ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

ヘアアイロンを使える医療用ウィッグの特徴をご紹介!

2021年11月30日
183 views
約 1 分
ヘアアイロンを使える医療用ウィッグの特徴をご紹介!

医療用ウィッグを使用していると、アレンジやメンテナンスをする際にヘアアイロンを使っても良いのか疑問を抱く方も多いのではないでしょうか。

そこで、ヘアアイロンを使える医療用ウィッグの特徴や、ヘアアイロンの使い方について紹介します。

また、ヘアアイロンを使えない場合の対処法も合わせてチェックしてみましょう。

ヘアアイロンを使えるかどうかは医療用ウィッグによる

耐熱性の医療用ウィッグであれば、ヘアアイロンを使って毛の流れを整える、ヘアアレンジをするといった楽しみ方もできます。ヘアアレンジができれば、気分に合わせてスタイリングを変えて髪型のおしゃれを楽しめるでしょう。

しかし、医療用ウィッグの種類によってはヘアアイロンを使えないものもあるため注意が必要です。ヘアアイロンは熱を加えるため、耐熱性のウィッグは使用可能ですが、非耐熱性のものは繊維が焦げてしまうため使用できません。

ヘアアイロンを使っても良い医療用ウィッグの素材とは

医療用ウィッグは、素材ごとにヘアアイロンを使えるかどうかが異なります。ヘアアイロンを使用できるのは人毛ウィッグと、耐熱ファイバーを使った人工毛ウィッグです。ヘアアイロンを使用できる医療用ウィッグの特徴を素材別に紹介します。

耐熱ファイバーを使った人工毛ウィッグ

人工毛ウィッグは化学繊維だけで作られた人工毛ウィッグと、人毛と化学繊維を組み合わせたミックスウィッグの2種類に分けられます。

化学繊維のみの人工毛ウィッグは、アクリルやポリエステルを使用しているため、熱を加えると変質することから、ヘアアイロンは使えません。

ミックスウィッグは、化学繊維と人毛が2対8もしくは7対3で作られているため、耐熱性の商品が多いです。ミックスウィッグには耐熱ファイバーが使われているものがあり、耐熱ファイバーを使ったウィッグであればヘアアイロンを使ったアレンジやメンテナンスが可能です。

人毛ウィッグ

人間の髪の毛を加工した人毛ウィッグは、地毛と同様にヘアアイロンを使用できます。人毛ウィッグにはヘアアイロンを使用可能ですが、人間の髪の毛と同じように頻繁にヘアアイロンを使っていると傷む点に注意しましょう

人毛ウィッグは自然な見た目が特徴であり、人工毛のような不自然なテカリがないことが魅力です。しかし、こまめにメンテナンスをしなければ劣化しやすいため、ヘアアイロンでメンテナンスをしなければなりません。

ヘアアイロンを使って医療用ウィッグをアレンジする方法

ヘアアイロンの温度設定や使い方など、ポイントを押さえて医療用ウィッグをアレンジすることが大切です。そこで、医療用ウィッグをアレンジするための手順について紹介します。

ヘアアイロンの温度を設定する

医療用ウィッグにヘアアイロンを使う場合には、130度~150度ほどの温度に設定しましょう。例えば、医療用ウィッグの「耐熱温度180度」と記載されていても、180度の温度でヘアアイロンをかけると傷みやすいため、最高でも150度ほどにするのがおすすめです。

医療用ウィッグをアレンジ

ヘアアイロンを使って医療用ウィッグをアレンジする場合、ウィッグを着用したままでヘアアイロンを使う方法が有効です。

自分でウィッグを付けた状態でアレンジすると仕上がりをイメージしやすいほか、自分の輪郭に合わせてアレンジできることがメリットです。また、後ろの部分をうまくアレンジできないのであれば、1度外してマネキンに装着し、後ろ髪をアレンジしましょう。

ブロッキングしてムラなく熱を当てる

医療用ウィッグは、毛束をブロッキングをしたうえでアレンジすることがポイントです。毛束は、量が多いと熱の伝わり方にムラができるため、毛の量を少なめにしてブロッキングしましょう。

手のひらに乗せて冷ます

耐熱性のウィッグは、熱が冷める時に癖がつくことが特徴です。そのため、ストレートにしたい場合にはヘアアイロンを使った後にウィッグを動かさないことが重要です。

カールを作った場合には、カールの部分を手のひらに乗せて冷ましましょう。アイロンを使った直後のウィッグは熱いため、やけどに注意が必要です。

医療用ウィッグにヘアアイロンが使えない場合のアレンジ方法

医療用ウィッグが非耐熱性であり、ヘアアイロンを使えない場合には、カーラーを使用しましょう。医療用ウィッグを着用する前の日にウィッグを湿らせて、カーラーを巻いて一晩自然乾燥させます。

医療用ウィッグの毛が絡まないように丁寧にカーラーを外せば、ヘアアレンジが完成します。アレンジが取れないように、ヘアスプレーを使ってスタイリングを固定しましょう。ただし、加熱するホットカーラーは使えないため、熱を加えないカーラーを使用する必要があります。

医療用ウィッグはヘアアイロンを使えるものを購入しよう

医療用ウィッグの素材によっては、熱で変色や変質するためヘアアイロンを使えません。人毛を使った医療用ウィッグや耐熱ファイバーを使用した人工毛ウィッグであれば、ヘアアイロンを使ってアレンジすることが可能です。

そのため、医療用ウィッグをアレンジしたい場合には耐熱性のものを購入し、ヘアアイロンを使った後は丁寧にお手入れをしましょう。

【関連記事】
ウィッグに使うヘアアイロンの温度について
ヘアアイロンでウィッグのヘアアレンジ!どんなアイロンが使えるの?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)