ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

ウィッグの寿命はどれくらい?~長持ちさせるための保管方法~

2020年3月30日
83 views
約 1 分
ウィッグの寿命はどれくらい?~長持ちさせるための保管方法~

ウィッグを愛用している人は、一般的に「可能な限り長期間使用したい」と考えるでしょう。しかし、ウィッグは長期間使用していると経年劣化する消耗品であり、永久的に使用できるものではありません。メンテナンスをせずに使用していると、数回着用しただけで変質・変色し、使用できなくなる場合もあるのです。

そこで、ウィッグの寿命はどのくらいなのか、長持ちさせるためのコツについて詳しく紹介します。長期間ウィッグを愛用したい人や長持ちさせるための管理方法が分からない人は、紹介するコツを参考にして丁寧にウィッグを扱いましょう。

ウィッグの寿命の目安とは

一般的なウィッグの寿命は、毎日着用していると2年程度とされておりウィークリーズナブルな価格で販売されているファッションウィッグや比較的高品質な医療用ウィッグでも、寿命に大きな違いはありません。寿命の目安としては、紫外線によって色が変わったり繊維が傷んだりと、素材が変化したりウィッグの繊維が抜けることで全体の毛量が減ったりすることが挙げられます。

ファッションウィッグはリーズナブルな価格で購入したいと考える人が多いため、繊維が傷んだ場合には新品に買い換えることを前提に販売されています。

紫外線やスタイリング剤の影響で色あせたり、髪が縮れて傷んで見えたり、抜け毛が多かったりする場合など、不自然に見えるほど劣化している場合には早い段階でウィッグを買い換えましょう。

一方、医療用ウィッグは少しでも劣化したら買い換えるのではなく、長時間使用することを前提に販売されているため、ウィッグに適したメンテナンスをすることによって買い替え頻度を少なくすることが可能です。ウィッグのお手入れに関連した商品は、ファッションウィッグと医療用ウィッグで使用するケア用品に大きな違いはありませんが、繊維の素材によって使用するケア用品に違いがあるため注意が必要です。

ウィッグの寿命を早めてしまうNG行動とは

経年劣化するウィッグは、使用方法を誤るとその分寿命が短くなるため注意が必要です。ウィッグを使用するにあたり、主に3つのNG行動について確認しておきましょう。

高温のドライヤーやヘアアイロンを使う

ウィッグのスタイリングに高温のヘアアイロンやドライヤーを使用すると、素材に大きな負担がかかります。また、素材によってはヘアアイロンやドライヤーを使用できないため注意が必要です。ヘアアイロンやドライヤーを使用しても問題ないといわれる人毛ウィッグの場合でも、高い温度を長時間当てず短時間でスタイリングをしましょう。

さらに、ウィッグを洗う際に熱湯を使用することも、寿命が短くなる原因であるため注意が必要です。ウィッグによって異なりますが、最高でも30度ほどのぬるま湯を使用して丁寧に洗いましょう。

帽子やブラシの摩擦

ウィッグをかぶった上から帽子を着用した後、無理矢理繊維をとこうとブラッシングをすると摩擦が発生し、ウィッグの繊維に負担がかかります。ウィッグを着用する際にはある程度の摩擦がかかるものですが、繊維が絡んでいる箇所を無理やりブラッシングするといったことは避けましょう。

洗浄力の強いシャンプーを使用する

洗浄力が強いシャンプーを使用すると、ウィッグの繊維が傷む原因になります。ワックスやスプレーを使用した場合にはある程度の洗浄力が必要ですが、メンテナンスとしてシャンプーをする場合には洗浄力を重要視する必要はありません。ウィッグ専用のシャンプーやトリートメントを使用し、ウィッグに負担がかからないように汚れを落としてメンテナンスをすることが大切です。

ウィッグを長持ちさせるためのメンテナンスと保管方法

ウィッグを長持ちさせるためには、最初にウィッグ専用のオイルを使用したうえで丁寧にブラッシングをします。ブラッシングをするだけでも繊維が絡みにくくなり、繊維の流れを整える効果が期待できますが、ウィッグ専用のオイルを使用することによってホコリやゴミの付着を予防し、静電気の発生も防ぐ効果が期待できます。なお、ブラッシングはウィッグを着用する前と着用した後の2回行うようにしましょう。

シャンプーとブラッシングをして形を整えたら、ウィッグスタンドに立てて箱に入れた状態で保管します。ウィッグの毛が折れたり形が崩れたりすることを予防するためにも、ウィッグスタンドを使用することが大切です。自宅内の汚れやホコリが付着することを防ぐために、ウィッグを購入した時に入っていた箱に入れる方法が良いでしょう。

お手入れや保管方法次第でウィッグの寿命は延ばせる

気に入ったウィッグを購入しても、誤ったメンテナンス方法や保管方法によってウィッグが劣化し、すぐに寿命を迎えてしまう可能性があります。丁寧に扱うことを意識して、ウィッグ専用のケアアイテムや保管用のアイテムを活用しながら、お気に入りのウィッグを長持ちさせましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)