ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

ウェーブウィッグのお手入れ方法は?ボサボサの予防方法を解説!

2023年12月4日
1252 views
約 1 分
ウェーブウィッグのお手入れ方法は?ボサボサの予防方法を解説!

ウェーブウィッグは、かんたんに華やかな雰囲気を演出できます。
しかし「ウィッグの絡まりやボサボサが気になる」「洗い方がよくわからない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ウェーブウィッグの美しい状態を保つには、日々のお手入れを正しく行うことが大切です。
今回は、ウェーブウィッグのお手入れ方法についてご紹介します。

ウェーブウィッグをボサボサにしないためには日々のお手入れが大切

ウィッグは、長く愛用していると、どうしても状態が悪くなってしまいます。いつでも清潔できれいな状態で使用したいのに、中にはボサボサになってしまったり、絡まりができてしまったり何かしらのトラブルを抱えてしまったりしている方もいるかもしれません。

ウェーブウィッグのお手入れ方法

ウェーブタイプのウィッグは、定期的なお手入れが大切です。
ウィッグを取り外した後は、テーブルの上や床に放置せず、お手入れをしっかりと行うようにしましょう。
ウェーブウィッグの定期的なお手入れは、以下の通りです。

ブラッシングで絡まりを解かす

ウェーブタイプのウィッグのお手入れ法として欠かせないのは、丁寧なブラッシングを行うことです。毎日丁寧にブラッシングを行うとウェーブが絡み付いてしまうのを予防することができます。また、適切な方法で行うブラッシングは、ツヤ感やコシ感をアップして美しさを取り戻せます。

ボサボサを予防するアイテムを使う

一日中使用しているとウェーブがぐしゃぐしゃに絡み付いてしまったりパサパサになってしまったりすることもあります。ウェーブを長持ちさせたいのであれば、そのままの状態で放置しておくことはおすすめできません。元通りの美しい状態に戻すために丁寧にブラッシングを行うのはもちろんのこと、ウィッグ専用のスプレーなどを利用し、お手入れすることを心がけましょう。ブラッシングを行う際には、ウィッグ専用のブラシを使用すると新たなトラブルの発生リスクを軽減できます。

ウェーブを復活させるならアイロンやコテを使う

さらにブラッシングをする際には、毛先から絡みを丁寧に取っていくこともポイントです。毛先から丁寧にブラッシングを行い、毛束を作り、指でカールすると美しいウェーブを復活させることができます。

耐熱性のウィッグであれば、アイロンやコテを使用してカールを作っても構いません。アイロンやコテを使う際にはウィッグにダメージを与えてしまうことがないようにスプレーなどで毛先を湿らせた後に使用するようにしましょう。

ウェーブウィッグをボサボサにしない洗い方は?シャンプーとコンディショナーで優しく洗う

ウィッグのトラブルは、シャンプーやコンディショナーを使って予防することができます。シャンプーやコンディショナーを使うといっても自分の髪の毛を洗うようにゴシゴシと洗うことはトラブルの元です。トラブルを防止するために洗面器などにお湯をため、そこにシャンプーやコンディショナーを入れて優しくウィッグを洗うようにしましょう。

ウィッグ専用のシャンプー・コンディショナーがおすすめ

よりきれいな状態を保ちたいのであれば、おすすめはウィッグ専用のシャンプーやコンディショナーを使うことです。専用のシャンプーやコンディショナーを使用すればダメージを防ぐことができ、ウェーブが取れてしまったり着用時に不快感を抱いたりしてしまうこともありません。

洗う前にブラッシングしておく

ウィッグを洗う前にはブラッシングしましょう。
先に絡まりを解消すると、ウィッグの毛が切れたり、抜けたりといったトラブルの予防が可能です。
指通りがよくなると、ゴシゴシしてくなても汚れが落ちやすくなるため、洗う前は必ずブラッシングしましょう。

ウェーブウィッグは正しいお手入れが大切!

ウィッグのウェーブを長持ちさせるコツは、お手入れをしっかりと行うだけでなく適切な方法で保管することも大切です。どうしても長く愛用しているとウェーブが取れてしまうなどさまざまなトラブルが目立ち始めます。しかし、正しい保管方法を知り、実践することでウィッグの寿命を延ばすことができます。

間違った方法で保管してしまうと綺麗なウェーブを維持することができなくなってしまうだけでなく、色あせや抜け毛のほか、パサつきなどのダメージが目立つなどさまざまなトラブルを感じてしまうことがあります。きれいな状態を少しでも長く維持したいのであれば、使ったまま放置してしまうことはおすすめできません。

そこで、ウィッグの型崩れを防ぐために専用のスタンドを使用すると安心です。現在、専用のスタンドがさまざまなメーカーから販売されていますが、手軽に手に入れることができ使いやすいのもメリットです。適切なお手入れと保管方法を心がけることで、ウィッグのウェーブを長持ちさせることができるので試してみてはいかがでしょうか。