ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

パーマ・カラー剤のアレルギーとは?注意したい頭皮への影響

2022年9月21日
4642 views
約 1 分
パーマ・カラー剤のアレルギーとは?注意したい頭皮への影響

アレルギーを起こすほどの強力な成分

年齢を重ねるにつれて髪に白いものが混じるのはある意味では自然なことですが、女性にとってやはり白髪が目立つのは気になるものです。白髪が増えると見た目年齢も老けて見られがちですので、パーマと一緒にヘアカラーをしているという人も多いでしょう。

しかし白髪染めにはアレルギーを引き起こす成分の一つである酸化染料剤が配合されているため、これが原因で近年さまざまなアレルギー症状が発症するケースが増えてきています。

そこで今回は、パーマとカラーによるアレルギーは要注意!頭皮への影響についてご紹介します

髪だけではない頭皮に及ぼす影響

ヘアカラーやパーマを行う際、なかなか髪だけに液剤を塗布するというわけにはいきません。美容室で美容師に施術を行ってもらったとしても、少なからず頭皮にも液剤は付着してしまいます。最近は自宅でも簡単に染められるカラーリング剤やパーマ液が発売されていますが、素人が頭皮に液剤を付けずに行うことは至難の業と言ってもいいでしょう。

アレルギーの原因となる化学物質が頭皮に付着すれば、肌の一部である頭皮に及ぼす影響は大なり小なり出てしまいます。そしてその状態を長年繰り返せば、最初は何の違和感も感じなかったパーマやヘアカラーに突然体が異変を起こすことも少なくないのです。最も分かりやすいアレルギー症状としては、施術中に頭皮がヒリヒリしたり熱を感じたりするなどの感覚です。時には痛みを伴うこともありますので、そういうときはすぐさま洗い流すことが必要となります。

またいつも通りカラーリング等を終えたとしても、しばらくして頭皮や顔が痒くなったり、顔が腫れたりしてくるなどの症状が出ることがあります。これらはパーマ液やヘアカラー剤による典型的なアレルギー症状ですので、一度でも症状が現れた場合はそれ以降行うことができなくなることも考えられます。

美容師の離職原因にもなっているほど

日常的に液剤に触れている美容師の中にも、ある日突然かぶれや湿疹などの症状が現れ、美容師の仕事が続けられなくなる人もいます。原因はパーマ液やヘアカラーのカラーリング剤によるアレルギーで接触性皮膚炎とも呼ばれます。これは長期にわたって触れることによって体がアレルギー反応を起こし、限界を超えるとかぶれや湿疹、腫れなどの症状を引き起こします。

そして結果的に仕事を続けることができなくなり、離職することになっている美容師が大勢いるのです。頭皮は手に比べるともっと皮膚がデリケートですから、初めは大丈夫だったとしても年単位で考えれば、いずれ何かしらの症状が現れても決して不思議ではありません。

成分を見極めることが大切

パーマ液やヘアカラーの中には数々の化学物質が含まれていますが、中でも頭皮に最も強い影響を与える成分がパラフェニレンジアミンと呼ばれるものです。わずか10gの量で致死量にも達するほど毒性が強い成分で、ヘアカラー剤の原料にはほぼ含まれていると言っても過言ではありません。

最近はヘアカラーやパーマができなくなった人のため、あるいは最初からそのリスクを避けるためにジアミンフリーの商品も登場しています。しかし他の成分がアレルギーの原因となることも否定できませんので、頭皮への影響を考えるならパーマやヘアカラーの成分をきちんと確かめることが大切です。

そこで今回は、パーマとカラーによるアレルギーは要注意!頭皮への影響についてご紹介します。

他の手段を選ぶという方法もある

実際に頭皮や顔、あるいは体全体にもアレルギー症状が出たら、以降のパーマやヘアカラーは避けた方が良いでしょう。頭皮に湿疹が多発したり、痒みがおさまらなかったりするという状態であれば、既に頭皮はかなりのダメージを受けていると考えられます。

さらにアレルギー症状がひどい場合は命にかかわるアナフィラキシーショックを起こす可能性があるため、頭皮への影響を感じたときは速やかに中止することをおすすめします。しかしそれでは白髪は増える一方で、パーマをかけなければ髪型も整わないという人もいるでしょう。そんなときはウィッグを使ってみるという方法があります。

ウィッグの数々の利点

近年は手軽に髪型を変えられるとして、いろいろなウィッグを愛用している女性が増えてきています。髪の色はもちろん、ショートヘアからロングヘアにすぐさま変えることができ、なにより髪や頭皮に負担をかけずに済むのがウィッグの最大の利点です。

軽くて取り外しがしやすく、さらに着けていても蒸れにくいなど、質の面でも飛躍的な進化を遂げているウィッグは、今や女性のオシャレアイテムに欠かせない存在となっています。美容室でも数多くのウィッグを取り扱っており、出来上がったウィッグの調整も可能です。

もともと髪が細かったりボリュームがない人がパーマやヘアカラーを行うと、髪そのものがさらに細くなったり抜け毛が増えたりしてしまいます。アレルギー症状が出なくても、パーマやヘアカラーは髪が少なくなったり、抜け毛が増えたりするなどの原因となりますので、ウィッグでボリュームを補えるという点も大きなメリットです。

大切な髪を傷めず守るためには数年後、数十年後を見据えて、頭皮への影響を与えるパーマやヘアカラーを避けることが重要となります。その手段としてウィッグを採り入れることは、大変有意義な選択であると言ってもいいでしょう。

アクアドールではカールやウェーブ、流行りのカラーのウィッグなど豊富な種類のウィッグを取り揃えています。
髪の毛や頭皮のダメージが気になる、アレルギーがあるけどヘアカラーを楽しみたいという方はウィッグでおしゃれを楽しんでみてください。

ウィッグの商品一覧はこちら

関連記事
派手なヘアカラーやヘアセットが将来薄毛の原因に?!~ウィッグで楽しむ個性~
白髪染めアレルギーの対処法!染髪時のかゆみには要注意