ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

抜毛症でお悩みのお子さんへウィッグを

2020年6月23日
27 views
約 1 分
抜毛症でお悩みのお子さんへウィッグを

自宅や学校で、子どもが自分の髪の毛を引っ張ったり抜いたりしている場合、抜毛症と呼ばれる精神疾患にかかっている可能性があります。小学生や中学生、思春期の子どもに多い症状であり、髪の毛を抜くため脱毛したり薄毛になったりと悩むケースが多いです。

薄毛や脱毛が気になるものの髪の毛を抜くことは止められず、登校拒否や自宅に引きこもることもあります。抜毛症に悩んでいる子どもには、ウィッグを活用してコンプレックスをカバーし、抜毛症の治療を進める方法が有効です。

抜毛症の治療に役立つウィッグの選び方、おすすめのウィッグについて詳しく紹介します。

抜毛症の特徴と治療の流れ

抜毛症とは、髪の毛を含め体毛を自ら抜く行為を繰り返してしまう病気です。無意識で行っているケースもありますが、抜毛症であることを意識していても髪の毛を抜くのを止められないことがあります。

馴染みのない病気であると考える人も多いでしょう。実際には患者の割合は2%程度、女性に多い病気です。抜毛症を発症する年齢は小学年から中学生に多いですが、成人してから発症する人もいます。思春期や多感な年代に多い抜毛症は、薄毛や脱毛しており自分で気になる、他人から指摘されるといった理由から、通学や普段の生活にも影響を及ぼすため、早い段階で対処することが大切です。

抜毛症の患者が、自分で髪の毛を抜いていることを自覚しているので、診断に時間がかかりません。しかし、子どもの場合は親に叱られるという理由から、自覚していても言わない、誰にも相談しないというケースがあります。そのため、普段の仕草や髪の毛の状態を観察することが重要です。

また、頭部白癬や円形脱毛症を起こしていることも少なくありません。抜毛症を治療するためには、育毛と精神面への治療の表法を行うため、皮膚科と精神科の連携が重要視されます。「いずれ自然に治る」と考えて放置していると症状が悪化し、治るまでに数十年かかる場合があるため十分に注意しましょう。抜毛症の可能性がある場合は、早めに病院で受診する必要があります。

抜毛症の子どもにおすすめのウィッグと選び方

ウィッグにはいくつかの種類があり、どのウィッグでも抜毛症の治療におすすめできるという訳ではありません。抜毛症の子どもに最適な種類があるため、ウィッグの選び方をチェックしてから購入しましょう。

リーズナブルな価格で購入しやすいファッションウィッグ

ファッションウィッグとは、髪型を変えたい場合や髪色を変えておしゃれを楽しむために作られている商品です。人工毛を使用しているケースが多く、機械で作られているためリーズナブルな価格で購入でき、数種類購入してイメージチェンジを楽しみながら抜毛症の治療を行えるでしょう。

ファッションウィッグは形状記憶できるものが一般的であり、自分でヘアセットをする時間がかりません。しかし、リーズナブルな価格の人工毛ウィッグは乾燥によって繊維が絡みやすいため、しっかり手入れをする必要があります。小学生の子どもが自分で手入れをするのは難しいため、親が行う必要があるでしょう。

髪の毛が無くなる抜毛症の治療に「最適である」とはいえないものの、ファッションウィッグの品質は年々向上しています。人毛を使っていたり、手植えをしていたりと、自然に見える商品も多いです。人工毛ウィッグは数千円から購入でき、人毛を使用しているものでも3万円前後が相場だといえます。

抜毛症の子どもにおすすめの医療用ウィッグ

医療用ウィッグは、病気や薬の副作用で脱毛した患者が使用するものとして作られています。そのため、肌に直接触れる部分が多いことを想定して作られており、安全基準が設けられていることが特徴です。肌に触れる部分の安全性を重要視しており、肌がデリケートな子どもでも安心して使用できます。

ウィッグキャップが柔らかく通気性が良いものや、人毛や手植えで作られているため見た目が自然なものが多いです。多くの医療用ウィッグは、子どもの頭の大きさ、希望のヘアスタイルに合わせてオーダーメイドで作成できますが、オーダー方法によって価格が異なります。

例えば、既製品の場合は1万円~10万円と幅があり、セミオーダーは5万円~20万円程度、フルオーダーは30万円以上することが一般的です。費用はかかりますが、子どもが見た目のコンプレックスを抱かないようにオーダーメイドすることも検討しましょう。

抜毛症の治療には肌に負担がかからないウィッグを選ぼう

抜毛症は体毛を抜く症状ですが、手が届きやすく抜きやすい髪の毛を抜くケースが多いです。そのため、部分的に脱毛したり、髪の毛全体が薄くなったりします。学校生活や日常生活にも支障が出るので、早い段階で治療をすることが大切です。育毛と精神ケアの両面から治療が行われるため、完治までに時間がかかります。

見た目のコンプレックスを解消して治療に専念するため、また、髪の毛を覆うことで毛を抜く行為を予防するためにもウィッグを使用することがおすすめです。周囲の視線を意識せずに過ごせるようにもなるので、抜毛症の治療にはウィッグを取り入れましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)