ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

ウィッグだと気づかれないようにアレンジする方法

2022年9月21日
818 views
約 1 分
ウィッグだと気づかれないようにアレンジする方法

ウィッグを着用しなければならない人や、ファッションアイテムとして興味をもって着用し始めた場合、ウィッグの着用に慣れるまでの間は人の視線が気になったり、ウィッグであることに気付かれるのではないかと不安を覚えたりする人も多いのではないでしょうか。理由は、初めてウィッグを購入して着用した際には、違和感に驚いたり似合わないと感じたりするためです。
また、ウィッグについては良いイメージを持てないというケースもあり、気づかれずに着用したいと考える人が多いでしょう。そこで、ウィッグを自然に、気付かれないように着用するポイントやアレンジ方法を紹介します。

適度に後れ毛と産毛を作る

ウィッグを着用した際に自然に見せるためには、頭と額、フェイスラインに沿って正しく着用するだけではなく、後れ毛と産毛を作ることも重要です。後れ毛や産毛がなければ地肌と髪の境目が明確になり、「髪の毛をかぶっている」といった印象を与えます。また、フェイスラインと生え際が不自然であったり浮いていたりする場合も、ウィッグだと気づかれる可能性が高いでしょう。
そのため、地毛と同じように、後れ毛や産毛を再現することが重要です。後れ毛や産毛を作ることで、耳にかけるといったヘアスタイルも実現できるようになり、ウィッグの着用方法のバリエーションも増えるため、アレンジを楽しめるようにもなるでしょう。

気づかれないためにはメンテナンスも必要

地毛にシャンプーやブラッシング、トリートメントなどでお手入れをするのと同様に、ウィッグも正しい方法でメンテナンスをしなければ毛質が悪くなり、ウィッグだと気づかれる原因になります。ウィッグだと気づかれないようにするためには、ウィッグを着用する前と着用してから、髪型をセットする時、さらには洗浄する前と洗浄した後に毛が絡まないようにメンテナンスをしましょう。毛先、中間、根元と順番に、時間をかけてブラッシングをすることがポイントです。
また、ウィッグをシャンプーと柔軟剤で洗ってメンテナンスをする方法もあります。使用後はシャンプー、定期的に柔軟剤を使用して洗浄しましょう。ウィッグは汗や皮脂が付着するため汚れるので洗浄する必要があり、加えて柔軟剤を使用することによって絡まった毛がほどけやすくなるため、人毛に近い状態に仕上がります。
柔軟剤は、ウィッグ特有のテカリを予防する効果も期待できるため、ウィッグを購入したら最初に柔軟剤に浸してテカリを取り除くことがポイントです。テカリがないだけでも、ウィッグだと気づかれにくくなるでしょう。

ウィッグネットを着用する

ウィッグを着用する時には、最初にウィッグネットをかぶることが大切です。ウィッグネットは、地毛が不自然にはみ出すことを予防したり、長時間付けた場合の負担を抑えたりする効果が期待できます。ウィッグネットを着用する時には、地毛を全て隠すことが重要です。
また、もみあげや耳の周辺の産毛や生え際の毛も意識して、地毛をしっかりとウィッグネットの中に入れます。ウィッグネットに入れた段階で、合わせ鏡で前後左右を確認することが大切です。地毛をしっかりと隠したうえでウィッグを着用すれば、自然と気づかれにくいヘアスタイルを作れるでしょう。

人毛ウィッグをカラーリングする

使用しているウィッグが人毛である場合や、これから購入を検討している場合には人毛ウィッグを選ぶことで、カラーリングによって自然に見せることが可能です。髪型によって異なりますが、カラーリングをする際には根元だけを染めるようにしましょう。全てを同じ色で統一して染めるよりも自然なグラデーションを作れます。自分で自然なグラデーションカラーをすることが難しい場合には、美容室やウィッグ専門店で相談をしましょう。

ウィッグの大きさを微調整する

ウィッグを着用する際はアジャスターのみで調整するケースが一般的ですが、気づかれないように着用するためには、ウィッグそのもののサイズを微調整することが重要です。針と糸で、自分の頭と顔のサイズに適した大きさに調整をします。自分で裁縫をするが難しい場合には、ウィッグ専門店で相談してみましょう。

自分の顔のバランスに合った前髪の位置を決める

ウィッグを着用し始めたばかりの人は、ウィッグを正確な位置で付けていないために不自然な印象を与えてしまうケースが多いです。ウィッグを目深に付けると、前髪が下がって瞼に前髪がかかり、不自然なだけではなく暗い印象を与えます。ウィッグを目深に着用したい場合には、自分の額の広さや顔のバランスに適した前髪の長さに切るなどして着用する必要があるでしょう。

ウィッグ着用時のコツを身に付けよう

地毛で髪型を変えるのは簡単なことではありませんが、ウィッグであればヘアスタイルやヘアカラーを気軽に変えて楽しめることがメリットです。髪の長さやカラーを変えることで、服装のコーディネートの幅も広がります。気付かれないようなウィッグの着用方法を身につけて、自信を持っておしゃれを楽しみましょう。

>ウィッグを正しくカールさせるアレンジの方法についてはこちら。