ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

冬にウィッグが絡まりやすいのはなぜ?

2021年1月24日
65 views
約 1 分
冬にウィッグが絡まりやすいのはなぜ?

ウィッグを着用してると、毛が絡んでブラシで梳けない、ブラッシングでウィッグが傷んでしまうといったケースが多いです。特にロングヘアウィッグや人工毛ウィッグは、冬の時期に毛が絡まりやすいため注意しなければなりません。ウィッグを梳かすのが難いと感じる場合や、毛が絡んで傷んでしまう場合は、ウィッグを丁寧に梳かしたうえで、ウィッグの毛が絡まるのを予防することが重要です。

そこで、冬にウィッグの毛が絡みやすい原因や、ウィッグの毛が絡まないように予防する方法を紹介します。冬の時期でもウィッグの毛が絡まないように予防して、好みのヘアスタイルでおしゃれを楽しみましょう。

冬にウィッグの毛が絡まりやすい原因

冬にウィッグの毛が絡まる原因は様々であり、使用しているウィッグが人工毛ウィッグなのか人毛なのかによっても異なるのです。そこで、ウィッグの素材別に毛が絡まりやすい原因を紹介します。

人工毛ウィッグ絡まりやすい原因

人工毛ウィッグは、摩擦や静電気、誤ったケア方法が原因で絡まりやすいことが特徴です。人工毛ウィッグの繊維がコートやマフラーなどの素材に擦れることによって静電気が発生し、毛が絡まることがあります。特に、ロングウィッグの場合は静電気が発生しやすいといえるでしょう。

なお、冬の時期は着用時間が短かったとしても、ウィッグに静電気が発生し、毛が絡まるケースが多いです。さらに、ウィッグは、ブラシでメンテナンスをすると毛が絡まりにくくなりますが、メンテナンス方法を誤ると毛が絡まるため注意が必要です。

人毛ウィッグの毛が絡まる原因

人毛ウィッグが絡まる原因は、汗や皮脂などの汚れが蓄積していることや、ウィッグの毛の油分がなくなり乾燥することなどが挙げられます。ウィッグのシャンプーやリンスなどのケアをしないと、地肌の汗や皮脂がウィッグについてしまうため、毛が固まって絡むことが多いです。

また、シャンプーをすると少しずつウィッグそのものの油分が少なくなることが特徴であり、ウィッグの油分がなくなると毛が乾燥するため絡まる原因になるでしょう。特に、何年間も使用しているウィッグの場合はシャンプーをしている回数も多く、毛が乾燥しやすく絡まりやすいため注意しましょう。

冬にウィッグの毛が絡まった場合の対処法

ウィッグの毛が絡まっていると、ブラシで梳かすだけで簡単に元に戻せない場合もあるでしょう。しかし、ウィッグの毛が絡まっている場合でも、ポイントを押さえてケアをすることによってウィッグを傷めずスムーズに綺麗なウィッグに戻すことは可能です。

冬にコートやマフラーとウィッグが擦れて毛が絡んでしまった際は、手ぐしで無理に梳かさないように注意しましょう。力を入れてウィッグの毛を梳かそうとしても、ウィッグの毛が絡まりダマになったり、毛が抜けたりする場合があります。

ウィッグ専用のブラシを使用する

ウィッグの毛を梳かすためには、人間の髪の毛に使用するブラシではなくウィッグ専用のブラシを使用することが大切です。ウィッグの毛が絡んでいる部分は優しく梳かし、少しずつ毛の絡まりをほぐしましょう。

ウィッグ専用のブラシは金属製のものが一般的であり、ブラッシングの際に静電気の発生を予防できることが特徴です。特に、人工毛ウィッグは化学繊維を使用しており、プラスチック製のブラシは静電気が発生しやすいため注意しましょう。

ウィッグのブラッシングのコツ

ウィッグが絡まっている場合には、絡まっている部分を手で少しほぐしたうえで、ウィッグ全体をブラッシングすることがポイントです。ウィッグ全体を梳かした後に、目が粗いブラシを使用して仕上げましょう。最後に目が細いブラシで梳かすと、毛が絡まったり抜けたりすることがあるため注意が必要です。

ウィッグの毛が絡んでいる部分を手でほぐせない場合には、先端が尖っているコームを使用し、少しずつウィッグの毛を梳かしたうえで、全体をブラッシングしましょう。

ウィッグの毛の絡みを予防する方法

ウィッグの毛が絡んだ後に梳かすのではなく、ウィッグが絡まないように対策をすることも大切です。そこで、冬の時期に気を付けたい対策方法について紹介します。

正しいメンテナンスをする

シャンプーやリンスでメンテナンスする場合、毛が絡まないように丁寧に洗うことが大切です。ウィッグが入る容器に水を入れ、ウィッグ専用のシャンプーやリンスを使って揉むようにして洗う必要があります。自分の髪の毛と同じように洗うと、毛が絡む場合があるため注意しましょう。

オイルスプレーで静電気の発生を予防

冬の時期は乾燥が原因で静電気や摩擦が起こり、ウィッグの毛が絡まりやすいため注意が必要です。ウィッグにオイルスプレーを使用することによって、静電気が発生しにくくなり、ウィッグの毛の絡みを予防することにつながります。ウィッグ専用のオイルスプレーはシリコンが含まれており、ウィッグの表面を覆うことによって摩擦が生じにくくなり、静電気の発生も予防できることが特徴です。

冬にウィッグの毛が絡まないように予防や対策をしよう

冬にウィッグが絡んだ場合、無理に毛の絡みを梳こうとせず、丁寧にブラッシングすることが重要です。また、ウィッグを着用した後はメンテナンスをしたうえでウィッグスタンドにかけて保管すれば、ウィッグの毛の絡みを予防できます。

冬の時期は乾燥や摩擦が原因で静電気が発生し、ウィッグの毛が絡みやすいため、ウィッグ専用のオイルスプレー・シャンプー・リンス・ブラシなどを準備してケアましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)