ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

ウィッグを自然に見せる方法【生え際編】

2019年12月19日
265 views
約 1 分
ウィッグを自然に見せる方法【生え際編】

ウィッグを着用していることを知られたくない、自然に見せたいと考えている場合、つむじやもみあげ、生え際など様々な部位を意識して着用する必要があります。なかでも、正面から見た際に重要な生え際を自然に見せることがポイントです。そこで、ウィッグの生え際を自然に見せるテクニックや、ウィッグの選び方のポイントを紹介します。

ウィッグを大胆なカットでアレンジする方法

ウィッグの繊維は下の方向に植えられているので、オールバックにした時やアップスタイルにした際など、毛を上に向けると不自然になってしまうことが特徴です。生え際をアレンジすることによってウィッグの不自然さを解消して、好みのヘアスタイルを楽しめるようになるでしょう。

最初に、ウィッグスタンドにウィッグをセットして、襟足をカットします。切った襟足はアレンジに使うので、捨てないように注意しましょう。ウィッグの毛先を整えて前髪を上げて、オールバックスタイルを作ります。ブラシを使用して、前髪の部分から毛を全体的に後ろにまとめます。単純に後ろ側に毛をまとめるだけでは元の状態に戻ってしまうため、クリップを使って留めておくことが大切です。髪を後ろに流した後は、ドライヤーの温風で毛の流れをつけましょう。熱が冷めると、スタイルを固定することが可能です。

次に、切った襟足を使って前髪を自作します。カットした毛を使って、同じ大きさの毛束を作りましょう。新聞紙や不要なチラシの上に作った毛束を乗せて、ヘアスプレーを吹きかけてしっかり乾燥させることが大切です。乾燥させた毛束は、グルーガンを使ってウィッグの前髪部分に貼り付けます。貼り付ける箇所はウィッグの生え際から1cm程度前に付けることがポイントです。グルーガンが固まった後は、全体の長さをそろえるように切ってスプレーをしたうえで、ブラシで逆毛を立てましょう。毛の生え際は毛束で隠すようにアレンジできるので、生え際が自然に見えます。

接着剤を使って生え際を作る方法もおすすめ

グルーガンやヘアスプレーを使った方法はテクニックが必要なため、手先が器用な人におすすめの方法です。乾燥させるまでの時間はかかりますが、接着剤を使用した方法であれば初めてウィッグのアレンジをする人でも行いやすいでしょう。

最初に、ウィッグと同じ素材の繊維を使って数本の毛束を作ります。クッキングシートに木工用ボンドを絞って、上に毛束を貼って硬化させるだけの簡単な作業です。毛束を1本ずつボンドで貼り付ける方法も有効ですが、ウィッグの形状と同じようにボンドを絞り出して、上から毛束を並べる方が自然かつ簡単に作れるでしょう。

半日程度時間を置いて、ボンドが硬化したらクッキングシートから丁寧に剥がせば、生え際専用のウィッグの完成です。ウィッグをかぶった後に、生え際と地肌の境目に自作の生え際ウィッグを貼ります。地肌に毛束を貼る際には、医療用接着剤を使用すると安心です。

インターネット通販などで購入できますが、入手できなかった場合には100円ショップやドラッグストアで手軽に購入できる、つけまつげ用の接着剤を使用する方法もあります。

毛束については、市販の部分ウィッグのなかから、自分が持っているウィッグと同じカラーのものを使用しましょう。毛束を貼った後の接着剤はテカるため、ファンデーションでカバーすると、より自然な生え際に見えます。

生え際を自然に見せたい場合のウィッグの選び方と着用方法

部分ウィッグを着用する場合には、地毛とウィッグの生え際の境目に段差がつくことによって、不自然に見えることが特徴です。地下の上からウィッグを着けていることが分かるほどの段差がついていないか、正面だけではなく左右からの見え方も鏡でチェックしましょう。

ウィッグは、地毛との境目となる生え際の毛がどのように植えられているのかによっても、ウィッグを着用した際の見え方を左右します。生え際の部分の植毛が丁寧であり毛の品質が高い製品は自然に見えますが、品質が悪いものや隙間があるもの、毛の量が多いものは不自然に見えるケースが多いです。生え際を自然に見せるために、段差がついたり浮いたりしないように工夫されているウィッグも販売されています。

前髪があるヘアスタイルの場合は生え際と地毛である前髪の境目が分かりやすくなるため、ウィッグを選ぶ際には注意しましょう。ネット部分が薄いタイプのものは境目の段差がわかりにくいので、生え際をなじませるようにして自然に着用しやすいことが特徴です。

また、分け目が一直線になっているウィッグは、毛の生え方が揃っていることによって不自然に見える傾向にあります。分け目が直線のスタイルではなく、斜めにスタイリングをすると髪をかぶせることが可能になるので、生え際が目立ちにくくなるでしょう。

ウィッグの生え際は自分でアレンジして自然に見せよう

ウィッグの生え際を隠したりアレンジしたりする方法は、毛束を貼ったり分け目をアレンジしたりする方法が挙げられます。ウィッグを直接カットして毛束を作る方法は若干テクニックが必要ですが、市販されているウィッグで毛束を作って貼り付ける方法であれば、比較的簡単に行えるでしょう。

オリジナルの生え際を作る方法やヘアアレンジは、何度かチャレンジすると慣れてスムーズに行えるようになるので、自分が実践しやすい方法で生え際を自然に見せる工夫をしましょう。

関連記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)