ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

医療用かつら・ウイッグの助成金・補助金について詳しく解説

2022年12月13日
39 views
約 1 分
医療用かつら・ウイッグの助成金・補助金について詳しく解説

抗がん剤治療の影響で脱毛に悩まされている方は、医療用ウィッグを検討される方が多いでしょう。抗がん剤治療を行う際に医療用ウィッグは、日常生活を送る上で必要不可欠なアイテムです。

そして、医療用ウィッグを検討されている方で、費用の負担を少なくしたいと考えることは当然ですよね。費用の負担を軽減するためには、各都道府県市町村に設けられている助成金や補助金制度を活用しましょう。

こちらの記事では、医療用かつらやウィッグの助成金・補助金について詳しく解説します。これから利用しようか検討されている方、費用について不安を感じている方は参考にしてください。

療用かつら・ウィッグの助成金・補助金について

療用かつらやウィッグは、抗がん剤治療などを受ける際に脱毛の症状で悩まされている方にとって必要不可欠なものです。医療用という名称から「ウィッグの購入も健康保険などの対象になる」と思われている方もいると思います。

しかし、医療用かつらやウィッグを購入した際には、健康保険や医療費控除の対象とならないので注意しましょう。療用かつらやウィッグの助成金・補助金とは、抗がん剤治療を行った方で、療用かつらやウィッグを購入した際に受けられる制度をいいます。

助成金や補助金は、国で設けているものではなく各都道府県市町村で行っている制度です。最近では助成金制度を行っている自治体が増えているので、お住まいの地域を確認してみてください。

また、こちらの制度を受けるには、いくつかの条件がありますので確認してみましょう。

助成金や補助金を受けられる条件と注意点

助成金や補助金を受けるには、いくつかの条件と注意点があります。それぞれの項目をよく確認した上で、申請をしましょう。

助成金・補助金を受けられる条件とは

療用かつらやウィッグの助成金・補助金を受けるには、次の条件を満たしている必要があります。

  • 助成金や補助金制度を設けている都道府県市町村に住んでいること
  • 抗がん剤治療を受けていること
  • 抗がん剤治療の影響による脱毛でウィッグを必要としていること
  • その他の助成を受けていないこと

助成金や補助金制度は、全ての自治体で行っているわけではありません。そのため、今住んでいる自治体が対象となっているかを確認する必要があります。また、自治体によっては条件が異なることもあります。

これらの条件が全て満たされていないと制度を受けられないこともあるので、申請する際には再度確認してみましょう。抗がん剤治療を受けている方だけでなく、受けたことがある方も対象となります。また、税金の納付についての条件がある自治体もあります。

注意点について

助成金や補助金は全てのウィッグが対象ではないため、お持ちのウィッグが対象になっているかを確認しましょう。一般的な対象ウィッグは「全頭用フルウィッグ・部分脱毛用の部分ウィッグ」の2種類です。

助成金の金額については自治体によって異なりますが、「○万円が上限」と指定されている自治体もあれば、「購入金額の○割」という記載になっている場合もあります。こちらの両方が記載されている場合は、金額の低い方が適用されます。

その他にも、

  • ウィッグの付属品・ケア用品は対象外
  • 助成金の申し込み期限

などを確認しましょう。

ウィッグの付属品・ケア用品(ウィッグスタンドや帽子、シャンプー・リンスなど)は、基本的に助成金対象外です。また、ウィッグを購入する際にかかった送料などの費用も対象外となります。助成金の申し込み期限は自治体によって設けられていますので、お住まいの地域を確認しましょう。

療用かつらやウィッグの助成金・補助金を申請する方法

療用かつら・ウィッグの助成金や補助金を申請する際に必要なものは、以下のものです。

  • 助成金交付申請書
  • 治療の証明書
  • 領収書

助成金交付申請書は、各都道府県市区町村が提供しています。お住まいの地域に問い合わせるか、ネットで検索しHPからPDFでダウンロードも可能です。治療の証明書は、お薬手帳や診療明細書・診断書などが対象です。過去に治療を受けていた方も申請が可能な場合がありますので、証明になるものは保管しておきましょう。

領収書は、ウィッグを購入した際のものです。自治体によっては必要な書類が異なる場合もありますので、申請前に必ず確認しましょう。

療用かつら・ウィッグの助成金・補助金についてまとめ

療用かつらやウィッグの助成金・補助金についてご紹介しました。抗がん剤治療を受けた際に脱毛で悩まされている方は、日常生活でウィッグを活用されている方が多いと思います。医療用ウィッグの購入を検討中の方は、費用の負担を少なくするために助成金を活用しましょう。

医療用ウィッグをお使いの場合は、お住まいの地域の助成金や補助金を受けられる可能性があります。全ての自治体ではありませんが、助成金制度を設けている自治体は増えていますので、お住まいの地域を確認してみましょう。

助成金を申請する際には、「助成金交付申請書・治療証明書・ウィッグの領収書」が必要です。自治体によって必要な書類が異なる場合もありますので、事前に確認をしましょう。

アクアドールでは、高品質な医療用ウィッグを取り扱っておりますので、医療用ウィッグをご検討の方はぜひご活用ください。

アクアドールの医療用ウィッグはこちら

【関連記事】
医療用ウィッグの選び方は?ウィッグの種類と使用方法を解説
医療用ウィッグは保険適用になる?医療費控除についても解説