ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

ショート?ロング? ウィッグを選ぶならどっち?

2019年5月17日
983 views
約 1 分
ショート?ロング? ウィッグを選ぶならどっち?

増えてきているウィッグの種類

昨今、オシャレ目的でウィッグを着用する人が増えてきており、さまざまなバリエーションがあります。ショートへアからロングヘアまであり、毛先に動きを持たせたものやカラーの違いまで、たくさん揃っていて、簡単にイメージチェンジをするにはうってつけです。

また、まとめ髪をきれいに見せるよう、あらかじめお団子ヘアやポニーテールが簡単に作れるタイプもあり、上手に活用することでヘアスタイルを思い通りに整えることができます。ヘアスタイルをもっといろいろ楽しみたいとウィッグを検討している人が最初に悩むのは、ショートヘアかロングヘアのどちらのウィッグがいいのかということでしょう。

結論から言いますと、どちらにもメリットとデメリットがあり、どちらかがより優れていて、どちらがより劣っているとは言えません。そのため、それぞれのメリットとデメリットをしっかり理解したうえでウィッグにどちらを選ぶかを決めることが大事です。

 

ショート丈のウィッグのメリット

ウィッグには部分的に髪を付け足すものもあれば、フルウィッグと呼ばれる頭全体にすっぽりとかぶるものもあります。また、本物の人の髪を使った人毛でできたものもあれば、ファイバーと呼ばれる人工的な化繊から作ったものもあり、値段は人毛の方が高くなるのが特徴です。

ショート丈のウィッグの場合、当然のことながらすっぽりとかぶってしまうにしても、ロング丈に比べると髪そのものの量が少ないため、絡みにくいというのが最大のメリットです。そのため、高価な人毛でなく、安価なファイバー毛でも十分オシャレに見えますし、リーズナブルな価格で手に入るため、いろいろバリエーションを揃えて楽しむことが可能です。

人毛タイプを選んだなら、冬に起こりがちな静電気も少なくて済みますし、夏場のメリットはなんといっても涼しいことで、汗っかきの人は特にショート丈の方がメリットが多いと感じられるでしょう。

 

ショート丈のデメリット

ショート丈を選ぶ場合の一番のデメリットは、そもそも髪が短いためにヘアアレンジをしようにもそれほど変化が生まれないことです。ウィッグは人毛でできたものにしろ、ファイバー製にしろ、はさみを入れることが可能なため、美容室に持っていけばいろいろアレンジしてくれます。

とはいえ、もともとショート丈のウィッグはアレンジするためのカットも限られてきますし、一度カットしてしまうと当然のことながら元に戻すことはできません。そのため、ショート丈のウィッグはいくつか異なるタイプを揃えたり、カラーの違いで変化をつけることになり、必然的に増えてしまうのがデメリットになってきます。

 

ロング丈のウィッグのメリット

ロング丈のウィッグを選ぶメリットは、ショートヘアの人なら一瞬で別人のように変身できることです。それでいて、ウィッグを外せば自分の髪自体はショートヘアのためにお手入れがしやすく、その日の気分によってイメージチェンジが簡単にできます。

さらに、ロング丈といっても真っすぐで美しいストレートヘアから、お姫様感満載の毛先くるくるヘアまでいろいろありますので、洋服に合わせたり、出かける先によって変えたりするといったことが簡単にできるのもメリットです。

自前のショートヘアが寝ぐせで手が付けられず、ヘアスタイルを整えている時間がないというときは、すっぽりかぶるタイプがほとんどのロングヘアウィッグなら、かぶるだけであっという間にヘアスタイルが出来上がってしまうのもメリットと言えるでしょう。

ロング丈もまた、ヘアサロンに持っていけば、はさみを入れてレイヤードスタイルにしてくれたりといった加工ができますので、ヘアスタイルのバリエーションを変えるという点では、ショートヘアに比べて多くの選択肢があるのがメリットです。

 

ロング丈のデメリット

自分自身の髪でも経験することですが、長いとどうしても髪がもつれやすくなります。特に冬場の乾燥する季節は、ファイバー製のウィッグは髪が絡みやすく、扱いにくいのが最大のデメリットです。

人毛ならファイバーよりももつれにくくなりますので、ロング丈のウィッグはできればすべて人毛のものを選ぶのがおすすめですが、当然のことながら値段は高くなります。そのため、ヘアバリエーションをいろいろと楽しみたくても、高価な人毛のウィッグはいくつも買えないという点がデメリットになってきます。

いくつも揃えたいなら、最も取り扱いしやすい人毛100%ではなく、ファイバーと人毛のミックスを選ぶことで値段を下げるといった選択に迫られる点はデメリットと言えるでしょう。

 

それぞれのメリットとデメリットを考えて選ぶのがおすすめ

ショートとロング、どちらのウィッグにもメリットデメリットがある以上、どちらを選ぶかは、デメリットを考慮してもメリットが多いと感じるかどうかということになります。そのためにもどちらの特徴も知ることが大事で、それによって自分のなりたいヘアスタイルになれるはずです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)