ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

リモート飲み会もオシャレに!ウィッグを使った簡単ヘアアレンジ方法

2022年9月21日
675 views
約 1 分
リモート飲み会もオシャレに!ウィッグを使った簡単ヘアアレンジ方法

ここ最近で増えてきたリモート飲み会。自宅とはいえ意外に気が抜けなくて、お化粧や着替え、ヘアセットなど面倒に感じている方も多いかもしれませんね。そこで今回は、リモート飲み会もオシャレに!ウィッグを使った簡単ヘアアレンジ方法をご紹介します。

ロングでもショートでも自在に楽しめる

ウィッグの醍醐味はロングでもショートでも、自分の希望する長さとデザインのヘアスタイルになれることです。ご自身でロングにしようと思えば、長い月日や伸ばす努力も必要になります。

一方、ショートの場合は自分に似合うのかと悩み、切る勇気が必要です。ですが、ウィッグであれば、試着しながら自分に似合うヘアスタイルを見つけられるとともに、なかなか伸ばせずにいたロングヘアにも、勇気が出なかったショートヘアにもなれるのです。そのうえ、品質のよいウィッグであれば、まるで地毛のようなアレンジもできます。

結んだり、髪留めで留めたりできるほか、耐熱性に優れたものであれば、ヘアアイロンやドライヤーを使ってブローやカールなどのアレンジもOK。トレンドの巻き髪やゆるふわヘアなども自在に楽しめるのです。

ヘアアイロンを使いこなせばアレンジの幅が広がる

180℃程度までの耐熱性があるタイプであれば、コテやアイロンも使用可能です。地毛や完全人毛のウィッグの場合は熱を加えた時点でカールがつきます。ですが、人工毛のウィッグの場合は、冷ます工程でカールをさせるので、そのコツをマスターすれば、気軽に人気のゆるふわカールなどを楽しめます。

180℃まで対応できるタイプであっても、温度設定は130℃ぐらいがベストです。温度設定が高すぎる場合や加熱時間を長くしすぎると、ウィッグが傷むおそれがあるので気を付けましょう。

耐熱ファイバーで作られているウィッグは熱伝導性が高いので、巻き付ける量を適量に抑えれば、10秒程度の加熱で簡単にカールがつきます。加熱したら形を崩さないようにゆっくりと手の平に離し、その場で10秒ほど冷ましてください。熱を放って冷ましてあげることでカールが長持ちします。

プラス使いでアレンジ自在

ウィッグは地毛と組み合わせることやウィッグを重ね使いすることで、多彩なヘアスタイルに変化します。前髪のスタイルプラス、キュートなお団子プラス、ポニーテールやカチューシャスタイルなど、いつものウィッグにプラスすることで、1つで使うより、より簡単にアレンジヘアを楽しめます。

たとえば、斜め分けサイド付き前髪ウィッグは、毛先にシャギーが入り、スタイリッシュなできる女を演出できるのがポイントです。束感を作って毛先をサイドに流すことで、媚びない大人の女を爽やかに演出できます。顔に沿うようなワンカールのサイドバングを選べば、顔の幅を狭く見せるので、小顔効果もバッチリです。

頭の上から装着できる前髪ウィッグなので、おでこが狭い方や平らで立体感がないとコンプレックスを感じている方にもおすすめです。小顔でスタイリッシュに前髪を演出させたら、アップヘアにもチャレンジしましょう。

お団子ウィッグをプラスして使えば、簡単にエレガントでボリューム感のあるお団子ヘアになれます。着け方も簡単で地毛で作った小さなお団子にかぶせるだけです。髪の量が少ない方や短い方でも、無理なくおしゃれなお団子ヘアになれます。前髪だけ、お団子だけという使い方もできますが、前髪ウィッグとお団子ウィッグのダブル使いで、より簡単におしゃれスタイルも目指せます。

また、簡単カチューシャハーフウィッグは、前髪の地毛を残して着けるタイプで、装着時間はわずか3秒です。カチューシャを使ったヘアスタイルは意外に難しく、形が決まらないものです。

顔立ちをスッキリ見せたいのに、顔が膨張して見えてしまうことも少なくありません。簡単カチューシャハーフウィッグを使うことで、市販のカチューシャを直接当てるより、スッキリとして絵に描いたようなキュートなカチューシャスタイルができます。

ロングならツインテールもポニーテールも可能

ロングウィッグを利用すれば、そのまま使いだけでなく、カールやブローによる仕上げをはじめ、結んだり、お団子にしたりと自在です。

ご自身の髪ではうまくポニーテールが作れない、三つ編みが難しいという方も、装着前に三つ編みなどをしてから付けることもできるので、地毛より上手にヘアスタイルが決まります。ロングならポニーテールはもちろん、ちょっと可愛くツインテールも可能です。

カット技術に自信がある方なら、ご自身の好みや購入後の気分に合わせ、自分でカットをして好みのアレンジにもできます。また、ロングタイプでなくても、ポニーテールウィッグを使えば、気軽にボリューミーなポニーテールが実現できます。サラサラのストレートヘアのポニーテールをはじめ、カールタイプを使えば、ボリューミーでおしゃれ感のあるふんわりゴージャスなポニーテールも可能です。

束感のあるカールでドレッシーに、 ほぐせば抜け感のあるスタイルも楽しめます。ヘアアクセサリーをプラスすれば、パーティーや同窓会にもピッタリです。

ポニーテールウィッグを2つ使えば、キュートなツインテールも気軽にできますね。

まとめ

今回は、リモート飲み会もオシャレに!ウイッグを使った簡単ヘアアレンジ方法について紹介してまいりました。いかがでしたか?予めセットしておいたウィッグを使えば、巻き髪やゆるふわヘアも装着するだけで完了です。リモートだからウィッグでもバレにくいというメリットもありますよね。リモート飲み会もウィッグを使ってオシャレを楽しんでみてくださいね。

関連記事
ヘアアイロンでウィッグのヘアアレンジ!どんなアイロンが使えるの?
アレンジ後のウィッグの跡が取れない場合の対処法をご紹介