ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

今一わからないウィッグとエクステ!その違いとメリット・デメリットをご紹介。

2022年9月21日
1269 views
約 1 分
今一わからないウィッグとエクステ!その違いとメリット・デメリットをご紹介。

髪型を変える『ヘアアレンジ』や髪の毛の色を変える『ヘアカラー』は、現代では欠かせないおしゃれの一つですよね。しかし、お仕事や学校の関係で気軽に髪の毛の色を変える事はできないし、ショートヘアーであまりヘアアレンジもできないという方も少なくありません。
そんな方の強い味方でガラッと見た目の雰囲気を変えてくれるアイテムとしてウィッグやエクステがおしゃれアイテムとして近年非常に人気が高いです。みなさんの中にもウィッグを購入してキュ実は着用していると言った方や、美容院でエクステをつけていると言った方は多いかもしれませんね。
ここでふと疑問に思う事で、『ウィッグ』と『エクステ』って何が違うの?という事ではないでしょうか。ウィッグには部分的に着用する『ヘアピース』等もあり、用途はエクステとあまり違いがないように思うし、ただ単に名前が違うだけなの?等と質問を受ける事も少なくはありません。
そこで今回は『ウィッグ』と『エクステ』の違いをご紹介するとともに、それぞれのメリット・デメリットもご紹介したいと思います。

『ウィッグ』と『エクステ』の線引きってどこ?

一言にウィッグと言ってもその種類は様々で、フルウィッグやキューブウィッグ、医療用ウィッグなどそれぞれの用途によって「○○ウィッグ」などと呼称されることが多いです。その中でも前髪や襟足など部分的に着用するタイプの物を『部分ウィッグ』と呼部のですが、襟足に使用する襟足ウィッグが商品によっては『襟足エクステ』などと呼ばれる為、余計にややこしい状況になっているのです。それではどこに『ウィッグ』と『エクステ』の線引きがあるのでしょうか?

本来は『ウィッグ』と『エクステ』とは全く違う商品なのですが、「襟足ウィッグ(エクステ)」の様にウィッグの機能を持っているのにエクステと呼ばれる商品もあり、一部メーカーが混同して商品名を使用している事によって消費者の疑問になっているのでしょうね。

エクステは美容院でつける物です

それでは『ウィッグ』と『エクステ』の違いについてご紹介しましょう。
まずエクステについてですが、これは「ヘアエクステンション」を略してよんでいるもので、人毛や人工毛で作られた毛束の事を指しています。エクステの毛束は少量の毛の集まりで、エクステをつけるときは自分のしたいスタイルに合わせた毛束の量や長さを選んで襟足につけ、ヘアスタイルを変える事が出来るものです。
エクステの大きな特徴は、基本的に美容院などにいってつけてもらう必要があるという事で、美容院では顧客の希望するスタイルに合わせて専用の接着剤や金属チップ、編み込み等の方法でエクステつけます。美容院で一度つけたエクステは施術方法によって前後しますが1~3ヶ月程度持つと言われます。

次にウィッグですが、エクステとの大きな違いは自分で装着して、取り外しも自分で出来るという事です。また、エクステは一度つけるとつけっぱなしになりますが、ウィッグの場合は必要時以外は外しておけると言うのも大きな特徴です。

上記の様に『ウィッグ』と『エクステ』の線引きは、「エクステは美容院でつけてもらうつけ毛で、ウィッグは自分で脱着できる物」と思っておけば問題ないかと思います。

補足
エクステは「付けるもの」でウィッグは「被るもの」という線引きをする方もいますが、部分ウィッグ等は基本的にエクステの様に『付ける』という表現が使われるため、この線引きは少し違うでしょう。

『ウィッグ』と『エクステ』のメリット・デメリット

ここまでは『ウィッグ』と『エクステ』の線引きについてご紹介しましたので、次にそれぞれのメリット・デメリットについて触れておきます。最初にも触れていますが『ウィッグ』と『エクステ』は全く違う商品な為、それぞれのメリットも違いが出てきます。

『エクステ』のメリット・デメリット

エクステの大きな特徴は、編み込みや接着剤などを利用して地毛に直接つけるため自分の髪の毛と馴染みやすいという事です。その為、ヘアアレンジをしようと思った場合はウィッグより容易にできます。また、簡単に外れないようしっかりとつけられるため、安定感がある事もメリットの一つです。
しかし、接合部の問題でシャンプーをするときに少しコツがいる事など普段のお手入れは地毛よりも大変になります。エクステにおける最も大きなデメリットは美容院に行って施術をしなければならないという事で、エクステにはコストと手間が掛かります。また、一度付けると自分で取り外しができない為、気軽にヘアアレンジを楽しむといった事にはあまり向いていないかもしれませんね。

『ウィッグ』のメリット・デメリット

次にウィッグのメリットです。ウィッグはエクステと比較して自分で着脱が出来る為気軽に楽しむことができるといった点が大きなメリットです。以前のウィッグは「ウィッグをかぶっている事がバレバレ」といった感じで恥ずかしいと言う方も多かったですが、近年では品質が飛躍的に向上し、おしゃれ目的にウィッグを使用している方は非常に増えています。また、価格帯もリーズナブルな物も多く販売されているので、品質の兼ね合いを見て選択肢が多いのも良いですね。
ただし、ウィッグはその品質が大きく違う為、購入して着用してみるとつむじが不自然だったり、なんか違和感があるなどといった事もあるので選び方は気をつける必要があります。また、部分ウィッグを地毛になじませるテクニック面や、ウィッグのお手入れが必要な点はデメリットとしてあげられます。

まとめ

今回は同じような用途で使用する為、一般の人にはなかなか線引きが分からない『ウィッグ』と『エクステ』の違いについてご紹介しました。
『ウィッグ』と『エクステ』の違いは自分で着脱するか、美容院にいって着脱してもらうのかというのが一番わかりやすい線引きです。どちらもおしゃれ目的で使う物なので出来るだけ自然な仕上がりになるようにというのが皆さん同じ重いでしょう。しかし、ウィッグの場合、ウィッグ初心者の方が何も知らずにウィッグを購入してしまうと色味が思ったものと違うといった場合や、着用してみると不自然に見えるなどといった事も少なくありません。したがって初めてのウィッグ選びなどはウィッグ専門店などに行ってプロのアドバイスを受けてみる事をオススメしますよ。