ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

産後脱毛が終わってもそのあとの”アホ毛”が大変!そんなときもウィッグがおすすめ

2021年3月30日
153 views
約 1 分
産後脱毛が終わってもそのあとの”アホ毛”が大変!そんなときもウィッグがおすすめ

産後脱毛が解消されても、頭頂部の髪の毛が立つ「アホ毛」に悩まれる方が多くいらっしゃいます。産後脱毛が解消したにもかかわらず、なぜ髪の毛が短い状態で立ってしまうのか、産後脱毛の延長なのかなど、疑問や不安をいだく人もいるでしょう。そこで、産後脱毛の症状や、産後脱毛やアホ毛をカバーする方法についてご紹介します。

産後脱毛の特徴とは

産後脱毛は出産後脱毛症とも呼ばれる症状であり、その名の通り出産をした後に一時的に脱毛するものです。どの程度の時間脱毛が続くのか、また、どの程度髪の毛が抜けるのかは人それぞれ異なりますが、出産を経験した女性のほとんどが経験します。

出産後どのタイミングで発症するのかも個人差がありますが、出産後2~3ヶ月で起こることが一般的です。産後脱毛の症状が改善されるまでの時間は人によって大きく異なり、短ければ3ヶ月ほど、長い人では1年以上かかるケースもあります。

産後脱毛の主な原因と早く解消するためのポイント

出産や育児は、精神的に大きなストレスがかかるものです。生活が不規則になったり食事の栄養バランスが乱れたり、慣れない育児にストレスが溜まったりします。精神的・肉体的なストレスが重なることによって健康な髪の毛が育たなくなったり、髪の毛を維持できなくなったりするため、抜け毛が増えることも多いようです。

産後脱毛症は他の脱毛症とは異なり、一定の時間が経過すれば自然に改善するため、過度に不安にならずストレスをためないことが大切です。

産後脱毛が終わった後のアホ毛に注意!アホ毛の原因とは

産後脱毛が解消されても、アホ毛が立つようになってしまったという方も多いです。生えたばかりの新しい髪の毛が伸びるまでの間は、アホ毛が立つことがありますが、それだけが原因ではないケースもあるため注意しましょう。アホ毛の原因になる髪の毛や頭皮のトラブルについて紹介します。

髪の毛が傷んでいる

パーマやカラー、紫外線によって傷んだ髪の毛のキューティクルがはがれ、髪の毛の表面の凹凸が大きくなり、アホ毛が立ちやすくなります。

さらに、傷んだ髪の毛の内側のタンパク質が流れ出てしまい、髪の内部に空洞ができると、少しの力が加わっただけでも髪の毛が途中で切れてしまいアホ毛ができる原因になるのです。

頭皮や髪の毛が乾燥している

頭皮や髪の毛が乾燥しており水分量が少なくなると、静電気が起こりやすく短い髪の毛が立ち上がって目立ちます。冷房や暖房が効いている室内でも、部屋の空気が乾燥すると髪の毛も乾燥し、アホ毛が出てしまうことが多いです。

さらに、樹脂やナイロン製のブラシを使って髪の毛を梳かすと、摩擦によって静電気が生じ、短い髪の毛が立ち上がるためアホ毛が目立ちます。

産後脱毛が終わった後のアホ毛対策方法

産後脱毛が終わった後、アホ毛が目立ってしまいヘアスタイルが決まらないとお悩みの方のために、簡単にできるアホ毛対策方法を紹介します。

髪の毛を濡らしてアホ毛を抑える

髪の毛を濡らしてドライヤーの熱で髪の毛を抑えることによって、アホ毛を目立たないようにすることが可能です。ただし、ドライヤーを使用せずに自然乾燥した場合、髪の毛が乾燥してアホ毛が目立つため、しっかりと髪の毛をドライヤーで乾かすことが大切です。

ドライヤーで髪の毛を乾かす前にタオルドライをして、洗い流さないトリートメントを使用した後にドライヤーを使うと、より効果的です。ただし、タオルドライをする際に髪の毛を擦りすぎると、髪の毛が傷んでアホ毛が目立ってしまうため注意しましょう。

スタイリング剤を使用する

スタイリング剤を使用すると、簡単にアホ毛を抑えることが可能です。特に、スプレーやワックスはアホ毛を抑えやすいでしょう。髪の毛にワックスをつけすぎるとトップのボリュームがなくなりヘアスタイルが決まらない可能性があるため、少量ずつスタイリング剤を使うことが大切です。

産後脱毛やアホ毛対策にはウィッグがおすすめ

産後脱毛が長引いている場合や、産後脱毛が解消されてもアホ毛が目立つ場合には、ウィッグでカバーしながら頭皮と髪の毛のケアをする方法が有効です。ウィッグには、フルウィッグや部分ウィッグなどいくつかの種類があります。

産後脱毛が長引いており髪の毛のおしゃれを楽しめない場合には頭部全体を覆うフルウィッグ、アホ毛のみの対策であればトップを覆う部分ウィッグを使用しましょう。

部分ウィッグは地毛のカラーに合わせて選ばなければ髪の毛になじまず、部分ウィッグを着用していることが分かってしまい不自然な印象を与えます。ウィッグの素材やカラーをしっかり確認し、自分の髪の毛の悩みに適したものを選びましょう。

着脱簡単なウィッグを使って産後脱毛とアホ毛をカバーしよう

出産をするとエストロゲンの分泌量が大幅に減少し、髪の毛が生え変わるヘアサイクルが変化することが特徴です。出産後にヘアサイクルが変化して、大量の髪の毛が抜けます。

産後脱毛が解消しても、トップの短い髪の毛が立ってしまい、アホ毛に悩むケースは少なくありません。

ドライヤーやスタイリング剤を使用してもアホ毛が立ってしまう場合や、産後脱毛が解消されずおしゃれを楽しめない場合には、着用するだけで簡単に産後脱毛やアホ毛をカバーできるウィッグを活しましょう。

関連記事
円形脱毛症は女性にも多い!?主な原因やウィッグの活用法をご紹介
産後脱毛のストレスを軽減!慌ただしい育児中でもズレないウィッグの被り方

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)