印象を与えてしまいます。スーパーやドラッグストアで販売されている制汗スプレーを使用すると、簡単にウィッグの艶を消すことが可能です。使い方はスタイリングをした後の仕上げとしてスプレーを吹き付けるだけですが、至近距離からスプレーをすると粉を吹いてしまう可能性があるので、一定の距離を取って均一になるようにスプレーをしましょう。地毛に近い、自然で適度なツヤを出すことが可能です。

さらに、スタイリング剤を使う際にはマットワックスを合わせることによって、より自然なツヤを出せるでしょう。ただし、制汗スプレーはヘアアレンジやヘアケアに使うアイテムではないことをしっかりと認識しておく必要があります。使用した後はしっかりと洗い流し、正しい方法でケアをすることが大切です。

スプレーをした後のシャンプーが大切

ウィッグにシャンプーをするタイミングは、ウィッグが汚れたとき、長期間洗っていない場合や、ワックスやスプレーでヘアアレンジをしたときなどが挙げられます。 また、一定期間使用しない場合も、1度シャンプーをしてから保管することで保管中の劣化を予防することが可能です。

ウィッグは、ウィッグ専用シャンプーやトリートメントが販売されていますが、日頃使用している市販のシャンプーも代用できます。しかし、ドラッグストアで購入できる市販のシャンプーは人間の髪や皮膚に合う成分が配合されており、ウィッグ専用シャンプーは合成繊維を傷めないための成分が配合されていることが特徴です。そのため、人工毛ウィッグのメンテナンスをする際には、市販のシャンプーではなくウィッグ用のシャンプーを使用したほうが綺麗に長持ちするでしょう。

人毛ウィッグを使用している場合には、ウィッグ用と市販のシャンプーのどちらを使用しても大差はありません。使用しているウィッグの種類に適したシャンプーを選ぶことも重要です。

トリートメントで仕上げ

ウィッグをシャンプーした後にはトリートメントを使って手触りを良くすると、次にスタイリングをする際にスムーズに髪型を作れるでしょう。滑らかかつ良い手触りに仕上げたい場合には、洗濯用柔軟剤を使用する方法が挙げられます。シリコンが入ってる柔軟剤を使用すれば繊維の絡まりをほどき、サラサラに仕上げることが可能です。

使用方法は、ウィッグにシャンプーをしてしっかりすすぎ、洗面器にお湯もしくはお水を入れ、大さじ1杯程度の柔軟剤を溶かし、ウィッグを数十分浸けた状態で放置します。時間を置いた後、洗い流して完了です。洗い流した後はタオルで挟んで叩くようにして水気を取り、自然乾燥させた後にブラッシングで繊維の流れを整えて保管しましょう。

定期的に行いたいウィッグのシャンプー。素材によって注意点が違うって知っていますか?

ウィッグをスタイリングする際のコツ

基本的には、ウィッグ専用のスプレーやワックスなどを使用する必要があります。しかし、市販されているヘアスタイリング剤でも、使用方法を誤らなければ活用することが可能です。まずは地毛に使用するスプレーやワックスなどを使用して、アレンジに慣れたらウィッグ専用のアイテムを揃えるのも良いでしょう。