ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

ヘアアイロンでウィッグのヘアアレンジ!どんなアイロンが使えるの?

2022年9月21日
863 views
約 1 分
ヘアアイロンでウィッグのヘアアレンジ!どんなアイロンが使えるの?

ヘアアレンジができるものを選ぶことが大切

気軽にヘアチェンジができるのがウィッグの利点ですが、いつも同じヘアスタイルでは物足りない気分になることもあるのではないでしょうか。そんなときヘアアイロンで自由にスタイリングをすることができれば、ウィッグの楽しみ方は大いに広がります。

しかし素材によっては使えないものもありますので、ヘアアレンジをしたいときには自分が使っているウィッグでも大丈夫かどうかを知ることが大切です。そこでウィッグの特徴やヘアアイロンの選び方のコツについてご紹介します。

耐熱仕様になっているかがポイント

ウィッグには非耐熱仕様のものと耐熱仕様になっているものの2種類があります。非耐熱仕様のものは低価格の商品が多くて買い求めやすい反面、非耐熱性ファイバーを使用しているため、基本的にはヘアアイロンを使うことはできません。

毛質に耐熱コーティング剤を使用していないことや静電気を発生することがその理由です。そのためムースやスプレーでヘアアレンジするのに向いており、コスプレ用に使用されることが多くなっています。

一方、耐熱仕様になっているウィッグは耐熱性ファイバー使用しているため、ヘアアイロンでスタイリングをすることができます。毛質に耐熱コーティングがきちんと施されているためクシ通りもよく、ウィッグにありがちな絡まりやもつれなどが抑えられて、まとまりやすいヘアアレンジができるのが利点です。

またウィッグには人毛を使用しているものもあり、このタイプは自分の髪と同じようにヘアアイロンを使ってのヘアアレンジが楽しめます。自分が持っているウィッグがどのタイプになるのかを、まずはきちんと確認してからヘアアイロンを選ぶことが大切です。

選ぶなら2way仕様になっているものがおすすめ

ヘアアレンジをする際に、いくつものヘアアイロンを使い分けるのは非常に面倒です。ストレートにしたい部分とカールさせたい部分がある場合はなおさらですので、カール用とストレート用が切り替えられるヘアアイロンがおすすめです。

スイッチ1つで簡単に切り替えることができ、さらにロックもかかるタイプなら安全性の面でも問題ありません。もう一つウィッグにヘアアレンジを施す場合に気を付けたいのが、ヘアアイロンの温度です。

ヘアアイロンによっては何段階かに温度を切り替えることができるものがありますので、温度が固定されたお安い商品を買うよりは、温度調節機能が充実しているものを選んだ方が良いでしょう。

そうすればその1本だけでさまざまなヘアレンジが作れますので、使い勝手と機能性のよさは商品選びの際にぜひ注目したいポイントです。

なぜ温度設定が重要なのか

ウィッグの耐熱温度は、耐熱仕様になっているものでは130℃から150℃が適温とされています。医療用の人工毛ウィッグの中には耐熱温度が180℃まで大丈夫なものもありますが、これらの温度がきれいなヘアアレンジを作れる最適な温度とは限りません。

実際に医療用の人工毛ウィッグは100℃前後が最もきれいにアレンジできる温度となっており、思った以上に低温であることがわかります。非耐熱性のものだと熱を加えた途端に、毛髪がチリチリに焦げてしまうことがあります。

また縮んでしまうことや最悪の場合は繊維そのものが溶けてしまうことも少なくありません。耐熱仕様になっているものでも耐熱温度の上限で使えば、毛髪が傷んでしまいますので注意が必要です。

医療用ウィッグが持つ特徴

病気の治療などで医療用のウィッグを必要としている人も多く、特に女性の場合ヘアアレンジができるものは心の安らぎになることでしょう。ヘアアレンジすることによって気分が変わりますし、洋服に合わせた髪型にできるのはうれしいものです。

前述したようにここでもおすすめは2way式のヘアアイロンで、医療用ウィッグは100℃前後に温度設定できるものが向いています。医療用のウィッグは人工毛が使われていますが、この人工毛は熱が加わると変形して、冷めると形がつくという特徴を持っています。

しかし高温でスタイリングをすると人工毛は柔らかくなりすぎて、形が付きにくくなってしまうのです。冷えることで形が付く人工毛は高温でセットすると冷めるまでに時間がかかり、髪型が出来上がるのも遅くなってしまいます。そのため100℃前後でセットができるヘアアイロンであるのが、医療用ウィッグの理想と言えます。

実際に手に取って確かめてみる

家電量販店に行けば実にさまざまな種類のヘアアイロンが販売されていますが、できれば実際に手に取って重さなどを確かめてみましょう。見た目と違ってけっこう重かったり、手にしっくりと馴染まないようなヘアアイロンだったりすると、使えないまましまい込むことにもなりかねません。

また意外と盲点なのがコードの長さです。買ってみたらコードが短くて、使える場所が限られるということがないよう、できれば長めのコードになっているヘアアイロンを選ぶことをおすすめします。