ウィッグ最新ニュース速報

ウィッグ、医療用ウィッグのお役立ち情報を配信

ウィッグがテカテカで不自然…ウィッグのつや消しに使える方法をご紹介します!

2020年6月3日
3600 views
約 1 分
ウィッグがテカテカで不自然…ウィッグのつや消しに使える方法をご紹介します!

今回は、普段の生活の中でウィッグを利用する際に、悩んでしまう人が多い『ウィッグのテカリ問題』の解消法についてご紹介します。現在、女性のファッションアイテムとしてどんどん人気が上がっているウィッグですが、普段使いとして主流となるのは、低コストで手に入れることができる人工毛ウィッグです。しかし、人工毛ウィッグは、ファイバーと呼ばれる化学繊維で作られているため、地毛と全く同様のつや感を出すのも難しく、着用してみると変にテカって不自然に見えてしまう…という悩みを抱える人も少なくありません。最近でこそ、人工毛の品質が向上し、より地毛に近い質感を実現しているものの、それでもより地毛に近づけたいと考えている人も少なくないのではないでしょうか。
そこで本稿では、ウィッグの不自然なテカリを抑えて、より地毛に近いつや感を出すための方法をご紹介したいと思います!

柔軟剤を使ってウィッグのつや消しをする

まず、家にある物を利用して簡単につや消しができる手法からです。そもそも、本物の毛ではなく、化学繊維で作られている人工毛ですので、ある程度テカリが出てしまうのは仕方ないことです。どうしても、化学繊維特有のテカリが気になるのであれば、人毛ウィッグを手に入れるのが最も手っ取り早いのですが、それだとコスト的なことが問題になりますし、何よりお手入れに手間がかかるので、普段使いしにくいという人も少なくありません。
そこで、人工毛ウィッグに地毛のような質感をプラスするためには、どこの家にも置いてある『衣料用柔軟剤』を使って、シャンプー後にリンスしてあげるのがオススメです。リンスと言っても、柔軟剤を梳かした水につけておくだけですので、特に手間もなく簡単に誰にでもできると思います。具体的な流れは以下を参考にしましょう!

  • STEP1 洗面器などに水と、約1/3~1/2程度の柔軟剤を用意する
  • STEP2 30分~1時間程度、その水にウィッグを浸す
  • STEP3 絡まりに注意して、洗い流す
  • STEP4 タオルドライ後、寝かせた状態などで自然乾燥
  • STEP5 ブラッシングでかたちを整えて完成

制汗剤やベビーパウダーでウィッグのつや消しをする

こちらは人工毛ウィッグつや消し手法として非常に有名な手法です。制汗剤やベビーパウダーはドラッグストアなどで売っていますので、簡単に手に入るのも嬉しいですね。
手順としても非常に簡単で、ウィッグを着用する前に、少し離れた位置から、テカリが気になる部分に制汗剤スプレーを吹きかけるだけです。こうすると、制汗剤に含まれるパウダーが毛に付着し、艶を抑えてくれるわけです。制汗剤スプレーを吹きかけた後は、ブラッシングすればOKです。かけすぎてしまうと、変に白くなってしまうことがありますので、その場合は、ブラッシングでパウダーを払い落とすようにしましょう。ちなみに、ワックスなどを併用するとより自然にテカリが消えますのでとてもオススメです。
ベビーパウダーも要領は同じですが、こちらはより粉っぽさが出てしまいますので、着用までにしっかり確認して粉を落としてからウィッグをつけて下さい。どちらの手法も、シャンプーをすればパウダーが落ちてしまいますので、その都度同じ要領でつや消しをする必要があるので、少し面倒に感じることもあるかもしれません。そこだけは我慢ですね!

マットタイプのスタイリング剤を使ってウィッグのつや消しをする

これは、対策と言えるか微妙な手法ですが、もっとも単純で手軽な方法になるため、ご紹介しておきます。手法としては、普段使用しているワックスやスプレーなどのスタイリング剤をマットタイプのものに変えるだけです。ワックスなどは、少量でも髪に馴染むように揉み込むとつや消しができますし、スタイリングも同時にできるため手軽というメリットがあります。
このような理由もあり、最近ではウィッグ専用のスタイリング剤も登場しています。ただし、特にウィッグ専用でなければテカリは消えない…ということもなく、一般用のスタイリング剤でも問題ありません。ちなみに、制汗剤スプレーやベビーパウダーでつや消しをした後、マットタイプのスタイリング剤を組み合わせと、とても自然な仕上がりを実現することができますよ!

購入直後のウィッグは、何度かシャンプーしてつや消しをする

少し強引な方法になりますが、いくつかのウィッグを使いまわしている人にはオススメの方法です。購入直後のウィッグは、ツヤ間が強くテカって見える物なのですあg、シャンプーを何度かしてお手入れしてあげれば、自然なつや感に落ち着いてくるという声は多いで鵜s。したがって、少し面倒に感じるでしょうが、購入直後のウィッグは事前準備として何度かシャンプーしてあげると良いですよ。
ただし、購入したウィッグを「今すぐに使いたい!」という人であれば、不向きな方法となるので、制汗剤スプレーなどを用意しておくことがオススメです。使っていると、必ずシャンプーが必要で寸土絵、そのうち自然なつや感になっていくと思います。

まとめ

今回は、人工毛ウィッグのつや消しをしたいと思った時に利用できる手法をご紹介しました。人工毛ウィッグは、人毛ウィッグと比較すると低コストで手に入れることができるため、普段のファッションアイテムとして利用する人は非常に多いと思います。しかし、そこはやはり人工物である化学繊維が素材となっているため、本物の髪の毛のような自然なつや感ではなく、テカリが目立ってしまうという悩みを抱える人は少なくないのです。
ウィッグが変にテカってしまうと、それだけで不自然になってしまうので、テカリを抑えたいと思った場合には、本稿でご紹介したような手法を試してみてください。もちろん、最近は人工毛の品質も向上していますので、よほど低品質なウィッグを購入したのでなければ、一目でウィッグとバレるようなことはないと思いますよ!

関連記事
素材によって違う!人工毛ウィッグのメリット・デメリットとは?
ナチュラルなウィッグを見つけるために知っておきたいポイントとは?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)