ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

ウィッグを使用すると肩こりが…頭痛や肩こり改善する方法をご紹介!

2018年6月28日
254 views
約 1 分
ウィッグを使用すると肩こりが…頭痛や肩こり改善する方法をご紹介!

オシャレのため、治療のため、さまざまな理由でウイッグを活用していらっしゃる方は多いですよね。普段からウィッグを愛用している方であれば一度は経験があると思うのですが、1日中ウィッグを着用している場合には、頭痛がしたり肩こりや首すじの疲れでしんどく感じてしまう人は少なくないのです。これは、フルウィッグなどであれば、皆様が思っている以上に重量がある事から、それが負担となり頭痛や方こちを引き起こすものなのです。もちろん、重さ以外にも以外と多くウィッグの悩みになる点がある為、予め知っておき、対策がとれるようにしておくことをオススメします。
そこで今回は、ウイッグが原因の肩こりや首まわりの疲れに関して解決法や緩和法をご紹介してまいります。

肩こりや疲れの原因とは

ウイッグをつけた時の頭痛、肩こり首まわりの疲れには原因があるんです。冒頭でご紹介したように、フルウィッグなどは皆さんが考えているよりも意外と重量がある物で、簡単に言うと『重り』を頭にのせて過ごしているのと一緒なのです。他にも、ウィッグによって引き起こされる症状の原因がありますので、それぞれ見ていきましょう。

■ウィッグが小さい

そもそもウイッグの大きさが、頭の大きさと合っていないため、ウィッグを着用することによって頭が締め付けられて、肩こりや疲れ、頭痛が発生するという事は意外と多いです。ウィッグはサイズを調整できるようにアジャスターがついているものもありますが、サイズ調整等が出来ない物もあります、購入時は注意しましょう。

対策としては、自分の頭のサイズをしっかりと確認し、小さすぎないサイズのウィッグを購入することがポイントです。

■専用ネットのゴムの締め付けがきつい

ウイッグのサイズが原因ではなく、ウィッグを着用する為、髪をまとめるときに使用する専用ネットが原因となる場合もあります。これは、専用ネットのゴムなどが協力過ぎる為、ウィッグのサイズが合わない時と同様、頭が締め付けられてしまう為です。

ゴムの力が強すぎる場合は、ウイッグネットだけ新しいものに変えるのもおすすめです。応急処置としては、100円均一に売っている黒色の水泳キャップでも代用可能です。

■ネットの網目が荒い

これは、網目の粗いネットが、頭全体的に締め付けてしまうため、頭痛や肩の疲れやを引き起こしてしまう為です。網目が細かいものに変えると不調が収まるかもしれません。

応急処置としては、ストッキングのような生地のものをインナーキャップとして使用すると良いでしょう。

■ウィッグのアジャスターの締めすぎ

先ほどご紹介した、専用ネットの締め付けがきついという事と似ているのですがネットは大丈夫でも、ウイッグ自体をアジャスターで締め付けていることで疲れや頭痛、肩こりが起こることもあります。これはウィッグがばれてしまう事を恐れてアジャスターを締め過ぎてしまう事が原因です。

キツイと思うほどアジャスターを締めてしまうと血管なども圧迫されて肩こり・頭痛の原因となります。ぐっとアジャスターを緩めてみると緩和されるかもしれません。

■地毛の生え際を締め付けている

いままでご紹介してきたポイントに何も当てはまらないという方、こちらのポイントはどうでしょう?意外と多いのが、地毛の生え際より前にネットやウイッグを被っている場合です。こめかみなどを締め付ける形になってしまい頭痛や肩こりが起こりやすくなります。

地毛の生え際より少し後ろ気味に被ると緩和されます。

■ウイッグが重い

これは冒頭でもご紹介した通り、結構多い理由です。ロングのフルウィッグ等となると皆さんが予想している以上に重量がある物です。したがって、ウィッグを着用することが負担になってしまい、頭痛や肩こりが発生してしまうのです。

対策としては、軽めのウィッグに替える事や部分ウイッグで代用できるなら部分ウイッグにしてみるということで改善出来ます。

■睡眠時間が足りていない

これは、ウィッグには関係ありませんが、そもそも「睡眠時間が足りない」ことが原因で身体の内側から頭痛や肩こりが発生している場合があります。

首すじの疲れや頭痛を感じた時は一度適切な睡眠を心がけてみるのも良いかもしれません。15分だけするというのもおすすめです。

まとめ

今回は、ウィッグを使用すると肩こりが…頭痛や肩こり改善する方法をご紹介してまいりました。いかがでしたか?
頭痛や肩こりなどの疲れを引き起こす原因は、ウィッグが小さいこと、専用ネットのゴムの締め付けがきついこと、網目が荒いタイプのネットを使っていることウィッグのアジャスターを締めすぎていること、地毛の生え際を締め付けていること、ウイッグが重すぎること、睡眠時間が足りていないことなどいくつかの原因が考えられます。それぞれ改善方法が違いますが、いきなりウイッグを買い替えるというのも大変だと思うので、まずは自分の内側から改善を試すことができる睡眠からはじめてみてはいかがでしょうか。

それでも改善しない場合は地毛の生え際を締め付けていないか、アジャスターがキツすぎないかなど被り方を改善してみる、その次に専用ネットなどの小物を改善してみる。それでもダメならウイッグごと変えてみるというように段階を踏んでみると、新しいウイッグを買ったけれど原因はウイッグ本体ではなかった!などということが避けられるのでおすすめです。ぜひ試してみて快適なウイッグライフを手に入れてくださいね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)