ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

冬におすすめのウィッグ!防寒対策をしながらおしゃれを楽しもう!

2021年11月30日
178 views
約 1 分
冬におすすめのウィッグ!防寒対策をしながらおしゃれを楽しもう!

ウィッグは簡単にヘアアレンジができるだけではなく、防寒対策にも役立つことがメリットです。イヤーマフやマフラーで防寒対策をする方法も有効ですが、ウィッグを活用して寒い冬におしゃれを楽しむのも良いでしょう。

そこで、冬に防寒対策をしながらウィッグでおしゃれを楽しむ方法と、冬におすすめのウィッグの選び方について紹介します。

冬にウィッグがおすすめの理由

ウィッグには、フルウィッグ、部分ウィッグなどいくつかの種類がありますが、フルウィッグはかぶるだけで髪型が完成するため非常に楽なことがメリットです。また、ロングタイプのフルウィッグは、うなじや耳を覆うため、防寒対策にも役立つでしょう。

例えば、カールが施されたフルウィッグにニット帽をかぶれば、簡単に冬のヘアアレンジが完成します。急いでるときやアレンジをするのが面倒な時にも最適です。

冬におすすめのウィッグのカラー

冬の防寒対策におすすめのウィッグは、カラーバリエーションが豊富なことが魅力です。トレンドや季節のファッションアイテムに合うカラーのものを選んで、冬のおしゃれを楽しみましょう。

特におすすめのカラーを3種類紹介します。

ベージュ

ベージュカラーは、冬はもちろんどの季節でも人気のカラーです。柔らかいベージュカラーは、どのようなカラーとも合わせやすいため、トップスやアウターの色を問わず使用できることがメリットです。

アッシュ

アッシュは、トレンドのくすみカラーの定番ともいえるでしょう。グレーがかったくすみカラーは、こなれ感を演出できます。秋や冬のアッシュカラーは、深みがあるものが人気です。

グレージュ

グレーとベージュを組み合わせたカラーであり、冬の定番カラーのひとつです。グレー系はパサついた印象になりますが、ベージュが加わることによってツヤ感が増します。冬のグレージュは、くすみが強く濃い色のものを選ぶと、冬のファッションアイテムに合わせやすいでしょう。

冬におすすめのウィッグアレンジ方法

冬にウィッグを着用する際には、ストレートヘアーで清潔感を出すのも良いですが、アレンジをするのもおすすめです。そこで、冬に最適なヘアアレンジをウィッグの種類ごとに紹介します。

ボブスタイルのウィッグのアレンジ

ボブスタイルは、ウィッグをひとつに束ねたシンプルなヘアアレンジですが、首元が少し出るためハイネックのファッションアイテムにも合わせやすいでしょう。ウィッグを下の方で束ねたうえで、トップやサイドの毛束を引っ張って崩し、抜け感を演出します。

前髪を軽く巻いてワックスをつけ、冬に最適なしっとりとした質感に仕上げることがポイントです。

ミディアムのウィッグのアレンジ

ミディアムのウィッグは、ハチ回りを分けて取ってお団子を作り、ハーフアップにします。ざっくりとしたお団子にすると、ニットワンピースやボリュームのあるアウターに合う、ゆるふわ感を演出できるでしょう。

セミロングやロングスタイルのウィッグのアレンジ

セミロングもしくはロングスタイルのウィッグは、耐熱性のものを使用し、ヘアアイロンでゆるいカールをつけましょう。

しっかりとカールをつけるよりも、ふんわりとしたカールに仕上げることがポイントです。前髪も軽く巻いて毛束をほぐし、前髪には透け感を出します。ゆるいカールのヘアスタイルは帽子をかぶりたいときにも最適です。

冬のウィッグアレンジのポイント

冬にウィッグを使用する場合、防寒対策として活用するのはもちろん、ヘアアレンジをしておしゃれに見せることも大切です。そこで、冬のウィッグのアレンジをする際のポイントを3つチェックしていきましょう。

ふんわりと仕上げる

冬はオーバーサイズのミッドやマフラーなどのファッションアイテムを使って、女性らしい雰囲気を演出するという方も多いでしょう。

ウィッグも同様に、ゆるめのカールが施されたウィッグや毛先が内側にカールしたスタイルのウィッグを活用するのがおすすめです。ストレートのウィッグは、耐熱性をチェックしたうえでゆるふわアレンジをしましょう。

軽い印象になるよう意識する

冬は厚着をするため着太りしてしまい、ヘアアレンジによっては頭から足まで全身のシルエットが大きく見えてしまう可能性があります。厚着をしていても重くならないよう、軽いヘアアレンジにすることがポイントです。

首元が少し出るようなカジュアルなヘアアレンジをしたり、ウィッグで耳を隠して防寒対策をしつつ首元はすっきり見せたりと、全体のシルエットが丸くならないようファッションに合わせたヘアアレンジをしましょう。

最後に髪型を崩す

トレンドのヘアスタイルを作るのであれば、最後に髪型を崩すことがポイントです。襟足やフェイスラインから後れ毛を出し、トップは髪をつまむようにして引っ張ってボリュームを出しましょう。

冬は防寒対策のためにもウィッグを活用しよう

冬は、マフラーやイヤーマフなどの防寒グッズを使用するのも良いですが、ウィッグで耳や首元をカバーして防寒対策をする方法も有効です。

ウィッグには、カラーや毛の長さなど様々な種類があるため、自分が持っているファッションアイテムや冬のトレンドに合わせたウィッグを選びましょう。

【関連記事】
冬のお悩み解決!”すぐできる”ウィッグの静電気対策を紹介
冬のウィッグはマフラーなどで絡みやすい!事前にできる対策は?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)