ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

円形・部分脱毛症にはポイントではなくフルウィッグがオススメ?

1138 views
約 1 分
円形・部分脱毛症にはポイントではなくフルウィッグがオススメ?

ウィッグと言えば、最近ではファッションアイテムとして非常に人気の高い商品となっており、複数のウィッグを所持しているといった人も多いのではないでしょうか?
しかし、ウィッグは何も自身のイメージを変える為のファッションアイテムとしてだけ役に立つというようなものではなく、何らかの理由で毛髪が抜け落ちてしまったに使用する医療用ウィッグとしても注目度が上がっています。
医療用として使用するウィッグと言えば、乳癌の抗がん剤治療などで毛髪が全て抜け落ちてしまう場合などに利用することが有名ですが、部分的な円形脱毛症や、びまん性脱毛症(FAGA:女性男性型脱毛症)になってしまった時などにもウィッグの使用は非常に有効的と言えます。

このような脱毛症は生活習慣の見直しが重要と言われますが、円形脱毛症や、びまん性脱毛症による薄毛や抜毛は皆さんが想像している以上の心的ストレスを与えるもので、こういったストレスを感じ続ける事は、脱毛症の進行を進めてしまう事があるのです。
そこで、脱毛症に悩む方には、人目を意識しなくていいようにフルウィッグなどを利用することをオススメします。今回は、円形脱毛症や、びまん性脱毛症(FAGA:女性男性型脱毛症)にお悩みの方に向けてウィッグの選び方をご紹介したいと思います。

脱毛所にはフルウィッグがオススメです。

皆さんは、びまん性脱毛症の様にトップばかり薄毛が目立つようになってしまう場合には、地毛を活かした部分ウィッグの方が何かと便利だと考えている方も多いかもしれませんね。部分ウィッグは必要な場所にワンタッチで簡単に着脱可能なように作られている為、ウィッグ自体も軽量で良いものなのですが、部分的に着用する物のため地毛とウィッグの境目が不自然になっていないか、ウィッグがズレていないかと気になってしまい、それを意識すること自体がストレスになり脱毛症が悪化してしまうといった事があるのです。
しかも部分ウィッグの中にはメッシュの隙間から地毛を出すようなタイプの物もあり、こういった部分ウィッグの場合地毛に負担がかかってしまう為、脱毛症の治療中の方には非常に不向きと言えます。

一方、フルウィッグの場合は、装着時に少し手間がかかる事や、部分ウィッグを購入する場合よりも費用的に高額になるなどのデメリットもありますが、頭全体にウィッグを被る事により、上述した部分的な不自然さやウィッグのズレを気にすることなく人前に出る事が出来る為、ストレスもなく脱毛症の進行を抑えるのには適しているといえるのです。

フルウィッグだと蒸れてダメだと思う方へ!

頭をすっぽりと覆うタイプのフルウィッグであれば、四六時中着用しなければならない人の場合、頭が蒸れてしまい、脱毛症の進行を進めてしまうのではないかと思う人も多いかもしれませんね。しかし、医療用に使用されるフルウィッグなどは、メッシュ時に植毛され、長時間使用したとしても蒸れにくい構造になっているようなものも存在するのです。

フルウィッグなら紫外線もカット!

皆さんもTVCMや雑誌などで、お肌にとって紫外線は悪影響を与えるものだとよく聞くため、顔や手等肌を露出する部分にはUVケアを欠かさないという方は多いのではないでしょうか?しかし、頭皮に対する紫外線を気にしたことがありますか?と聞かれると、あまり気にしたことがないという人がほとんどでしょう。
しかし、びまん性脱毛症などで髪が薄くなってしまっている場合、頭皮は紫外線の影響を大きく受けてしまうといった事も多いのです。その為、頭をしっかりとカバーできるフルウィッグは頭皮の紫外線対策としても非常に役立ち、弱った頭皮に直射日光が当たるのを防いでくれます!

脱毛症には思い切ってショートにするのもオススメ

円形脱毛症やびまん性脱毛症になってしまうと、容赦なく毛髪が抜け落ちてしまうといった事になります。髪の毛は女性の命にも例えられるほど大事な物ですし、特に脱毛症を発症してしまった場合には髪の毛をカットすることもためらってしまうといった方が少なくありません。
しかし、脱毛症になってしまった時には、思い切ってバッサリ髪の毛を切りショートカットにしてしまうという事も非常に有効的と言えます。それな、長い髪の毛であれば髪の毛の重さによって毛根にダメージを与えますし、櫛を通すときにも抜毛が多くなってしまい、結果的に脱毛症の面積を広げてしまうといった事にもつながりかねませんし。しかし、ショートカットにすれば、髪の毛の重さも軽減される事や、何よりフルウィッグを着用する時には単発の方が自然な仕上がりになるのです。

治療によって脱毛症が完全すれば、どちらにせよ髪の毛を整える為にカットが必要になるのですから、治療中は頭皮の負担や、ウィッグの手間や自然さを考えた時にはショートカットにすることは非常にオススメと言えます。

まとめ

今回は、円形脱毛症やびまん性脱毛症を発症してしまった時に、余計なストレスにならないようにするにはどうすればいいのかという点についてご紹介しました。脱毛症を発症してしまうと、毛髪が抜け落ちてしまった事から人前に出る事がストレスになるという方は非常に多いです。しかし、そのストレスは脱毛症をさらに悪化させてしまう事があるという事も覚えておきましょう。
近年では、ウィッグの進化も著しく高品質の物であれば近くで見てもウィッグを着用していると全く気付かれることもないというようなものも多く販売されています。こういったウィッグを着用し、自然に自分らしく楽しむことが脱毛症の治療には非常に重要だという事を覚えておきましょう。
また、上述の通り、脱毛症で残った毛髪はカットしたくないと思う人が多いものですが、実はこれは脱毛症の範囲を広げてしまう可能性があります。髪の毛が長いと上述したようなデメリット以外にもシャンプーした時のすすぎ残しなどの可能性が高くなり、頭皮に悪影響を与えてしまうといった事もあるのです。
今の時代、脱毛症を発症したからと言っても自然に隠せるウィッグも多くあります。脱毛症には、精神的なストレスを減らす事や、生活習慣を直すことが非常に重要と言われますが、フルウィッグの着用は脱毛症を改善させるには非常に役立つものと言えますよ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)