ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

ラメみたいなエクステ!ヘアティンセルとは?

2023年2月24日
611 views
約 1 分
ラメみたいなエクステ!ヘアティンセルとは?

ラメみたいなエクステが最近の若い方を中心に注目されています。韓国・ソウルで人気急上昇しているティンセルガールは、メイクだけでなくヘアにもさりげなく取り入れることで可愛さ倍増!

お出かけの際や大切な日に思いっきりオシャレしたい日など、様々なシーンで大活躍するアイテムです。今回は、そんな注目のヘアティンセルについてご紹介します。ヘアティンセルの付け方や活躍できるシーンなどについて解説しますので、参考にしてください。

ラメみたいなエクステ!ヘアティンセルとは?

ヘアティンセルとは、キラキラ光るラメのようなエクステのことをいいます。いつもと代わり映えしないヘアスタイルに、ラメのようにキラキラしたエクステをつけることで、オシャレ上級者のようなワンポイントをプラスすることができます。

普段ヘアカラーができない方でも、お手軽で簡単にイメージチェンジすることが可能になります。また、さりげないラメ感がとっても可愛く、その日の気分によって変えられることも人気の理由の一つでしょう。

より目立たせるには、ダーク目の髪色にティンセルをつけること。カラーのコントラストでティンセルのラメ感を際立たせることができます。

火付け役はK-POPアイドル!

ヘアティンセルの火付け役となったのは、2019年にK-POPアイドル(少女時代・GFRIEND・TWICEなど)が着用していたことがきっかけとなっています。さらに遡ると、元々は2010年にビヨンセがグラミー賞で付けていたことがきっかけですが、K-POPアイドルが着用したことで再燃しています。

1本タイプとワンタッチタイプがある

ヘアティンセルは、1本タイプとワンタッチで付けるタイプがあります。1本タイプは、髪の毛1〜2本に対して1本のヘアティンセルを結びつけます。ワンタッチタイプは、1束のヘアティンセルを髪の内側に付けるものです。

1本タイプとワンタッチタイプでは、1本タイプの方がさりげないオシャレを演出することができるので人気となっています。より目立たせるには、ワンタッチタイプがおすすめです。

ヘアティンセルの付け方を解説

ヘアティンセルの付け方についてご紹介します。自分でつける方法と美容室でつける方法があるので簡単に付けられる方法を選んでみましょう。

美容室で付ける

1本タイプのヘアティンセルをつけるには、美容室にお願いする方法が確実です。髪の毛1〜2本に対して1本のティンセルを結びつけるので、とても細かい作業となります。全体的なバランスを見ながら綺麗に仕上げるには、髪の毛の専門である美容室がおすすめです。美容室によっては、持ち込みがOKなところもあるので事前に確認しましょう。

美容室でつけてもらう場合、持ちは通常のエクステと同じくらいです。外す際は、自分で外すことも可能ですが、地毛も一緒に抜いてしまうこともあるので自然に外れるのを待ちましょう。

ウィッグ用ヘアクリップを使う

ティンセルをつける際は、器用な方は自分でつけることができるかもしれません。しかし、とても細かい作業なので、セルフでつける場合はウィッグ用ヘアクリップを使用することがおすすめです。

ヘアクリップの両サイドに、自分の好きな色のティンセルを結びつければOKです。ティンセル付きのヘアクリップを髪の内側に付けることで自然な仕上がりになります。付ける位置ですが、表面から2㎝ほど分け取った内側がおすすめです。髪がなびくとティンセルがキラキラと見えてとてもオシャレ!

クリップならその時の気分により変えることができ、簡単に取り外しもできるのでおすすめです。アレンジする際も影響されることはありません。

通常のエクステとはどう違う?活躍シーンはいつ?

ヘアティンセルとエクステの違いについて解説します。また、ティンセルが活躍できるシーンについてもご紹介しますので、ぜひ活用してみてくださいね。

ヘアティンセルは人工ファイバー

ヘアティンセルは、人工ファイバーでできています。エクステは、人毛でできているものも多く耐熱になっているのでアイロンやコテに対応していますよね。しかし、ヘアティンセルの場合、熱に弱い材質がほとんどですのでコテの使用は避けた方がいいでしょう。

耐熱用ファイバーの場合も、なるべく150°以下での使用を心がけましょう。

ヘアティンセルが活躍できるシーン

ヘアティンセルは様々なシーンで活躍できますが、通常の使用の他に以下のようなシーンでの使用がおすすめです!

  • 体育祭
  • ライブ
  • 成人式
  • 卒業式
  • 結婚式や二次会

ヘアティンセルは、たくさん付けると派手にアレンジすることもできるのでライブ会場や体育祭での使用もかなり目立つことができるでしょう。

デメリットとして、上記でもお伝えしたように熱に弱いことです。カールを付けたとしても長持ちしないのでおすすめはストレートヘアです。結婚式や成人式などの場合は、ティンセルをつけて、アップスタイルにすることでカールが取れても目立つことなくラメがポイントとなりかわいく仕上げることができるでしょう。

ヘアティンセルでワンポイントのオシャレを楽しもう

ヘアティンセルについてご紹介しました。

ヘアティンセルは、ラメのようにキラキラしたエクステで若い方を中心に人気を集めているアイテムです。卒業式・成人式・結婚式の他に、体育祭やライブに行く際など、様々なシーンで大活躍するヘアティンセル。

髪の毛にワンポイントとしてラメが付いていると、とてもキレイですよね。普段髪を染められない方は、いつでも取り外し可能なヘアティンセルがおすすめです。付け方はウィッグ用のクリップを使うこと。

アクアドールでは、ウィッグ用の様々なアイテムが多数揃っているのでご希望のアイテムが見つかるでしょう。普段のオシャレにワンポイントプラスしてみてはいかがでしょうか。
アクアドールのウィッグ用クリップはこちら

【関連記事】
ポニーテールリングとは?洗練されたヘアスタイルを簡単ワンタッチで
部分ウィッグで簡単にヘアアレンジを楽しもう!