ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

ウィッグ愛用者の悩みBEST3~職場編~

2020年2月28日
156 views
約 1 分
ウィッグ愛用者の悩みBEST3~職場編~

職場でウィッグを着用している人のなかには、ウィッグを着用することに関して悩みを持つ人も多いです。いつもと異なるヘアスタイルを楽しみたい人や、前髪を切りすぎたので隠したい人、明るい髪色を隠したい人など、様々な理由から職場でウィッグを着用する人もいますが、店舗によってはウィッグを着用することは望ましくないというケースもあります。

特に、飲食店や小売店ではウィッグを着用することを禁止しているケースもあるのです。そこで、職場でのウィッグの着用について、特に悩みの多い、接客業で働いている人の悩みを中心に紹介します。

職場での悩み1:ウィッグの着用が禁止されている

飲食店スタッフをはじめとする接客業では、職場でウィッグを着用することを禁止しているケースもあります。理由としては、店内でウィッグの毛が抜けてしまい清潔さを維持できなくなるといった衛生管理に関する問題や、利用者からのクレームが入る可能性、職場の社内規定、頭皮が濡れたり痒くなったりすることで従業員の健康を害するリスクや衛生面に問題がある、規律が乱れることなどが理由として挙げられます。

自然に見えるウィッグの場合は利用できるのではと考える人も多いですが、ウィッグを全面的に禁止としている店舗も存在するのです。しかし、ウィッグを全面的に禁止とすると、薄毛で悩んでいる人や医療用のウィッグを着用している人に対する問題も発生します。

アルバイトであっても雇用されて勤務する場合には、応募する際やウィッグを着用する前に責任者の許可を得る必要があるでしょう。

職場での悩み2:好きなウィッグを着用できない

ウィッグを着用しても問題はない場合でも、カラーやヘアスタイルについて店舗ごとにルールが異なります。例えば、髪色は黒髪でなければならないお店と、カラーは自由であるといったお店が存在するのです。

個人店の場合は、オーナーの感覚によって異なるケースもあるでしょう。ウィッグの着用については店舗ごとに違いがあるため、着用したい事情がある場合には事前に相談する必要があります。

職場での悩み3:ウィッグがズレることで不自然に見えてしまう

他の人がウィッグを着用している際に、「ヘアスタイルが不自然である」と感じた経験がある人も多いのではないでしょうか。ウィッグを着用する場合には、可能な限り周囲に知られないように着用したいと考える人も多いでしょう。

ウィッグがズレたり浮いたりしていると、非常に自然で違和感を与えます。ウィッグがズレると、自分ではすぐに気づかないケースも多いです。ウィッグであることやウィッグが不自然であることを指摘されるのは、非常に恥ずかしいでしょう。ウィッグの着用が許される職場であっても、ウィッグを固定し、自然に見えるように意識しなければなりません。ウィッグがずれないように、しっかりと固定しましょう。

着用するウィッグがテカっていたり毛量が多かったり、つむじ・分け目の作りが丁寧でなかったりすると、ウィッグがズレていなかったとしても不自然に見える可能性が高いです。また、ウィッグのカラーと地毛のカラーが異なる場合にも、不自然に見えてしまいます。

人毛ウィッグといった高品質なウィッグは、ウィッグであることが気づかれない可能性が高いです。より自然に見せるために、ヘアアレンジやアクセサリーで自然に見せるといった方法も良いでしょう。

ウィッグには魅力もたくさんある

ウィッグは種類が豊富であり、職場でウィッグを着用することが許可されている場合には様々なヘアスタイルを楽しめることが魅力です。例えば、フルウィッグは頭全体をカバーするのでファッションウィッグだけではなく医療用としても利用されています。ヘアスタイルを変更したいときにおすすめであり、パーマやカラーをすることによって自分の理想通りのヘアスタイルに作れることが魅力です。

ハーフウィッグと呼ばれる種類は、前髪を利用して頭を半分程度カバーする種類であり、頭全体にかぶるのではないことから非常に軽いつけ心地で、蒸れにくいでしょう。

部分ウィッグはつむじにかぶせるタイプのウィッグであり、トップにボリュームを出したい時におすすめです。キューブウィッグは髪の量を増やすタイプで、非常に自然に見せられます。前髪ウィッグは、前髪のみに付ける部分ウィッグの1つであり、正面から見たときの印象を変えられることが魅力です。

職場でウィッグを着用する際にはルールを守ろう

職場によっては、ルールでウィッグの着用が禁止されているケースもあるので注意しなければなりません。また、職場でウィッグを着用する際にはズレないようにすること、自然に見えるようにテカリを抑えるアレンジをしたり、高品質なウィッグを着用したりすることも大切です。

衛生面に注意して、ブラッシングしたりメンテナンスしたりすることも重要だといえます。特に接客業の場合は、見た目の清潔感にも配慮してウィッグを着用しましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)