ウィッグの洗い方。ウィッグをシャンプーするときの注意点

ウィッグのお悩み

最近では毎日のオシャレのためにウィッグを使用する方や、抗がん剤による脱毛や円形脱毛症の治療のために医療用ウィッグを使用する方が非常に増えていますね。
ウィッグに関わらずですが、初めて何かを利用するときには、その扱い方も今一わからず、自分流にやってみるけど「これで正解なのか心配…」となる事も非常に多いですよね。ウィッグの場合でもそれは同じで、ウィッグを初めて購入した時には、そのお手入れ方法が今一わからないと言う声は非常に良く聞きます。特にウィッグは見た目が自分の毛髪と同じだし、シャンプーなどは同じようにやっていのか、それとも専用の方法があるのか迷う人は多いものです。

そこで今回は、ウィッグのお手入れの代表格である『シャンプーの仕方』についてご紹介し、注意点を見ていきます。

汚れたときやしばらく使わないときはシャンプーを

そもそもウィッグは、どういったタイミングでシャンプーをするのが良いのだろう…。地毛と同じように使ったら毎回シャンプーした方がいいの?と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。
ウィッグのシャンプーのタイミングは、匂いやよごれが気になる時、ウィッグがスプレーやワックスなどでベタベタになった時、しばらく使わないことがわかっている時などを目処にシャンプーをすることがオススメです。シャンプーを行うことで少なからずウィッグにダメージがあるので、使用後だとしても匂いや汚れがそれほど目立たないときは、シャンプーをしなくてもOKです。潔癖だからと高頻度でシャンプーをしてしまうと、逆に抜毛の原因にもなりますので注意が必要です。
シャンプーはウィッグを清潔に保つには必要不可欠ですが、ダメージも少なからずありますので適切なタイミングを意識して、『ほどほど』で行う事を心がけましょう。

シャンプーは「専用」を使うとより汚れが落ちる

ウィッグ専門店やウィッグの通販サイトを見てみると、専用のウィッグ用シャンプーが当たり前に販売されている為、ウィッグを洗う時に普通のシャンプーで洗うのはいけないのかと心配になる方も多いですよね。しかし、これに関しては、専用の物を必ず利用しなければならないという訳ではなく、普通のシャンプーで洗っても全く問題はありません。一般的なドラッグスロアなどで販売されている市販のシャンプーを利用したとしても、通常レベルの匂いや汚れであれば十分に落ちます。

では専用のシャンプーは、市販のシャンプーと比較して何が違うかというと、市販のシャンプーは人毛にあわせた成分で配合されていますが、ウィッグ専用のシャンプーはウィッグのファイバー(化学繊維)を洗うためだけに作られたものなので、人工毛ウィッグの場合は、ウィッグの汚れが取れやすいということです。ウィッグを複数所持している方で、人毛ウィッグや人工毛ウィッグ等様々な素材の物を持っている方は、別途ウィッグ専用のシャンプーを用意しておくとどんな汚れにも対処できてよいかもしれません!

ワンポイント!柔軟剤でやわらかに

ここからは、ウィッグをサラサラやわらかにする裏ワザをご紹介します。
ウィッグも地毛と同様に自然に見せるにはサラサラで綺麗な毛の方が良いですよね。ではウィッグの毛質をサラサラにするにはどうすればいいと思いますか?
早速答えを言ってしまうと、それはお洗濯に使う柔軟剤を使用することです。地毛にリンスをするようなものですが、柔軟剤を利用すればウィッグもサラサラになるので、絡まりの防止にも最適です。
サラサラ仕上げには、成分表にシリコーンや繊維潤滑剤と書いてあるシリコン入りの柔軟剤が最もおすすめです。

ウィッグのシャンプーの流れ

  1. 通常の手順でウィッグをシャンプーする
  2. 水をはった洗面器に柔軟剤を衣類1着分くらい入れる
  3. ウィッグを入れ、1時間程~1晩つけ置き洗いをする
  4. 水で軽くすすぎ洗いして、通常通りに自然乾燥させる

ワンポイント!カールしたウィッグは水で洗う

最近のウィッグはデザインも様々で、購入時からカールなどのスタイリングがバッチリされているものも販売されていて非常に便利です。しかし、カールしているウィッグを自分でシャンプーすると、せっかくのカールが取れてしまうのでは?と心配する人も多いみたいですね。そこで、ここでは、カールしているウィッグの洗い方のポイントをご紹介します。

カール等のスタイリングがされたウィッグをシャンプーするときのポイントは、水で洗うことです。ぬるま湯でも大丈夫ですが、できれば水がオススメです。
カールなどのスタイリングがされたウィッグをお湯を使ってシャンプーすると、ウィッグに施されたカールがだれてしまうので注意が必要です。また、せっかくのカールが絡んだりしないように、押し洗いにすることもポイントです。毛をほぐすように洗わなければOKです。

まとめ

今回は、ウィッグの洗い方・ウィッグをシャンプーするときの注意点をご紹介してまいりました。いかがでしたか?
ウィッグをシャンプーをしなければならない場合と特にシャンプーが必要ない場合が分かっていただけたのではないでしょうか。先ほどご紹介したように、ひどい汚れや匂いの場合はシャンプーでお手入れしましょう。またウィッグをシャンプーする際は、ドラッグストアなどで売られている市販のシャンプーでも全く問題ありません。ただし、特に汚れがひどいときに等や、人工毛ウィッグをメインで利用している場合などは、専用シャンプーもそこまで高いものではないので用意しておくことをオススメします。

ウィッグお手入れグッズ
涼感-5度 医療用インナーキャップ

ピックアップ記事

関連記事一覧