ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

医療用ウィッグが必要となる期間とは?

2022年7月30日
26 views
約 1 分
医療用ウィッグが必要となる期間とは?

医療用ウィッグは、治療による副作用や脱毛症などでお悩みの方向けに作られたウィッグです。これから治療を始められる方は、ウィッグが必要になる期間や以前と同じような髪は生えてくるのか、という不安がある方が多いのではないでしょうか。

こちらでは、医療用ウィッグが必要となる期間や、髪が生え始めるまでと元の髪に戻るまでの過程をご紹介します。これらの期間は人により異なりますので、目安としてご覧いただければと思います。

医療用ウィッグとは?

医療用ウィッグは、抗がん剤治療中の方や円形脱毛症などでお悩みの方の生活の質を高めることを目的として作られています。医療用ウィッグをつけることで、髪の毛のデリケートな悩みや、精神的な負担を軽減することができます。

医療用ウィッグは長くウィッグを装着することを想定し、夏でも快適に過ごせる通気性や1日つけていても疲れない着け心地が求められます。そのため肌に優しい素材や、より自然な見た目などを前提にした高品質なウィッグが多いことが特徴です。

医療用ウィッグが必要となる期間はどれくらい?

医療用ウィッグを購入する時期や、装着する期間などについてご紹介します。人により医療用ウィッグが必要になる期間や、卒業時期は異なりますが目安としてご覧いただければと思います。

医療用ウィッグを準備する時期

医療用ウィッグを準備する時期は、化学療法を始める前がおすすめです。もちろん体調が最優先ですが、脱毛前のヘアスタイルに合わせてウィッグを購入したい場合は現在の髪型と比較しやすいためでもあります。

またフルオーダーの場合は仕上がるまでに約30日ほどかかる場合もありますので、受け取りの日にちを逆算して早めの準備をしましょう。ウィッグが手元にある状態であれば、計画的に装着することができます。

医療用ウィッグを使う期間は約1年半〜2年ほどを目安に

医療用ウィッグが必要になる期間は、約1年半〜2年ほどを目安にしましょう。抗がん剤投与開始から2〜3週間ほどで脱毛が始まります。脱毛が始まる時期がウィッグ着用のタイミングとしていいかと思います。

抗がん剤が終了して約1〜2ヶ月ほどで発毛が始まります。脱毛時期と発毛時期はウィッグの着用でサイズが異なりますので、サイズ調節で着け心地を確認しましょう。発毛してから髪が伸びるまでが医療用ウィッグを着用する期間です。

地毛が発毛してきたら医療用ウィッグの卒業時期

地毛が発毛してきても、医療用ウィッグの卒業のタイミングがわからないという方も多いでしょう。髪の毛は1ヶ月に約1〜1.5cm伸びると言われてるので、単純に計算しても1年間で約12cm伸びます。12cmの髪の毛は、ベリーショートくらいの長さです。

このタイミングで医療用ウィッグは卒業し、ボリュームや髪質が気になる場合はヘアピースを使用するのもおすすめです。

治療が終了してから髪の毛が生え始めるまで

治療が終了してから髪の毛が生え始めるまでの過程をご紹介します。発毛のタイミングで元の髪が生えてくるのではなく、徐々に元の髪に戻ります。中には髪質が変わる方もいますので、そちらも含め事前に把握しておくといいと思います。

髪が生える時期と髪の特徴

抗がん剤治療が終了してから1〜2ヶ月後には発毛が始まり、発毛してすぐの髪質は元の髪質と異なる可能性があります。直毛だった方がクセ毛になったり、逆にクセ毛だった方が直毛になったり。人それぞれ異なりますが、髪質は毛穴の状態によって異なります。

髪質が変わる理由として、脱毛中の毛穴の歪みが原因であると考えられます。発毛が始まってしばらくはその状態が続きますが、徐々に健康な髪に変わりますので不安にならずに待ちましょう。

髪質が元の状態に戻るまで

髪質が元に戻るまでは、医療用ウィッグを着用してカバーするのも一つの方法です。また髪を少しでも早く元の状態に戻すために、頭皮ケアは大切です。頭皮の血行を良くするために、頭皮マッサージを行うのもいいでしょう。

頭皮の状態が安定していれば、少しずつマッサージをしながら頭皮環境を整えましょう。髪が伸びる速さは1本1本異なりますので、カットで整えながらキレイに伸ばしていきます。髪質は徐々に元の髪に戻りますが、完全に元の髪質に戻るわけではありませんので覚えておくといいかもしれません。

医療用ウィッグが必要になる期間まとめ

医療用ウィッグをつける期間についてご紹介しました。医療用ウィッグを装着する期間は、1年半〜2年を目安に考えておくといいでしょう。抗がん剤治療開始から終了までの期間と、抗がん剤の終了から発毛までの期間を合わせた期間になります。治療が終わり発毛し始めたら、ウィッグ卒業に向けて頭皮ケアも大切です。

頭皮の状態を見つつ無理しない程度に、頭皮マッサージなどを行い健康な髪に戻していきましょう。アクアドールでは、ウィッグが必要な期間にしっかりとお客様のサポートとウィッグのケアを行っております。髪の毛の回復に向けて、不安に思う方も少なくありません。そんな時に医療用ウィッグは、気持ちを落ち着かせ、生活の質を高める心強いアイテムとなるでしょう。

アクアドールの医療用ウィッグはこちら

【関連記事】
医療用ウィッグは保険適用になる?医療費控除についても解説
医療用ウィッグを準備するタイミングや選び方をご紹介!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)