ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

素材によって違う!人工毛ウィッグのメリット・デメリットとは?

2018年3月7日
783 views
約 1 分
素材によって違う!人工毛ウィッグのメリット・デメリットとは?

皆さんは『ウィッグ』と聞いてどのような素材で作られていると思いますか?

「髪の毛の代わりに頭に被る物なのだし、人の髪の毛じゃないとバレるでしょ…?」
「いちいち髪の毛を集めてウィッグ作るとかそんなことないでしょ?さすがに髪の毛に似せた繊維でしょ!」

等、様々な意見が聞こえてきそうですが、実はどちらも正解です。一般的に通販やウィッグ専門店で販売されているウィッグには、フルウィッグやハーフウィッグ、部分ウィッグ、医療用ウィッグ等、種類も様々ありますが、素材的には基本的に3パターンです。それは、人毛を使ったウィッグと人工毛(化学繊維)を使ったウィッグ、さらに人毛と人工毛をミックスした『人毛ミックス』と言われるウィッグです。

これらのウィッグは、もちろん素材によってその特徴も様々で、お手入れ方法や見た目、価格など庵ろな違いがある為、最初のウィッグ選びの時に注意して選ばないと後々後悔してしまうという事につながりかねません。
そこで今回は、一般的にリーズナブルな価格で手に入る『人工毛ウィッグ』のメリットやデメリットをご紹介したいと思います。

[clink url=”https://wig-column.com/wig-tips/163/”]

止まらない人工毛ウィッグの進化!

皆さんは『人工毛ウィッグ』にどのようなイメージを持っていますか?
あくまでも人毛に見えるように『人工的』に作った毛なのだから、安いのかもしれないけど品質は微妙で「テカテカ&ツヤツヤでどうせすぐウィッグってバレるんでしょ」等というイメージを持っている人が多いかもしれませんね。しかし、近年の人工毛ウィッグは長年の商品開発と技術力の進歩もあり、まるで本物の髪の毛の様な見た目の人工毛ウィッグが開発されています。
もちろん、人工毛ウィッグは人毛ウィッグと比較すると劣る点もありますが、逆に人工毛ウィッグだけのメリットも多々あります。

人工毛ウィッグの素材は基本ポリエステル繊維

人工毛ウィッグは化学繊維(ファイバー)で作られているという事は皆さんわかりますよね?基本的に近年の人工毛ウィッグにはポリエステル繊維が使用されていますがショップによっては合成繊維等という素材で表記されていたりします。

ポリエステルを素材とした人工毛ウィッグは、触った感触や見た目が人毛に近く、人工毛ウィッグが嫌がられる大きな理由であるテカリや化学繊維独特のツヤも抑えられます。また、ポリエステルが現在主流となっている大きな理由には、ポリエステル独特の「形状記憶」という性質がある為です。
この形状記憶という特性はウィッグに使用するときに非常に便利で、ウィッグにつけられているスタイリングが長持ちする為、日々のウィッグ利用が非常に楽になります。皆さんも朝にスタイリングした髪型が、夕方には崩れて大変などと言う経験はありますよね。しかし、人工毛ウィッグはポリエステルの「形状記憶」という特性がある為、そのような心配がありません。

人工毛ウィッグのメリット

それではまず人工毛ウィッグのメリットをご紹介したいと思います。上で紹介した「形状記憶」という特性も大きな特徴ですが他にも様々なメリットがあります。

安価で種類も豊富な人工毛ウィッグ

まず人工毛ウィッグの大きなメリットと言える点は『安価で種類が豊富』という点ですね。見た目の自然さという点ではどうしても人毛ウィッグに勝てないと言う面はありますが、種類の豊富さは圧倒的で高品質で高級な物から安価なものまで様々です。その為、ファッション用にある程度の品質でも安価な物をたくさんほしい方や、ウィッグ初心者の方がためしに買って見るときにはオススメです。

デザイン性も豊富

人工毛ウィッグは、人毛ウィッグと比較しても多くのデザインの物が用意されています。ウィッグを販売するメーカーも増えていますので、各メーカーが若者向けに商品開発に力を入れており、遊び心のあるカラーの物やデザインがおしゃれな物等、シーンによってウィッグを楽しむことができます。また、近年では高品質な物でもリーズナブルに手に入るようになっています。

お手入れも楽チン

ウィッグはどの素材の物でも日々のお手入れが必要です。人工毛ウィッグはそのお手入れ時が比較的に楽で、ウィッグのシャンプー後も乾きやすいという特徴があります。また、ポリエステルの特性である形状記憶がある為、ウィッグスタンドにかけて乾燥させるだけでもスタイリングを保ってくれます。人毛の場合は、毛がうねるなど最初は苦労するお手入れですが、人工毛ウィッグの場合は初心者の方にも扱いやすいと思います。

使用時も楽チン

初めてウィッグを着用する方は重みで肩や首が凝るといった事が少なくありません。人工毛ウィッグは人毛と比較すると軽量なので初めての方もストレスが少ないです。また、耐熱性の人工毛ウィッグであればコテやヘアアイロンを使ってヘアアレンジすることも可能です。

人工毛ウィッグのデメリット

それでは最後に人工毛ウィッグのデメリットにも触れておきます。人工毛ウィッグの最大のデメリットはやはり人毛ウィッグと比較するとそうしても『不自然』に見えてしまう場合があるという事です。人工毛ウィッグの中には色や材質で地毛と馴染みにくいものもあり、ウィッグ選びで間違えてしまうと着用してみると違和感が…なんてことも少なくありません。

また、材質的な特徴もあり静電気が帯電しやすいと言う点もデメリットの一つです。その為、冬場の着用などで静電気がキライという方は静電気対策をきちんと施す必要があります。ウィッグの静電気対策は以下の記事もご覧ください。

[clink url=”https://wig-column.com/wig-trouble/191/”]

まとめ

今回はウィッグの中でも比較的安価に購入出来る人工毛ウィッグのメリットやデメリットについてご紹介しました。人工毛ウィッグは商品開発力や技術力の進化によって高品質の物であれば、本物の髪の毛の様な見た目を実現しているものも最近では販売されています。しかし、初心者の方等が初めてネット通販で人工毛ウィッグを購入した時などは思ったより不自然だった等という事も少なくないのでウィッグ選びには細心の注意が必要になります。

最初のウィッグ選びを絶対に失敗したくないと言う方はウィッグ専門店に赴きプロのアドバイスを聞いて購入するのが良いかもしれませんね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)