ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

黒髪必須のアルバイト、黒髪スプレーよりウィッグがおすすめのワケ

73 views
約 1 分
黒髪必須のアルバイト、黒髪スプレーよりウィッグがおすすめのワケ

普段ヘアカラーで明るい髪色にしており、1日だけ黒髪に戻したい場合に黒髪スプレーを使用するケースが多いです。しかし、黒髪スプレーは使用方法を誤るとスプレーをしてもムラになってしまい綺麗に黒い色がつかなかったり、服や部屋を汚したりといった扱いにくさがデメリットだといえます。

黒髪スプレーは扱いにくい、髪が固まってしまうので使いたくないという場合には、黒髪スプレーではなくウィッグを使用する方法がおすすめです。黒髪スプレーではなくウィッグを使用するメリットや、ウィッグの魅力について紹介します。

アルバイトで黒髪スプレーを使用するデメリット

黒髪でなければならないアルバイトをしている場合、黒髪にするためにスプレーを使用する人も多いですが、黒髪スプレーには様々なデメリットがあるため注意が必要です。主なデメリットについて5つ確認しておきましょう。

黒髪にするのに手間がかかる

黒髪スプレーは髪に直接噴射するため服や床、壁、家具など汚してしまう場合があります。そのため、お風呂場やシートで養生をしたうえでスプレーをしなければなりません。また、頭皮に付着すると毛穴が詰まったり皮膚が炎症を起こしたりするため、髪の毛だけに上手にスプレーをする必要があります。

H3 水で流れてしまう

黒髪スプレーは、基本的にシャンプーとお湯だけで洗い流せるため、雨の日に髪が濡れると着色料が流れ落ちて服や手に付着し、汚れる場合があるでしょう。そのため、雨の日は基本的に使用できず、プールの監視員といった髪の毛が濡れる可能性があるアルバイトの場合も使用しない方が良いでしょう。

着色料が粉状になって落ちる

黒髪スプレーは髪の毛全体を固めてしまうため、必ずアップスタイルにしなければならなかったり前髪を下ろせなかったりといったデメリットがあります。髪が固まるため、不自然に見えてしまう可能性が高いでしょう。

また、固まった着色料が粉状になって落ちたり、手や服についたりすることもあります。接客業のアルバイトといった、見た目の清潔感が重要視される仕事の場合は使用に関して十分に注意しなければなりません。

当日に洗い流す必要がある

髪の部分だけにスプレーをしたつもりでも、頭皮にスプレーの成分が付着している可能性が高いのです。そのため、毛穴詰まりや皮膚の炎症を予防するために、シャンプーでしっかりと洗い流さなければなりません。また、黒髪スプレーは髪を固めてしまうことからも、当日中に落とす必要があります。黒髪スプレーをした状態でベッドに横になると、着色料が落ちて枕やシーツが汚れるので注意しましょう。

トリートメントが必須

黒髪スプレーは髪の表面に着色料を吹きつけるため、髪表面に負担がかかります。シャンプーでしっかりと洗い流した後は、トリートメントでケアをしましょう。ケアをしなければ乾燥したり、広がって清潔感が無くなったり、全体的にボリュームが出てしまったりと、指通りが悪くパサついた髪になってしまうため注意が必要です。

黒髪スプレーではなくウィッグを使用するメリット

ウィッグは、かぶるだけで簡単に黒髪に変えられることが最大のメリットです。アルバイトの前に時間がない場合や手間をかけたくない場合にも、ウィッグをかぶるだけでヘアセットが完了します。

また、ウィッグは着用した日や汚れが付着した場合に洗えば良いため、黒髪スプレーを洗い流してトリートメントをするよりも手間がかからないといえるでしょう。

髪色だけではなく髪型まで変えられることも魅力

ウィッグは簡単に着用できることや、地毛の長さやカラーを問わず使用できることが魅力です。簡単に着脱できるので、アルバイトの休憩中や蒸れたと感じる場合、違和感を覚えた場合に外せます。

ウィッグはロングヘアやショートヘアパーマが当てられているものなど様々な種類が販売されているので、黒髪ロング、黒髪ショートなど髪型を楽しめることが魅力です。

毎回黒髪スプレーを使用するよりも、ウィッグを使った方が費用を抑えられる可能性があります。黒髪スプレーを購入する費用やスプレーをするのにかける手間、スプレーを落とす時間やトリートメントの費用などを考えると、ウィッグを購入した方がコストパフォーマンスは良いでしょう。

ウィッグにはフルウィッグやポイントウィッグなど、様々な種類があります。アルバイトで黒髪にしなければならない場合にはフルウィッグを着用し、自分の頭全体を覆えるものを選びましょう。

黒髪スプレーよりも手軽に使えるウィッグを活用することがおすすめ

黒髪スプレーは、1日だけ使用するのであれば良いですが、週に数回、数時間のアルバイトのたびに使用するのは手間がかかります。そのため、フルウィッグを着用して黒髪に見せる方法が有効です。

ウィッグを着用する際に注意したいポイントは、自分に適した髪型のウィッグを購入することだといえます。ウィッグのバリエーションは豊富ですが、自分の好みだけではなく、年齢や職種、自分に似合う髪型など総合的に判断して最適なウィッグを選ぶ必要があるでしょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)